ブログ

トップページブログ4月17日の様子  [中2理科・高2日本史・高3英語特講]

« オンライン学習 4月15日の様子 [中学1年・中2体育・高1英語表現] | メイン | オンライン学習 4月20日の様子  [ 高1数学・高1EC・中2家庭科 ] »

2020年4月17日 (金)

4月17日の様子  [中2理科・高2日本史・高3英語特講]

オンライン学習5日目です。出欠確認もHangouts Meetでのホームルームもスムーズに行われています。

 

中学2年生のあるクラスルームのストリームです。担任の先生からのあたたかいメッセージが毎日更新されています。生徒の気持ちに寄り添いながらも「すぐに答を知ろうと調べてしまうのではなく、自分の頭で考えてみよう」という大切なメッセージも載っていました。クイズをきっかけに、生徒は「ちょっと考えてみようかな」と思えたはずです。

1

 

  [中2理科]

 

中学2年生の理科は地学分野「地震」について学習します。NHKの動画も効果的に用いながら、実際にスライドに先生が文字を書き込んでいく様子まで分かる授業が配信されていました。その臨場感に興味を持って取り組める生徒は多いはずです。前回の授業を受けて生徒から出された質問に対して、担当の先生が丁寧に答えているドキュメントも配信されていました。質問によって学びが深まっていく様子は教室での授業を思わせるものでした。

2

3

4

5

 

 [高2日本史]

大幅な選択制授業が始まる高校2年生。教科担当者が生徒一人ひとりに向けてメッセージを伝えながらの動画配信や課題配信を行っています。ここで紹介するのは日本史のクラスです。スライドからは「何がこの分野のポイントか」がしっかりと伝わります。課題の提出・返却を通して生徒との双方向のやり取りも生まれており、安心して高校2年生をスタートできているのではないでしょうか。

 

おはようございます。学習案内と課題を配布します。 今日は旧石器・縄文のふりかえりを行います。スライドに沿って昨日・一昨日に提出した課題の自己添削をしていきましょう。 そのため、提出していただいた課題をいったん返却します。「漢字の間違い」「問題の読み違い」などさまざまな点から確認をしていきましょう。解答がみつからなかった箇所は、解答例に加えて教科書の文章を参照しながら確認していきましょう。 このように、自分で自分の解答の改善点を見つけていくことは、学習の質を上げていくうえでとても大切になります。少しずつで構いませんので身につけていきましょう。

 

1_2

2_2

3_2

[高3英語特講]

最後に紹介するのは、高校3年生のグレード(習熟度別)授業・英語特講です。基礎事項を徹底的に押さえる期間と位置づけて詳しい文法解説動画が配信されていました。担当の先生からの指示も具体的です。

①解説スライド動画を【その4~その5~その6】の順に視聴しながら、宿題だった部分(p.6~7)の答え合わせをしてください。 ②5~10分間、見直しをしたら、Google Form形式のReview Testを解いてください。 以上が今日やることです。 次回の授業は21(火) テキスト〈第2章 受動態〉を宿題とします。p.8の例題を解いたらハンドブックの解説を読みながら自分で答え合わせをして、そのあと、p.9~10の演習問題&Writingを解いておくこと。がんばってね。

10 11

解説は先生の声で聴くことができると同時に、文字でも確認できます。自分が間違えた問題を繰り返し視聴することで苦手分野を克服できるように、という担当者の願いを生徒も受け止め、努力を継続できるとよいです。