ブログ

トップページブログ《花と実の会》 2016年4月29日ようこそ心のふるさとへ

« 春の防災訓練 | メイン | 《中学2年》 矢部和弘先生の講演会を聞きました »

2016年5月 9日 (月)

《花と実の会》 2016年4月29日ようこそ心のふるさとへ

2016年4月29日、卒業50年の高校18回生(昭和41年3月卒業)と、卒業30年の高校38回生(昭和61年3月卒業)、そして新会員となった高校68回生を中心に300名近い卒業生が集い「ようこそ心のふるさとへ」が開催されました。

全体会に先立って、校舎見学を希望する方々が早々と来校され、学園の先生の案内でグループに別れて次々と校舎を回りました。思い出の教室や建物はわずかとなってしまいましたが、懐かしい友との再会に気持ちもあの頃に戻り華やいだ様子でした。

01_2

02

正午からの全体会オープニングは、昨年に引き続きダンス部の生徒による演技が披露されました。部員数も本校トップクラスで、昨年よりさらに練習を積んだ成果に会場は歓声が上がりました。

次の校歌合唱では指揮・高校68回生、伴奏・高校38回生のリードにより心を一つに歌い上げました。また在学中は感じることのなかった歌詞の一語一語に、歩んできた人生を重ね合わせる卒業生もありました。

04

03

花と実の会品川明代会長・湊谷利男学校長の挨拶、平成27年度事業報告・会計報告・新年度予算案も承認され、総会の議事は滞りなく終了、役員体制も一部改められ新年度の活動がスタートとなりました。

05

06

さて、卒業生のお楽しみは湊谷校長による『神奈川学園の歴史と今~高校18回生・38回生・68回生の頃』です。学園保存の貴重な資料や写真から当時の様子が映像で紹介されると、スクリーンにご自分を探す方も多くいらっしゃいました。

どの時代を振り返っても、基本となるのは創立者善治郎先生の精神が受け継がれている、ということがあらためて確認されました。

07

その100年の歴史をさらに作り上げてくれる今年学園に就職された先生・職員の紹介もあり、あたたかく迎えられました。

08

09

10

11

また懐かしい先生方も紹介され、ますますお若い恩師のお姿に拍手が送られました。

今年ご出席の先生方は、齊藤禮二先生(体育)・大野裕子先生(英語)・石田迪子先生(家庭科)・神戸守先生(社会)・長嶋久美子先生(国語)・喜多由美先生(体育)です。ありがとうございました。

12

最後に新会員となった高校68回生の閉会の言葉で終了し、記念写真撮影やそれぞれの同期会会場に別れてさらに懇親が深められました。

来年の総会は、学校の顔となる入口に完成予定の新講堂棟での記念講演会を企画しています。卒業50年30年にかかわらず、多くの卒業生の皆さまがお運びくださいますようお願い申し上げます。(ご案内は会報『花と実』などでお知らせする予定です。)

13abcd

14

15

16

写真左上から、高校18回ABCD組、高校18回生EFG組、高校38回、高校68回