ブログ

トップページブログ吹奏楽部 第39回定期演奏会が開催されました。

« ブログ写真不具合の対応について | メイン | 中3学年  総合学習「国際」の時間に「多文化共生」を考えました »

2021年4月22日 (木)

吹奏楽部 第39回定期演奏会が開催されました。

昨年の開催中止は部にとって大変残念なことでしたが、昨年の定期演奏会で引退を迎えるはずだった現在大学一年生も演奏に参加し、無事に開催することができました。

ご来場いただいた皆様ありがとうございました。また、支えてくださった先生方、保護者の皆様、コーチの皆様、ありがとうございました。

167cbb1706aa423e8792b5dd7c0d67b7

120a68abd3ec45afa81c436956dc857f


コロナウィルス感染防止のため、練習場所も限られ合奏の機会も少なく準備が大変でしたが、お客様を迎えて大舞台で演奏できたことは部員にとっても大きな喜びとなりました。

Aac611f1aff94befbb708334210981a8

72014bd6d44a4d3eb9f0429ae0c13a88

Bb3103e5ffbc42a89ce72e8de1372bcd

412c70aa86764def857b3fc64040e214



〜部長挨拶より〜

今年度は新型コロナウイルスの影響で、たくさんの演奏会が中止となりました。特にコンクールは自分たちの演奏を審査員に見てもらう大事な機会だったため、中止が決まり悔しく感じることもありました。しかし、このような状況にも負けず、部員一同乗り越えてきました。

私が初めて吹奏楽部の演奏を見たのは、小学6年生のオープンキャンパスの時でした。その時、母親と一緒に演奏を聞いており、演奏終了後、私は、吹奏楽部の演奏はすごいなと圧倒されていたのですが、隣で一緒に聞いていた母親が感動して泣いているのを見て私も感動させるような音楽を作りたいなと思い、この学校で吹奏楽部をしようと決めました。

吹奏楽部は一人抜けるだけで演奏が成り立たなくなります。この部活の中で自分が必要とされていると感じることが出来ました。

優しい先輩、後輩、同学年の仲間と共に作っていく音楽は最高の青春でした。

最後の年が新型コロナウィルス感染症対策による自宅待機と重なり、私自身すごく辛く、悔しくもありましたが、改めてこの部活が本当に大好きだったのだと感じました。

中学生の頃から一緒に部活をし、作品を作りあげていく中で仲間割れもありましたが、この場を迎えたことにとても感謝しています。この5年間支えてくださった顧問の先生方、パートコーチの方々、保護者の皆様、本当にありがとうございました。

そして、頼りない部長だったけど、みんなと一緒に部活が出来て本当に楽しかったよ。ありがとう。

今年度から新しく後輩たちが、部活を作り上げていきます。これからの成長を暖かく見守っていただけると幸いです。