ブログ

トップページブログ《高校2年》 総合学習「探究」について

« 《中学2年》 小網代の森 | メイン | 《高校2年》 6月16日「探究」グループのテーマ学習始まりました »

2017年7月 1日 (土)

《高校2年》 総合学習「探究」について

高校2年生は総合学習「探究」を1年かけて取り組みます。学年での全体学習が終わり、今後はそれぞれのテーマを設定したグループに分かれての活動が始まっていきます。

「探究」の年間目標は以下としています。

 

高2総合学習「探究」の年間目標

 

A.「神奈川学園での学びの集大成」として「卒業論文」にとりくもう。

これまで5年間経験してきた授業や総合学習、文化祭などの行事など、自分が取り組んできた学びの中から、「これまでの自分(経験)」と「これからの自分(進路)」をつなぐことのできるテーマを選び、徹底して掘り下げよう。

 

B.自分にとって「これは」と思える知識・情報を、五感を使って獲得し、自分の「生き方」を展望できる学びに取り組もう

知識や情報は簡単に手に入る時代。だけど、自分にとって有意義な知識・情報というのは、自分の中での感動や得難い経験がないと手に入らない。人類が残してきた書物をはじめとした、様々な文化と出会い、フィールドワークで体験した現場に学ぶ手法や、当事者の言葉に学ぶ手法なども取り入れながら、どんな小さなことでもよいので「自分の考え」を創り出そう。できれば、それは「考え」だけにとどめず、人間として「感じる心」や行動する「生活力」など「私の生き方」を切りひらくものでありたい。

 

C.現実社会の中で自分の考えを形づくり、科学的な手法を用いて他者に伝えることで、より社会と他者に開かれた「自分の考え」となるよう鍛えよう。

各グループどんなことでもいいので社会参加といえる事に取り組んでみて、責任と自覚や意見を持つことの大切さを体験しよう。また、自分の考えを客観的に証明できるように、科学的な手法を身につけよう。発表の場で、他者の意見を受け止め、自分の考えを発展させよう。

 

また、テーマを設定したグループは以下のとおりです。それぞれの活動も随時報告していきます。

①異文化の比較
②日本文化を探る
③日本人にとっての宗教
④自分/地域/世界をつなぐ歴史の探究
⑤子どもの貧困
⑥明日あなたが「炎上」しないために!-差別・公平な社会を考えよう
⑦「昔話」に見る日本人の心性
⑧医療や福祉の観点から命の問題を考える
⑨水から生命を考える
⑩女性として、働き方を考える
⑪「食」を考える
⑫スポーツ・身体文化
⑬ICTを使った新しい学習方法の考案