ブログ

トップページブログ中3数学  池の「コイ」を数えよう!

« 生徒作成ブログ第一弾!  球技大会が行われました | メイン | 卒業生ファイル 第5回 一瀬早百合さん »

2022年6月20日 (月)

中3数学  池の「コイ」を数えよう!

中3数学、標本調査の単元で、池に「コイ」が全部で何匹いるか数えよう!の授業を行いました。

 

大きな池にいる動き回るたくさんのコイを数えるのは大変です。教科書では、次のような方法が紹介されています。まず、コイを何匹か捕まえ、マークをつけて池に戻します。ある程度、時間が経ってから再び捕まえると、マークがついているコイとついていないコイがいます。この割合から、池にコイが何匹いるか推定(予想)することができます。このような方法は、標識再捕獲法と言い、高校生物の授業でも登場します。

1

2

今回は「緑色のBB弾を池にいる全部のコイ」、「オレンジ色のBB弾をマークを付けたコイ」として考えて、実験を行いました。

3

4

実際に実験をした結果、誤差が10%以内で池のコイ(緑色のBB弾の数)を推定できました。

5

現在、中3は、中学最後の単元である標本調査を終えて、高校数学の内容に入っています。数学科では、様々な体験的な授業(数学的活動)も取り入れながら、無理のない先取り学習をしています。