ブログ

トップページブログ中2数学  「三角形の合同条件の導入」

« 高校3年 「大学1年生の先輩にお話を聞く会」がありました | メイン | 第1回オープンキャンパス<6月26日(土)>プログラムのご案内 »

2021年6月 3日 (木)

中2数学  「三角形の合同条件の導入」

中2の数学は、三角形の合同の単元に入りました。導入では、「2辺が5cmと4cmでその間の角が45°の三角形」と「1辺が5cmでその両端の角が30°と60°の三角形」の作図を行います。今回は定規で長さを、折り紙を利用して角度を測る展開です。折り紙で45°を作るのは簡単ですが、60°と30°を作るのはやや難しく、みんなで「60°折り」という折り方を確認しながら、体験的に三角形の合同条件を学びました。

1

2

3
早く解き終わった生徒には、「60°折り」で何故60°が作れるのか、という発展的な内容を発問しました。難しい問題にも手を動かしながら考えている生徒がたくさんいます。今回は、授業の最後に少し時間が余ったので、クラス全体で何故60°が作れるのかという理由まで確認しました。生徒とやりとりをしながら60°になる理由をクラス全体で確認できた際は、生徒から驚きの声が。授業後には別の方法を説明しに来る生徒もいました。神奈川学園の数学は講義形式の授業ももちろんありますが、その中に今回のような「体験的な活動」や「周りと相談したり協力したりする活動」も組み入れています。

4

5

6