ブログ

トップページブログ《広報室より》 今週土曜日(10/27)オープンキャンパスです!

« 《部活動》 コーラス部 | メイン | 《中学1年》 マナー講習 »

2018年10月22日 (月)

《広報室より》 今週土曜日(10/27)オープンキャンパスです!

今週土曜日(10/27)オープンキャンパスです!

 

〇まず、「学校のことを知りたい」という方は……ミニ説明会へご参加ください。

 広報委員の教員と在校生が、神奈川学園の生活・学習などについてお話しします。従来の「学校説明会」とは違った組み立てですので、これまで学校説明会に参加された方にもお勧めです。なお、「個別に詳しく聞きたい」という方へは、高校生と中学生が質問にお答えする「個別相談会」にご参加ください。

 

〇6年生の方は…「入試問題にチャレンジ!」講座と出題方針をまとめた冊子『合格への道』を配付開始

 「入試問題にチャレンジ!」講座に加え、このオープンキャンパスからご参加の方に『合格への道』をお配りていします。『合格への道』は今年度入試結果の分析と19年度入試出題方針を集約しています。ぜひ手に取ってごらんください。

 

〇「文化祭に行けなかった」という方は…当日の様子をごらんください

 今回のオープンキャンパスからお渡しする『さくら前線41号』では、文化祭の記事に加え、当日の様子を収めた「AR動画」もご覧いただけます。また、オーストラリア交流校との授業の一端もご覧いただけます。

 

【前回のOCの様子】

P6230095

【入試問題にチャレンジ!】

P6230097

【「実験」講座】

P6230109

【クラブミニ公演】バトン部

 

【説明会でいただいたご質問にお答えします】

 

◎勉強、行事、事前準備、レポートなど盛りだくさんですが、生徒さんは皆こなせているのでしょうか。オーバーフローしている生徒さんはいないでしょうか。

 →学校生活が「もりだくさん」なのは事実だと思います。その中で、すべてをこなしきれない生徒が出てくることもあります。そのときには、例えば学習が遅れた人には「放課後補習」や夏休みなどの講習を行うなど、一定のラインを全員が「やりきる」ことができるような支援を行っています。

 

◎クラブ活動と学業の両立はどうなっていますか?

 →生徒は両方とも大切にしながらがんばっています。部活動は平日最大3日まで、また土日はどちらか1日までを活動日としています。学習で遅れて「放課後補習」に指名された場合には補習優先であることなど、両立するための約束もあります。

 

◎堂々と発表などができるようになるための具体的な取り組みがもう少し知りたいです。引っ込み思案な子やおとなしい子が変わった事例やカリキュラムなどありますか?

 →自信をもって発表できるようになるためには、何よりも経験が重要です。中学1年生から発表する機会を多く設け、学年を追って「グループでの調査・発表」から「個人での調査・発表」へと移行するカリキュラムを組み立てています。また、授業以外にもHR等で中1の段階から意見を発表する機会を多く設けています。こうした経験を重ねる中で、「小学校の時にはみんなの前で意見を言うことなど想像もできなかった」と言っていた生徒が、クラスのリーダー的な役割に就くような例も珍しくありません。

 

◎横浜駅からの指定された通学路はあるのでしょうか?

 →地下街をまっすぐ進み、歩道橋を渡って登校する道順を基本的な登校路としています。

 

◎希望制の夏期講習は有料でしょうか?

 →無料です(市販のテキストを使用時は、テキスト代をいただきます)。

 

◎どんな生徒さんが多いですか?

 →休み時間などの様子を見ていただいた方からは「伸び伸びしていますね」としばしば言われます。もちろん、生徒の個性はさまざまで、活発な子もいればおとなしい子もいます。ですが、クラスという集団の中で、さまざまな行事に協力して取り組み、お互いの良さを認め合う中で、「自分らしくいられる」と感じられることが「伸び伸び」とした感じにつながっているのだと思います。

 

◎習熟度別クラスの運営、クラス運営、学習レベル、目標設定など、どのようになっていますか?

 →学年とグレードによってそれぞれ目標は異なります。例えば高3であれば、最も難度の高いグレードは国公立早慶上理をめざし、次のグレードはGMARCHを基本目標に据えるなど、それぞれのクラスで明確な目標設定とその実現に向けた教材選定をしています。