ブログ

トップページブログ「神陵会」総会の記念講演に佐藤慎一先生(東大副学長)

« 《学園日誌 31》 創立者の著書『鎌倉大観』が、「広報かまくら」に紹介 | メイン | 「中1に、中2が学習・学校生活を語る会」が開かれました »

2011年3月 9日 (水)

「神陵会」総会の記念講演に佐藤慎一先生(東大副学長)

       「神陵会」総会の記念講演会のお知ら  

 「神陵会」は、本校の保護者の同窓会の組織です。3月12日(土)に開かれる総会の後、記念講演会が持たれます。講師は佐藤慎一先生です。

 先生は神奈川学園創立者佐藤善治郎先生のお孫さんであり、精華小学校第33回卒業生です。現在は東京大学副学長の職にあります。講演内容は「大学の現場から見た女子教育のありかた」です。学園にとって縁の深い先生のお話は、在校生の保護者の方にとっても意味あるものと考えお誘いする次第です。

 【佐藤慎一先生のプロフィール】

 1945年生まれ、1969年東大法学部卒、1993年東大文学部教授、2001年東大大学院人文社会系研究科長・文学部長などを経て、2006年4月より現在東京大学副学長(理事)に就任。著書は「近代中国の知識人と文明」(東京大学出版会1996年)など。副学長として教育、入試、評価を担当されています。新聞記事を紹介します。

 =女子学生・地方出身者、叩け赤門! =(2010年7月28日 asahi.com)

 (前略)佐藤副学長が強調したのは、多様な学生を集めたいという意欲だった。かつては尊大さがないとはいえなかったが、5年ほど前から本当に入学したい人を獲得するという方針に切り替えて入試の態勢を組んできた。女子学生と全国からの学生を意識している。

 女子学生の比率は今年4月入学者の比率で約20%。この水準でこの数年は止まっている。「これを30%に引き上げたい」という。とくに、受験生向けの「東京大学」という小冊子には、先輩からのメッセージとして、宇宙飛行士の山崎直子さん(93年工学部卒業)を登場させ、後輩向けのメッセージを掲載している。「山崎さんに続けということです」と佐藤副学長は語る。(後略)

 【講演会要項】
1 日時 平成23年3月12日(土) 午後3時~4時  (神陵会総会は午後2時~)
2 場所 神奈川学園 シュガーホール
3 講演 「大学の現場から見た女子教育のありかた(仮題)」 講師 佐藤慎一先生

   ■参加をご希望の方は、学園事務室にお申込み下さい。