ブログ

トップページブログ中学3年生 数学の研究授業で賞を取りました

« 《広報室より》 多数の皆様のご来校、ありがとうございました! 10月26日(土)第2回オープンキャンパス報告 | メイン | 《部活》バトントワリング部 初の「全国大会」出場決定! »

2013年10月31日 (木)

中学3年生 数学の研究授業で賞を取りました

「格子点上に正方形を作る」というテーマで三平方の定理の発展授業(授業者:島智彦)を行いました。様々な面積の正方形を作る、パズルの要素を含んだ授業です。解説に映像を使ったり、グループ学習取り入れたり、展開にも工夫をしました。
本授業は東京理科大学総合教育機構・理数教育研究センター(http://www.rime.kagu.tus.ac.jp/)主催
第6回≪数学・授業の達人≫において、大賞「最優秀賞」を受賞しました。

0102
0304

 

<生徒感想①(映像を使った授業に関して)>
〇言葉だけでは分かりにくかった部分も映像を使うことでとても分かりやすかった。
〇見やすかったしとてもよく理解できた。またやってほしい。
〇分からないところは繰り返し見られるので良いと思う。
〇順を追っていて分かりやすかった。

0506
0708
0910

 

<生徒感想②(グループ学習に関して)>
〇一緒に考えたり、間違いを指摘しあえて楽しかった。
〇周りの人と話せて、考えていることが色々違っておもしろかった。
〇どう考えればよいのか分からなかったときに同じグループの子に教えてもらえてよかった。

<生徒感想③(授業内容に関して)>
〇ただ公式に合わせてやるのではなく実際に映像を使って調べて自分で公式を考えるということができたので納得できるし自分で試したから忘れないでいられると思うのでよかった。
〇3、6、7のような数字でも正方形を作れることを知ってまだまだ知らないことだらけだなと思いました。最初は少し難しかったけど、分かってくると面白かった。
〇非常に興味深かったです。パズルのような要素もあり楽しかった。
〇難しかったけど、自分たちがやった結果をもとに公式が導けたヒラメキが気持ちよかったです。