ブログ

トップページブログ中3数学  最短ルートは石鹸膜が教えてくれる?

« 高2探究  卒業生による講演会 | メイン | 高1FW 四万十川方面:「自然との共生」を体験し、「過疎化の問題」を考える旅 »

2022年6月 8日 (水)

中3数学  最短ルートは石鹸膜が教えてくれる?

中3数学、三平方の定理の単元で、石鹸膜を使った授業を行いました。

中3は1学期前半で、中学の内容が終わります。今回は、三平方の定理の単元で最短ルートを求める課題を扱います。1つ目の課題は、3点A、B、C(A、B、Cは1辺の長さが1㎝の正三角形上の点)を結ぶ最短ルートについて考えます。最短ルートを予想する時間をとると、複数の予想が出ます。石鹸膜を利用した実験で確認すると、驚きの形に。実験の後は、三平方の定理で学習した内容をもとに、最短ルートを求め、予想との差を計算します。

1_2

2_2

2つ目の課題は、4点A、B、C、D(A、B、C、Dは1辺の長さが1㎝の正方形上の点)を結ぶ最短ルートについてです。2つ目の課題も、石鹸膜で確認すると見事に予想が外れます。予想と異なる最短ルートに驚きながらも、石鹸膜の作るきれいな世界に見入る生徒が多くいました。やや難しい学習内容でしたが、グループ学習を通して、協力しながら、多くの生徒が解答を自分で作ることができました。

3

4

数学科では単元に数回程度このような数学的活動を取り入れ、思考力・判断力・表現力を育成しています。