ブログ

トップページブログ中1学年  自校史を学ぶー「横浜大空襲と神奈川学園」

« 東北大学・榊浩平先生のオンライン講演会 | メイン | 中1学年  五大路子さん 朗読劇『真昼の夕焼け』鑑賞 »

2021年7月16日 (金)

中1学年  自校史を学ぶー「横浜大空襲と神奈川学園」

 中1総合学習のテーマは平和学習です。7月14日の「学年の日」は、午後に横浜大空襲をテーマにした朗読劇が実施されます。その事前学習も兼ねて、社会科担当の先生が学年全クラスをzoomでつなぎ、太平洋戦争の概略から、その当時の横浜の様子を学びました。田奈部隊のことや当時の神奈川学園における勤労動員についても学び、その後横浜大空襲ではどのような被害だったのか、焼夷弾の仕組みも学び、当時を想像しました。

2021070160120210701602

 全クラスの電子黒板に、資料を提示しながらの授業でしたが、常に問いに対するワークの時間がありました。問いに対しては、クラスを超えて指名を受けながら答えていくので、生徒たちも緊張感を持ちながら参加していました。また、生徒だけでなく担任の先生が指名されることもあり、先生の答に生徒の注目が集まる場面もありました。

20210701603_220210701604

 学校がある横浜周辺がB29の焼夷弾によって焼け野原になったこと。また、同じ学校の先輩たちが勤労動員で田奈部隊の工場で働かされていたこと。当時の場面を想像しながら、今の私たちはどうすべきなのか考える時間になりました。自校史の学びが、午後の朗読劇のイメージを膨らませことにもつながると思います。

20210716052021071606