ブログ

トップページブログ中3 理科Ⅰ  「フレミングの左手の法則」の実験をしました

« 高2英語 ハイレベルスピーキング授業の様子 | メイン | 高1FW 四万十川方面:「白書」を読み解きわかったことを友人に伝えました »

2021年7月 1日 (木)

中3 理科Ⅰ  「フレミングの左手の法則」の実験をしました

 先日の記事(磁界を観察しました)の続きです。中学3年生の理科Ⅰで学習する電磁気分野の山場の1つである「フレミングの左手の法則」の実験をしました。

 生徒たちは授業の冒頭でフレミングの法則の実験道具の操作説明を受けたのちに、各班で実験しました。事前の授業では電流の向きや磁界の向きがプリントに記載されていましたが、実験では見えません。そこで、生徒たちは班のメンバーと確認しながら、お互いに左手を出し、向きを合わせることでフレミングの左手の法則の通りになっているのか確認しました。

202107010120210701022021070103

 生徒の感想には「前回の授業だけでは理解があいまいだったことが、今日の実験で理解できました。」「授業で習ったフレミングの法則を実際にできたので良かったです。たまに、わからなくなったりするので、スムーズにできるようにしたいです。」「左右対称に揺れるのかと思っていたら、電流が受ける力の向きに揺れたので驚いた。電流の向きと磁石の向きを変えるだけで受ける力の向きが変わり、面白かった。」などの感想が見られました。生徒たちは座学で理解したつもりでも、実際に現象観察することでより正しく情報が得られることを実感できました。1学期の実験はこれで終わります。生徒たちは7月に始まる期末テストに向けて学習を頑張っています。