ブログ

トップページブログ中1学年  「性と生の教育」の時間に「心地よい距離感」を考えました

« 中2総合   文化祭へ向けて動き始めています | メイン | 中1学年  学年の日に文化祭準備の活動をしました »

2021年7月 9日 (金)

中1学年  「性と生の教育」の時間に「心地よい距離感」を考えました

中学1年生の学年の日に、「心地よい距離感 ~こころの距離とからだの距離~」に取り組みました。事前にGoogle formで自分のことや、友達との関係に関わるアンケートを実施して学年全体の傾向も確認しながら進めました。

 まずは、「わたし」も「あなた」も大切な存在であることをテーマに、人との距離感についてワークシートで考えます。日常生活の様々な場面を想像しながら、友達の「からだ」や「もの」に対してどのようなこと意識する必要があるのか、みんなで考えました。お互いの考えを共有することで、他者の感じ方を想像しながら取り組むことができています。

1

2


 その後は、「わたしを伝える」という詩を朗読して、自分の気持ちを伝えることや「イヤ」と言えない気持ちも想像しました。

 次に、「断る」ということをテーマにして、ワークシートに取り組みました。学校生活における具体的な場面から、どうすれば上手く自分の気持ちを伝えることができるか考えました。

 その中で、同じ断るにしても上手な断り方としてyouメッセージではなく、Iメッセージで伝えることがポイントです。相手の行動について伝えるのではなく、自分がどう感じたのかを伝えることで、相手を責めることなく伝えることを学びました。その後、具体的な場面について、相談しながら上手い断り方を考えて、発表しました。それぞれの意見に反応しながら、お互いの持ち味を発揮した時間にもなりました。

3

4
 今日の時間を通して、お互いにより良い関係を作っていくうえでの距離感や感じ方の多様さをお互いに知ることができました。今日の学びが共通認識できたことで、これからも安心して学校生活を送ることができるきっかけになったと思います。

 自分の気持ちを伝えること。他者の感じ方を想像すること。1学期末になり、学校生活に慣れてきたからこそ、大切なことを改めて学ぶ時間になりました。

5

6