ブログ

トップページブログ《理科100実験》中学1年:メダカの血管と血液の観察

« 《広報室より》 10月4日(金) 第4回学校説明会プログラム | メイン | 《理科100実験》中学3年:電流は回路をどのように流れるか »

2013年9月30日 (月)

《理科100実験》中学1年:メダカの血管と血液の観察

目的:生きているメダカの尾びれの血管と血液の流れを観察する。

1 生きているメダカが観察材料なので、傷つけないように、またすばやく観察を終えるようにします。テレビのモニター画面には尾びれの中を勢いよく赤血球が流れる様子が映し出されています。

123

2 ビニール袋の中のメダカは動いているので視野に入れにくいです。

456

3 血液の流れる方向、動脈と静脈の区別、赤血球の様子などに注意してスケッチしました。

789

 

【観察を終えて】
■メダカが少し動いたりして観察しずらかったけど、メダカの骨や赤血球のようなものはこのようなものなんだと見れてよかったです。
■メダカを袋に入れるとあばれたりして、うまくピントを合わすのがとっても難しくなかなかできませんでした。メダカはオレンジ色のつぶつぶ(色素)がたくさんありました。メダカの骨があったけど、とても細いし、ぐにゃんと曲がりそうで面白かったです。
■メダカをつかまえるのが大変でした。動かない「植物」を観察してきたけれど、今回は動くメダカだったので、いつもより早く観察しました。

■「理科100実験」まとめページ これまでにお知らせした実験レポートが一覧で見られるページを作りました。随時更新していきます。
http://www.kanagawa-kgs.ac.jp/public/science100/index.html