ブログ

トップページブログ高2探究  グループ別の取り組みが進んでいます

« 高校1年  フィールドワークの方面別事前学習がスタートしました | メイン | 中学1年 PA研修がありました  »

2021年5月 7日 (金)

高2探究  グループ別の取り組みが進んでいます

 高2では、「探究」授業が大きく9つのグループに分かれてスタートしました。4月21日は、それぞれのテーマに関連する内容について、どのように広げ、深めていくのかを考える時間をとりました。問いの立て方へのヒントや、前提となる考え方についての講義があるなど、グループごとに多様なアプローチで内容を深め始めました。以下は各グループの内容紹介です。


▼沖縄方面

2021050701_22021050702

 沖縄という方面についてのイメージや知識を書き出し、発表してもらいました。「きれいな海」「素敵な文化(例えばエイサー、紅型、シーサーなど)」の意見もあれば「基地問題を抱え込まされている」「第二次世界大戦における沖縄戦」を述べた生徒もいました。また、沖縄の何について調べたいのかについて、意見交換してもらいました。様々なかたちで影響し合いながら、自分ならではのテーマを選ぶ第一歩となりました。

▼四万十川方面

20210507032021050704

 自己紹介から始まり、昨年度どの様なレポートに取り組み、今年はどんなことを探究していきたいかを話してもらいました。現在の自分の興味関心や調べていきたいことなどを個別に整理する時間を取りました。また、過去のFW四万十川へ行った先輩のレポートを全員で参考に読ませてもらい、今後のイメージを持つ時間になりました。

▼京都奈良方面

20210507052021050706jpg

 京都奈良チームを選んだ理由や思いを1人ずつ紹介してもらいました。その後「京都・奈良」のテーマとしてあげられそうな11のキーワードからさらにどんなことが広げられるか、少人数で話し合って考えました。自分の中の「疑問」を確認するための助走にあたる活動をしています。

▼岩手・宮城方面

20210507072021050708

「東日本大震災からの復興」というキーワードから関連事項を8つ書き出し、その8つの事項からさらに8つのキーワードを考えるという「マンダラート」を3~4人のグループに分かれて作成しました。ここで出されたキーワードを元にそれぞれ興味のあるテーマを深めていきます。

▼水俣方面

20210507092021050710

冬休みに調べたテーマと探究で取り組みたいことを1人ずつ話しながら、みんなで共有しました。先輩のレポートを見てレポートのイメージを持ち、水俣病資料館特別展の資料を見て、色々な視点があることにもふれました。次回からテーマをより絞り、章立てを広げていく材料を集めるために本を探します。

▼医療福祉

20210507112021050712

20210507132021050714_2

 医療にかかわる問題として、患者中心の医療、再生医療、脳死移植とその法律、医療事故と医療過誤、遺伝子診断と遺伝子治療、出生前診断、尊厳死と安楽死についての概要を説明した後で、自分が関心を持ったトピックごとに集まり、考えたことや感じたことを共有しています。

▼美術・アート

20210507152021050716

 絵画や彫刻といった「美術」から表現の枠組みが取り払われた「アート」への変遷をたどり、その「アート」を使って社会問題に切り込むChim↑Pom、艾未未(アイ・ウェイウェイ)、バンクシ―などの作品を見ました。

▼人権・ジェンダー

20210507172021050718 

 はじめに、一人ひとり自分が探究したいテーマについて語りました。そのあと、2019年東京大学入学式での上野千鶴子さんの祝辞から、様々なジェンダーに関する女子学生の置かれている状況についての自分の考えをまとめました。

▼教育・心理・メディア

20210507192021050720

 探究をどのように進めるのかという説明を受けた後、探究のテーマ設定への足掛かりになるヒントを、アンケートを取りながら考えました。具体例を通しながら、心理学で使われる方法論について、問いかけとその分析の方法について考える機会を持ちました。