ブログ

トップページブログ《理科100実験》中学3年:酸アルカリとイオン

« 《高校2年》 7群日本史コース 神奈川県埋蔵文化財センター訪問 | メイン | 《高校2年》 e-ネット安心講座が開かれました »

2013年7月 1日 (月)

《理科100実験》中学3年:酸アルカリとイオン

 いくつかの酸性・アルカリ性の水溶液を用意し、それらの性質を調べる。

説明に続いて実験道具と材料を取りに来ます。実験道具のパレットは美術用のものを活用しています。

P1080467_2P1080466_2P1080468_2

塩酸、硫酸、水酸化ナトリウム水溶液、石灰水(水酸化カルシウム水溶液)の4種類の水溶液が、青・緑・オレンジ・赤の容器にそれぞれ入っています。パレットに少量取り、リトマス紙、BTB溶液、フェノールフタレイン溶液、マグネシウムリボン、ハムを入れそれぞれの変化の様子を観察し記録します。

P1080469_2P1080470_2P1080472_2

P1080476_2P1080474_3P1080478_6

 各溶液の反応の結果を黒板に書き込み共有します。最後に、水溶液に電気が流れるか先生が演示実験しました。回路に組み込んだオルゴールが鳴ることで通電したかが分かります。ひとつづつ確かめ、石灰水では、みんなの予想に反してオルゴールが鳴り、歓声がわきました。

P1080480_2P1080483_2P1080485_2

【実験を終えて】 
私は塩酸の実験をして、BTB液を入れたら黄色に変わったり、マグネシウムリボンを入れたらブクブクして少しビックリした。それぞれの4つの溶液に電気が流れるか実験した時、まさか4つとも通すとは思わなくて驚いた。オルゴールみたいで面白かった。
フェノールフタレイン溶液やBTB溶液などを使ったカラフルな実験で、とても面白かったです。使ったパレットにフェノールフタレインが残っていたようで、石灰水を入れた時、いきなりピンク色になったので驚きました。アルカリ性の2つは電流が流れないと思っていたので、オルゴールが鳴ってすごいなと思いました。
私が担当したのは塩酸だったので、マグネシウムリボンの変化がとても楽しかったです。ハムが溶けなかったのはびっくりしました。また、石けんなどが目に入った時にすぐ洗い流す本当の意味を理解できたので良かったです。