ブログ

トップページブログ中1美術  教育実習生による陶芸の授業

« 《広報室より》 第8回学校説明会 12月18日(金) 19:00~20:00 | メイン | PTA講演会が行われました »

2020年11月20日 (金)

中1美術  教育実習生による陶芸の授業

中1は教育実習生の指導の下、粘土で花びんを作る課題に取り組みました。

1

2_2

実習生は現在美術大学で学ぶ本校卒業生です。約10年前、自分が中1であった時に取り組んだ課題を今回は教える立場になって母校に戻ってきました。

3_2

4_2

粘土は自由に形を作ることができ、何度でも作り直すこともできますが、逆にそれを上手にコントロールできないとなかなか思い通りの形にできず苦労します。実習生も「中1の時はあまりうまく作れず立体の作品制作に苦手意識を持ってしまったが、今回教材研究をする中で陶芸の面白さを再発見したのでぜひそれを生徒に伝えたい」といっていました。

5_2

6_2

実習生の指導に応えるように、生徒たちは試行錯誤を繰り返す中から次第に粘土の特性をつかみ、立派な花びんを作り上げていきました。

78

完成して色見本から好みを選んで指定した作品は、乾燥させた後陶芸家の方に焼成していただき2月ころ手元に戻ってくる予定です。楽しみです。

9

10

~生徒の感想~

O先生(実習生)の授業が楽しくてとても分かりやすかったので小学校ぶりの陶芸でも上手に楽しくできたと思いました。段々細くなったり太くなったりするところがすごく難しかったです。小学校のころ作ったものは上手に作れなかったけど、中学生になってちょっとレベルアップして上手に作れたんじゃないかと思いました。すごく楽しかったです。(S.M)

 

最初に予想していたものと全然違うのができました。けれど、とても滑らかにできてよかったです。粘土は幼稚園で遊んだのと、小学校の図工の授業でしかふれたことがありませんでした。でも、久々に粘土をやってみて、粘土ってこんなに楽しく、色々な物が作れるのだなぁと感心しました。もしかしたらもう粘土にふれることはないかもしれないけど、もっともっと色々な物を作ってみたいです。(T.S)