ブログ

トップページブログ《海外研修》「食」を見つめる/青山有紀さん講演会

« 《広報室より》第3回オープンキャンパスプログラム詳細 | メイン | 《高校1年》海外研修の事前学習 第4回 »

2012年11月 8日 (木)

《海外研修》「食」を見つめる/青山有紀さん講演会

   H1_aoya_01

 10月25日、海外研修旅行の共通学習の一環として、京都おばんざい料理のレストラン「青家」のオーナーシェフである青山有紀さんに講演をしていただきました。私たちにとって当たり前の「食」を見直すきっかけになっただけでなく、青山さんの生き方に触れる大切な機会でもありました。その様子をお届けします。

H1_aoya_02_2 H1_aoya_03 H1_aoya_04

 青山さんはハキハキと生徒にメッセージを伝えて下さいました。最初から食に関わる仕事を目指していたわけではなく、化粧品会社に勤めた経歴も持っています。人生の節目節目で主体的に道を選びとってきたことが伝わってきて、進路選択を控えた生徒たちは真剣に耳を傾けていました。

H1_aoya_05 H1_aoya_07 H1_aoya_06

 青山さんからのお話が終わってからは、生徒が質問を出す時間になりました。「食」に関しては、家庭科や社会科で体系的に学んでいる最中でもあり、生徒の問題意識は深まっていました。だからこそ、「食」を仕事にしている青山さんに直接尋ねられる機会はとても貴重で、質問者だけでなく、学年全体でその質問を共有しながらお話を伺いました。

H1_aoya_09 H1_aoya_10 H1_aoya_08

 「青山さんにとって料理をするのは、自分のためですか、人のためですか」「食を通して見た日本を教えてください」など、質問は多岐に及びました。その一つ一つに丁寧に応えて下さり、老人ホームや給食の現状などにも話は広がっていきました。質問に答えて下さる姿勢はとても丁寧で、あたたかみがあり、生徒は皆安心しながら問いかけることができました。

H1_aoya_15 H1_aoya_11 H1_aoya_13

H1_aoya_17 H1_aoya_16

 1時間に及ぶ講演の後、青山さんはシュガーホールから教室に戻る生徒全員を見送って挨拶をして下さいました。その姿に感激した生徒がたくさんいます。食を通して人や人とのコミュニケーションを大切にしている青山さんの人柄が表れているように思いました。

  いただいた沢山のメッセージ、きっと一人ひとりが大切にできると思います。