ブログ

トップページブログ《図書委員会》講演会に向けた取り組み

« 《国内FW》 中学3年:京都奈良方面 | メイン | 《中学》中学音楽会が開催されました »

2014年11月22日 (土)

《図書委員会》講演会に向けた取り組み

Dscf1483

本校では毎年秋に図書委員会が主催する全校講演会を行っています。
本年度は、香山リカさんに講師をお願いし、11月17日に「10代のうちに考えておくこと」が開催されました。

Dscf1043

Dscf0963

図書委員会では講演会に向けて香山さんが書かれた『10代のうちに考えておくこと』や『弱い自分を好きになる本』で読書会を行ったり、香山さんが出演されたTV番組を見たりし、その内容についての新聞の発行を行うとともに、HRでの読書会を企画するなど、講演会に向けた意識づくりを行ってきました。また当日の会場準備や照明・音響、司会進行なども図書委員の生徒が行いました。

Dsc01217

まず香山さんはご自身のなさっている精神科医のお仕事について話して下さいました。精神科医は理系の勉強をしてきた人がなり、同じく心を扱うカウンセラーは文系の勉強をしてきた人がなることから、心を診るお仕事には文系理系の両方のモノの見方が必要であるということ、自分の興味がある分野だけではなく、幅広い目で学ぶことの大切さを伝えて下さいました。

Dsc01158

続けて、「10代の人たちに伝えたいこと」として、「一人でいる時間を大切にしてほしい」「傷ついたり悲しいことを経験したら、誰かの悲しみに思いを馳せてみよう」「自分の底力を信じてほしい」という3つのメッセージをくださいました。

Dsc01200

Dscf0113_5

全校生徒からの質問にも1つ1つ丁寧答えて下さり、香山さんのお人柄に魅了されるとともに、沢山のエールをいただき生徒にとってかけがえのない時間となった2時間でした。

Dsc01222

最後に感想と御礼の言葉を伝え、本校の100周年記念グッズなどのプレゼントをお渡しして香山さんとお別れしました。

Dsc01231_2

詳しい講演会の様子はこちらからどうぞ

本年度は講演前に図書委員の生徒が香山さんにご挨拶を申し上げました。記念写真にも応じていただき、図書委員の生徒たちにとって忘れられない講演会になったようです。

Dscf1485

今学期最後の委員会では、講演会活動の感想を出し合いました。それぞれ心に残る講演会になったことを報告し合いました。