ブログ

トップページブログ中1学年 学年ミニ運動会を行いました

« 生徒会  公演プロジェクト11月公演の様子(第1弾)をお届けします | メイン | 中2学年  遠藤まめたさん講演会 »

2020年11月26日 (木)

中1学年 学年ミニ運動会を行いました

 11月6日、中学1年生は学年で運動会を行いました。今年度は多くの行事がコロナの影響で中止せざるを得ない状況でした。そのような中、クラスの委員を中心に、HRなどでの話し合いを通して、種目やルール、目標を自分たちで決めて、当日に臨みました。駒沢公園、屋内球技場を半日貸し切って、球入れ、大縄跳び、借り人競争、台風の目、リレーの5種目を行いました。室内ではありますが、大変広い空間で、クラスや学年の親睦を深めることができました。

2020112601

2020112602

2020112603_2

20201126042020112605_2

2020112606

2020112607

2020112608

2020112609_2

2020112610_3

<生徒の感想>

  • リレーでは最後まで全力でみんなが走っていて、とてもワクワクしました。大縄では、皆が「おちついて」や「まだ時間があるからあせらないで」などと声をかけてくれて、あきらめないで頑張れました。玉入れでは数をかぞえるときに皆が盛り上がるように、それぞれ工夫をしてました。綱引きでは皆で力を合わせて、2位になれました。私は今回のミニ運動会でお互いを信頼することの大切さを学びました。
  • ミニ運動会はとても楽しかったです。コロナで色んな行事ができなくなったかわりに、このミニ運動会の企画を考えてくれたクラス委員などに「ありがとう」と言いたいです。クラス委員がいなければここまで楽しい運動会にはできなかったと思います。来年もぜひできたらいいと思いました。
  • 私は、前々からずっと文化祭を楽しみにしていました。けれど、こんな世の中になってしまって今のクラスが好きなので、このクラスで文化祭が出来ないなんて・・と少しがっかりしていたけれど、今回ミニ運動会をすることが出来て、とても嬉しかったです。みんなで声をかけあったり、内陣を組んだり、網引きで盛り上がったり、ものすごく楽しかったです。走る前に、「頑張れ」、と後ろにいたOさんが言ってくれて、とても心に残っています。その一言だけでも、心強かったです。
  • 運動会が始まる前は、しっかり楽しめるかな?などと少し不安もあったけど、始まってみるとみんな全力で楽しんでいて、私もとても楽しくなりました。みんなとは最初リモートでしか喋っていなくて仲良くなれるかなと思っていましたが、だんだん仲が良くなって、今回の運動会では、もっと仲が深まったと思います!今回、運動会の細かいところなどを考えてくれた人たちが支えてくれていたからこそ、こんなに楽しい運動会ができたと思うので、とても感謝したいです。
  • みんなとても楽しんでやっていたと思うし、私も今までの運動会の中で1番楽しかったです。今年は球技大会がなくなってしまったため、ミニ運動会を体育館で、ということになりましたが、特に大きなトラブルも怪我もなく、全員で参加できたというのは良かったと思います。順位とかもなくてもいいくらい、全員が楽しんでいて、できてよかったなぁと思います。スローガンや競技、作戦などもクラス委員や議長さん達を中心に一生懸命考えていて、それを実行できてうれしかったです。普段あまり話さない人とも話せたし、クラスの絆も深まりつつあるんじゃないかな。終わった後に「楽しかった、またやりたい」って思えたのは今年が初めてでした。来年はきっと球技大会で、クラスも変わり、練習時間もあると思うので、また少し違うと思いますが、今年に負けないくらい一生懸命に、楽しくできたらいいです。
  • まず楽しかったです。他のクラスとの関わりも今年は少なかったので、交流ができてよかったです。また競技を通してクラスの仲が良くなったと思うので、それもよかったです。また目標である、「全員が主役である」ということも達成できたかなと思います。もう一つの目標の「勝ち負けにはこだわらず楽しむ」ということも達成できたと思います。楽しめたし、しかも綱引きや玉入れで1位を取れたことも、嬉しかったです。今回は練習する時間がなく本番に臨んだけれど、コツを皆で調べたりできたのでよかったです。この運動会で心を1つにする大切さや楽しさを学べたし、運動できて楽しかったので、本当は来年も再来年もやりたいなぁと思います。運動会だけではなく他の行事でも、この運動会を思い出して、クラスだけではなく学年で、何事も頑張りたいと思いました。そして、この学年だけではなく、先輩も、次入ってくる後輩とも、部活や行事を通じてどんどん交流していきたいと思います。
  • クラス対抗で行ったミニ運動会でしたが、一人一人が活躍でき、勝ち負けにこだわらずに楽しめる運動会となったのではないかと思う。PA研修とは違ってクラス全員が主役となり、学年全体で交流があった。それぞれの種目で勝敗にこだわってしまって、悔しかったりした時もあったが、悔しいと思うくらいに自分が頑張った証だと思えた。コロナの状況の中で、クラス委員や先生が自分の知らないところで一生懸命案を出して話し合ったり、着々と準備して、より良いものにしようと行動してくれたことに対する感謝の気持ちを、結果や行動で表せたと思う。小学校とはまた違った形で、人と何かを目標に協力したり、作戦を立てて実行することがすごく新鮮で、今までで1番楽しかったと感じた。また、クラスメイト一人ひとりの良さや、新たな一面を発見できたり、他クラスの良いところや団結力を見つけられた。自分の不向きなことにも挑戦でき、「恥ずかしい」「みんなに迷惑だと思われたらどうしよう」と思っていたが、みんなが受け止めてくれた気がして、挑戦して良かったなと感じた。