ブログ

トップページブログ《高校2年》 進路別座談会がありました

« 《情報》 MMCの環境が新しくなりました | メイン | 《花と実の会》 魅力を引き出すパーソナルカラー診断講座 »

2019年10月10日 (木)

《高校2年》 進路別座談会がありました

10月5日土曜日の午後、大学で学んでいる卒業生の方からお話を聞く機会を持ちました。進路・分野別座談会です。日常の学習で困っていること、進路選択をした時の気持ち、大学での学びがどのようなものか、など高校2年生が知りたいと思うことを少人数グループで聞くことができました。卒業生の方はとても親身になって悩みに耳を傾けて下さり、あたたかい言葉で励ましてもくださいました。少人数ということもあり、和気あいあいとした雰囲気を終始保ちながらの会となりました。選択履修説明会や中間テストを控えた時期でもあり、生徒たちにとって大きな励みになりました。

12_2

3_2

 勉強についてどうすればいいか悩んでいた時期だったので、実際に合格した先輩方の体験談を聞く機会をいただけて、とても有意義な時間を過ごすことができました。

 受験に向けて、私は学校の勉強を一生懸命やるので精一杯なので、それだけに集中すると決めていました。しかし本当にそれだけで良いのか、合格するには何か特別な勉強を始めなくてはいけないのでは、と思う時がありました。でも先輩方がおっしゃることはシンプルなことで、「今できることをコツコツとやる事が大事」だと聞きました。その言葉を聞いて、自分は間違っていないと自信を持つことができました。学校の勉強だけをやる代わりに、小テストでは満点を常に目指して、定期テストでは今までよりももう一段階上の成績を目指す気持ちで頑張ろうと思いました。

 今回は私たち高2に貴重なお時間をさいていただいて、本当にありがとうございました。今回決心したことを高3の最後までやり抜いて受験まで頑張ります。

 

 今日の話を聞いて、まずは基礎力をつけることが大切なのだとわかりました。私は古典の文法などがわからないままでいるので、まずは基本的な助動詞の意味や活用形などを覚えようと思います。また、模試の解き直しをずっとしようと思ってそのままにしてしまいがちなので、模試を受けたその日のうちにとき直しをして自分が苦手な範囲を明確にして、自分が間違えたところを理解したいと思います。私は勉強の計画を立ててもどこかで絶対に崩れてしまい、いつもせっかく立てた計画が成功しないので1日で全部やりきろうとするのではなく、1週間の余裕を持って空白日などを作って計画を立てて実行したいです。世界史の勉強方法も、ずっと文学史だけ覚えられずにいましたが、今日のアドバイスを実行して、作者と作品名をセットで覚えたり、プチ情報と一緒に覚えたり、その人が出てくる時代を覚えるなどのことをしようと思います。

 私は先輩の「環境を変えるのは自分次第」という言葉がとても印象に残っていて、それは勉強についても同じことが言えると思うので、その言葉を胸に刻んで勉強していきたいです。勉強をしていく中でいかに自分のモチベーションを上げていくかもとても大事だと思いました。また、自分のルールを作るということで、私はこういうことをしようと思っていてもそれが長続きしないで、明日からやろうなどと思って先延ばしにしがちなので、実現可能なルールを作ってそれを定着させていきたいです。今日はとても参考になる話を聞かせてくださり、本当にありがとうございました。先輩が話してくださったことを忘れないで自分のものにしていきたいです。