ブログ

トップページブログ《高校1年》 国語

« 《芸術鑑賞会》  | メイン | 《高校1年》 国際 »

2019年6月28日 (金)

《高校1年》 国語

高校1年生「国語」では、『デジタル社会』(黒崎正男)を読みました。

「私たちの行動の履歴はデジタル化されてネット上に永遠に残っているが、そのような個人情報の膨大な蓄積は、社会をどう変えるのだろうか」と考えさせられる作品です。

11_2

本文を読んだ後に、班になって、3つの資料から考えました。

(資料1) NHKスペシャル『ネクストワールド 私たちの未来―第4回 人生はどこまで楽しくなるのか―』

(資料2) 日経BPのサイトから『ロボティクス社会 いつかは永遠の命に?デジタル人格がもたらすもの』

(資料3) マンガ『49日のブラックボックス』

22

33

「実在した人間の人格をコピーしたAIは法律上さまざまな問題があって存在できるのは49日までとされている」(マンガ『49日のブラックボックス』)という一節を取り上げて、デジタルクローンには、どんな問題があるのかを考えて話し合いました。

話し合いの結果を、各班から発表しました。

44

「四十九日は遺族が気持ちを整理して死を受け入れるための時間なのに、亡くなった人が生きているとも言える状態は、遺族の混乱やこれから先生きていくことの困難を生むのではないか」

「AIに自分はコピーという自覚があるのなら、すでに別人格だと思う。AIは亡くなった人がしなかったことをするわけで、それは亡くなった人の人格を侵害することになるのではないか」

「お金があればデジタルクローンとして永遠に生きられることになる。死の意味や人生の価値が変わってしまうだろう」

「日本のスタートアップが『自分のデジタルクローンに、仕事の一部をかわりにさせる』ことに挑戦しているが、それによって生身の人と人とのかかわりが薄くなってしまうのは問題だと思う。」

など、様々な問題が指摘されました。

次の時間は、各自が「意見を論理的に文章化する」課題に向かう時間になります。