ブログ

トップページブログ「第13回書道はがき作品大会・高校の部第2位」に細田百笑さんの作品が選ばれました

« 高校2年生 探究 最終発表会 | メイン | 高1FW  埼玉大学生とのオンライン交流会「水俣と私と今」 »

2021年2月22日 (月)

「第13回書道はがき作品大会・高校の部第2位」に細田百笑さんの作品が選ばれました

 このたび「第14回かながわ書道まつり」の「第13回書道はがき作品大会」において高校1年の細田さんの作品が最高賞である神奈川毎日新聞社大賞15点のうちの高校の部第2位に輝きました。おめでとうございます。(毎日新聞2月19日掲載)

 以下は書道担当からのコメントです。

2021022201_12

「かながわ書道まつり」は、書道部が書道パフォーマンスコンテストに何度も出場し優勝したこともある書家による書道の祭典です。毎年1月の書道の授業で「はがき大会」の作品を書いて出品してきました。しかし今年はオンライン授業になり、出品が危ういと思いましたが、自宅で取り組んでもらい郵送してもらう方法をとりました。

 今回のテーマは「世界がひとつになれる時 ― 感謝の気持ちを書く(健康・勇気・平和) ― 」です。細田さんの作品は、学校の授業で培った知識や、日頃いろいろな物に持つ興味や想像力が底力としてあったと思います。新聞ではカラーでないのでわかりづらいですが、地球の色合いもしっとりはんなりしていてグラデーションが美しく、書道の作品としてもクルッと筆で円を書いた線が効いています。まわりの感謝を表す言葉も、「英語も可」という指示が読み取れており、良い表現になっています。第2位となったとお聞きした時、すぐに思い出すことができた作品で大変印象深く力強い作品と感じています。

 

 細田さんの他にも力作がたくさんありました。神奈川学園の生徒は、大変感受性豊かであり、想像力豊かな夢のある作品、癒し系の作品、力強い作品が多くありました。これからますます楽しみです。

 作品は3月18~21日にランドマークプラザで開催される「第14回かながわ書道まつり」で展示されます。