ブログ

トップページブログ《花と実の会》 2019年4月29日 花と実の会 ようこそ心のふるさとへ

« 《高校1年》 フィールドワーク | メイン | 《茶道部》 すみれ茶会 »

2019年5月16日 (木)

《花と実の会》 2019年4月29日 花と実の会 ようこそ心のふるさとへ

「ようこそ心のふるさとへ」は卒業したばかりの新会員の歓迎と、卒業50年・30年を迎えた卒業生をお招きする企画で、2000年度から始まり今年でちょうど20回目となりました。

今年卒業50年を迎えた高校21回生はこの企画が始まる前年が卒業30年だったため、卒業50年のご招待まで20年もお待たせすることになった学年です。
また卒業30年を迎えた高校41回生は平成元年3月に卒業、その30年後が奇しくも平成最後の年ということになりました。

時代は平成から令和へ、大型連休のはじまりに350名近い大変多くの卒業生が集まりました。

全体会に先立ち行われた校舎見学には集合時間の10時前から大勢お見えになりましたので早めにスタートし、今年も好評のようでした。

1

2

 

全体会は午前11時より開始、はじめにコーラス部員によるミュージカル仕立ての熱演にあたたかい拍手が送られました。


コーラス部

3

大石圭子校長・品川明代会長の挨拶、全員での校歌合唱に続き議事も無事承認されました。

大石校長による『神奈川学園の歴史と今~高校21回生、41回生、71回生の頃』では、当時のアルバムから画面いっぱいに写真が映し出されると、夢中で自分の姿をさがし青春を懐かしむとともに、現在の母校の発展を知り嬉しく思いました。

会場風景

4

5

6

後半では今年着任したばかりの先生と、懐かしい先生方の紹介があり会場は一層あたたかい雰囲気に包まれました。

ご出席の寺崎淑子先生・金子久子先生・大久保順生先生・佐藤廣金先生・佐藤文信先生・徳永勉先生・喜多由美先生・秋葉祥子先生、ありがとうございました。

その後は、それぞれの会場に分かれ懇親を深めました。

「ようこそ心のふるさとへ」は、卒業50年・30年の方ばかりでなく、すべての卒業生が集う日です。毎年4月29日に行っていますので、どうぞお気軽にお出かけください。

7

8

9

10

11

12

13

14
卒業50年(高校21回生)

15

卒業30年(高校41回生)

16

高校71回生

17