ブログ

トップページブログ《図書委員会》堤未果さん講演会に向けての取り組み

« 《PTAより》制服リサイクル会のご案内 | メイン | 《広報室より》第3回オープンキャンパスプログラム詳細 »

2012年11月 7日 (水)

《図書委員会》堤未果さん講演会に向けての取り組み

Photo_13

本校では毎年秋に図書委員会が主催する全校講演会を行っています。本年度は、ジャーナリストの堤未果さんに講師をお願いし、10月1日に「社会の真実の見つけかた」が開催されました。

Photo_14 01

図書委員会では堤さんが中高生向けとして書かれた『社会の真実の見つけかた』で読書会を行ったり、戦争・教育・医療・情報・憲法・プロフィール班に分かれて、堤未果さんや『社会の真実の見つけかた』の内容についての新聞を発行してその紹介をするなどの活動をしてきました。

作成した新聞をもとに、さらに興味を持ったテーマについて調べて文化祭で展示を行い、文化祭後にもギャラリースペースで展示を続けるなど、講演会に向けた意識づくりを行ってきました。また当日の会場準備や照明・音響、司会進行なども図書委員の生徒が行いました。

Photo_15 Photo_16

堤さんはジャーナリストの仕事につくきっかけとなった9・11同時多発テロの経験から話を始め、これまで取材されたテロ後のアメリカについて紹介されました。言葉巧みにだまされ戦地に送られた若い兵士の話や、政治に関心を持ち行動を起こすことで政治を変えた学生の話など、生徒たちは真剣に耳を傾けていました。

最後に堤さんはこう語りました。本当の敵は、テロを起こした人々でもなければ、政府でもなかった。「本当の敵は私たち自身の無知と無関心だった。」この言葉に生徒たちの顔が上がりました。2時間という時間でしたが、生徒は真剣に耳を傾け時間はあっという間に過ぎてしまいました。

Photo_17 Photo_18

生徒会長からのお礼の言葉の後に、お風呂読書好きな堤さんに、図書委員からバスタオルとバスソルトをプレゼントさせていただきました。手を振って退場する堤さんに、会場からも手を振り返してお別れをしました。

講演会の詳しい様子はこちらからどうぞ

Photo_21 Photo_22
講演後に図書委員の生徒は堤さんと懇親会を行いました。図書委員が一人ひとり講演会の御礼と感想を述べ、時間の都合上講演会の時間内に聞けなかった質問をすると、堤さんは優しくうなずきながら耳を傾け丁寧に質問に答えてくださいました。また、ギャラリーに展示していた図書委員の展示をご覧いただき、大変喜んでいただいて、「ぜひ国会議員にも見せたい!」と誉めていただき生徒たちはとても嬉しそうでした。

展示を前に記念写真にも応じていただき大変楽しい時間をすごしたのち、堤さんをお見送りしました。図書委員の生徒たちにとって忘れられない講演会になったようです。

3 2_2