ブログ

トップページブログ《始業式》 

« 《中学1年》 英語 | メイン | 《「教職員救急救命講習会」と「災害用組み立てトイレ」》 »

2019年9月 4日 (水)

《始業式》 

9月2日から2学期が始まりました。

始業式では、校長先生から「災害から命を守る」というお話がありました。

 はじめに、2011年の東日本大震災で被災し、津波に襲われて児童74人が犠牲になった石巻市立大川小学校のお話を聞きました。

1

2

校長先生が大川小学校を訪問して撮った写真も見ながら、「大川の悲劇」を知りました。

3

地震発生から津波襲来まで51分間もあって、なぜ適切な避難場所に逃げることができなかったのでしょうか。

 次に、岩手県釜石市で起こったことのお話を聞きました。

4

5

釜石市立釜石東中学校は、津波被害の大きかった大槌湾に面した鵜住居(うのすまい)地区にあって、校舎は水没しながら、生徒全員が難を逃れました。

中学生が率先避難者となって、小学生や保育園児、地域の人達を巻き込んで、より高いところへと避難した結果、多くの命が救われました。

 釜石市では、全市の学校で津波から命を守る「防災教育」に取り組んでいました。帰宅後の子供たちも適切な避難行動をして、3,000人ほどの小中学生の99.8%が、想定外の大災害の中を生き抜きました。「釜石の奇跡」と言われています。

 

大川小学校と釜石東中学校があった地区は、どちらも「津波浸水区域」ではありませんでした。想定外の大災害に見舞われた時の行動が、生死を分けました。

悲劇と奇跡を分けたのは何だったのか、考えさせられました。

6

災害時に、私たちはどう行動できるでしょうか? いざという時に、命を守る行動ができるように、日ごろから備えることが大事です。

 大地震が発生したら、どう行動しますか?

7_2

8

学校の地盤は固く、関東大震災でも木造校舎の倒壊がありませんでした。海抜も一番低いところで9mです。

校舎は、安全な避難場所です。

校内だったら、ホームルーム教室に避難します。横浜駅周辺にいるときは、学校を目指して避難しましょう。

9

災害はいつ起こるかわかりません。

今日の下校時には、自分の通学路をよく見て危険箇所をチェックしてください。

命を守るにはどう行動したらよいか、考えながら帰りましょう。

 

 ≪夏休み クラブ活動報告≫

中学水泳部   溝口歩優 全国中学校水泳競技大会 女子 50m 自由形  第 2 位

                   / 女子 100m自由形  第 3 位

       神奈川県 県私立中学校水泳競技大会 女子総合 第 2 位

       女子200mメドレーリレー 第3位/女子200mフリーリレー 第4位

       三浦友莉 女子50m自由形 第2位/女子100メートル自由形 第3位

       橘美樹 女子100mバタフライ第3位/女子200m自由形 第3位

       早川迪 女子100m背泳ぎ 第5位/女子50m背泳ぎ 第5位

       細川芙優華 女子50m平泳ぎ 第6位/女子100m平泳ぎ 第7位

       井上理緒 女子200mメドレー 第7位/女子100mバタフライ 第8位

       西井璃子 女子50mバタフライ 第7位/女子200m自由形 第6位

       杉山由佳 女子100m自由形 第8位

中学陸上部   神奈川県私立中学校陸上競技大会 女子総合 第 7 位

       鈴木えむ 女子3年100m 第1位

       林真世 女子共通走高跳 第1位

       下形里奈 女子共通100mハードル 第4位

       間宮有美 女子1年走高跳 第8位

コーラス部      神奈川県合唱コンクール 金賞

中学バトントワリング部    全国中学校バトントワリング選抜大会 第 5 位

高校バトントワリング部    ジャパンカップ マーチングバンド・バトントワリング全国大会 優秀賞