ブログ

トップページブログ中3理科Ⅱ  酵素カタラーゼの実験

« 高2情報  Webサイトを制作しています | メイン | 中2英語  ラウンド3周目の授業の様子 »

2021年11月30日 (火)

中3理科Ⅱ  酵素カタラーゼの実験

 中学3年生の理科Ⅱでは生物分野を学習しています。今日は肝臓に多く含まれている酵素のカタラーゼを調べる実験を行いました。カタラーゼは過酸化水素(活性酸素)の分解を促進する触媒としてのはたらきがあります。しかし、カタラーゼはpHや温度によって機能しなくなるため、4つの条件(①常温で中性、②常温で酸性、③常温でアルカリ性、④高温で中性)でカタラーゼと過酸化水素を反応させ、結果を比較しました。また、カタラーゼと同じく過酸化水素を分解する酸化マンガン(Ⅳ)を用いて、カタラーゼと同じ4つの条件で反応させ、結果を比較しました。反応させると生徒からは驚きの声があがりました。

1

2
 結果は、カタラーゼは常温で中性の条件で、過酸化水素と盛んに反応することが分かりました。また、酸化マンガン(Ⅳ)は温度もpHも関係なく反応することが分かりました。このこと結果から、生徒たちはカタラーゼには触媒として機能するためには条件があることを理解しました。

3

4
 神奈川学園の理科の授業では、実験を大切にしています。机上で学習したことを実際に確かめることにより、生徒の興味関心や確かな知識の定着を図っています。