ブログ

トップページブログ《高校2年》 7群社会科コース(世界史)「ファラオの晩餐」にチャレンジ!

« 図書委員がオススメの本を紹介しました! | メイン | 《PTA講習会》 プリザーブドフラワーアレンジメント講習会のご案内 »

2013年5月28日 (火)

《高校2年》 7群社会科コース(世界史)「ファラオの晩餐」にチャレンジ!

選択群が時間割のほとんどを占める高校2年生。7群には社会科コースが設置されています。通史を扱う1群とは別に、教科の中身を多面的に深め、より豊かに学べるようにする意図で組まれている講座です。世界史コース選択者は37名。中間テスト明けの授業では「ファラオの晩餐」と題した調理実習に取り組み、エジプトの豊かな食を味わいました。

P5274851 P5274858 P5274860

P5274856 P5274864 P5274866

古代エジプト人は宴会好きだったそうです。楽しく会食する文化があり、今でもその食習慣は受け継がれています。みんなで楽しく食べるためのメニューは、「モロヘイヤスープ」、「オクラ入りビーフシチュー」「ドライフルーツのサラダ」です。パンは給料として奴隷に配給されたものだそうです。気分はクレオパトラになれるように、まず料理人として頑張りました。

P5274852 P5274867 P1140873

エジプト人が繁栄を極めたのはナイル川の豊かな恵みがあったからだと学びました。エジプト人の主食はパンで、「とにかくパンをよく食べる人々だ」と古代ギリシャの歴史家に言わしめているほどです。そのパンと良く合う料理としてモロヘイヤのスープやビーフシチューが供されたのかと思うと、目の前の食材と古代エジプトが時空を越えてつながっているように思え、不思議な気持ちになりました。

P1140861 P1140864

豆料理には新鮮で豊かな野菜が添えられています。その野菜を調理する際に用いるのがスパイス。海外研修でトルコ方面に参加した生徒は「トルコの香りだ」と懐かしそうでした。独特ですが、食欲をそそる香りです。

P1140869 P1140872

食を通して歴史を感じる、とても豊かな授業でした。生徒はお腹も気持ちも大満足です。世界史への興味が更に深まりました。

≪生徒の感想≫
■ 今日はファラオが当時食べていた食事を作る調理実習でした。エジプト文明の時代から食べていたと思うと、エジプトの土地の豊かさを感じました。トルコ料理に使っていた香料もありました。

■ ファラオの晩餐、美味しかった!トルコ料理に似ていたけれど、トルコよりも食べやすかった。