ブログ

クラブ・生徒会活動

2019年4月19日 (金)

《部活動》 フォークギター部

4月15日 視聴覚室で、フォークギター部の春ライブ(高校3年生引退&新入生歓迎)が行われました。

全12曲のステージでした。

1

フォークギター部は、フォークギターはもちろん、エレキギター、エレキベース、キーボードなども使って、学年を越えて一つの曲を演奏します。

パートも固定せず、一人ひとりの希望を聞いて、毎回のライブごと、曲ごとにパートも話し合って決めています。

その分、練習は大変ですが、部員全員で良いステージを作りたいという想いを共有して、ライブに臨みました。

2

3

当日は学内の生徒はもちろん、保護者や引退した先輩たちも会場に集まり、大変な盛況でした。

集まってくれたお客様とステージに立つ部員が一体となり、二度と再現できないライブを実現できた、部員一人ひとりが大きな達成感を持つことができました。

4

2019年4月18日 (木)

《部活動》 新体操部

4月5日、新体操部の放課後練習の様子です。

新体操部は、中学生10人高校生6人で活動しています。活動日は週4回です。

1

練習は、団体競技を中心に据えて行っています。

一体感のある演技の完成と、関東大会への出場を目指して練習に励んでいます。

 

文化祭では部員全員でテーマに合わせた舞台発表を行っています。

2

3

4

5

2019年4月 4日 (木)

《部活動》 社会科クラブが春合宿を行いました

4月1日、社会科クラブは新元号「令和」発表当日、時代が動いた時を肌で感じようと伊豆半島の下田に出かけました。熱海で一泊した後は神奈川県の伝統文化に触れる体験にも取り組みました。充実した合宿の様子をお届けします。

P1040223

P1040228

4月にしては肌寒い日でしたが、下田駅に降り立った途端に関所や黒船の展示物が目に入り、開国を迫られた時代の雰囲気を味わうことができました。海に近い町なのに小高い山もあり、地形の面白さも目を引きます。歴史散歩の前に海中水族館で豊かな海に生きる生きものと出会いました。

P1040250

P1040270

イルカやアザラシなどたくさんの生きものの行動を観察でき、楽しい一時を過ごしました。水族園で楽しんだ後は黒船ミュージアムを目指します。日米和親条約の詳細を決める際、ペリー提督と江戸幕府の代表が話し合いを持った場として知られているのが了仙寺で、黒船ミュージアムは了仙寺境内に隣接していました。ペリーの肖像画をはじめとして黒船や開国にちなんだ資料も多く展示されています。周辺の街並みも風情があり、歩くだけでも楽しめました。

P1040273

P1040276

熱海に泊まり、そこから小田原に移動して体験をします。最初の体験は小田原名物蒲鉾作りです。風祭駅から直結した蒲鉾店の規模の大きさに驚きながらも伝統の食品作りにチャレンジしました。

P1040293

P1040295

包丁を器用に動かしながら、魚のすり身を伸ばして気泡を抜いていきます。だんだん滑らかになる感触に、夢中になって作業をしました。板にすり身を蒲鉾型に盛り付けた後は竹にすり身を巻き付けて竹輪を作ります。上手にできて笑顔になった生徒たちでした。

P1040325

P1040326

風祭駅から一駅移動して寄せ木細工のコースター作りの体験をしました。パーツを並べて自分が気に入った模様を組み、丁寧にボンドを塗って固定します。凸凹した表面を紙ヤスリで削り、表面を滑らかにしました。その後に蜜蝋を塗って光沢を出します。丁寧に、黙々と作業を進めていきます。

P1040337

P1040341

鮮やかな模様のコースターが出来上がり、大満足でした。机上の調べものだけでなく、実際に体験することで伝統工芸の魅力を感じることができました。少人数でも和気あいあいとした雰囲気での合宿となり、新年度の活動内容のイメージもできつつあります。社会科的な要素だけでなく、文化や時事問題などにも関心を広げながら活動していく予定です。

P1040353

P1040354

《部活動》 コーラス部

1

コーラス部は、毎年春に開催する定期演奏会に向け、春休み中に合宿へ出かけます。コーチやピアニストの方にも来ていただき、合唱、お芝居、ダンスに明け暮れる、千葉県南房総市での3泊4日の合宿です。
今年も、4月7日(日)に開催する定期演奏会に向け、本番直前の緊張感はありながらも、部員ひとりひとりが自分の課題と向き合い、また、部員同士励ましあいながら、とても充実した練習をすることが出来ました。

2

練習の合間に、部員全員で近くの海岸までお散歩へ。お天気もよくとても気持ちのいいお散歩でした。
学校から離れ、学年を越えた交流がいつも以上にできることも、この合宿の魅力のひとつです。

 

さて、4月7日(日)の定期演奏会は、京浜急行「汐入駅」駅前の、よこすか芸術劇場で開催します。
1800席というとても立派なホールで、この一年の活動の成果を発表します。
透明感のある声の魅力を味わっていただきたい宗教曲や、OGも参加する迫力のある合唱曲、そしてミュージカル「クレイジー・フォー・ユー」をお届けします。昨年度文化祭では記念ホールが超満員、コーラス部が初挑戦したラブコメディーに、会場はお客様の笑い声と大きな拍手に包まれました。定期演奏会では、新たな脚本・キャストでよりパワフルに、笑いと感動をお届けします!お誘いあわせの上、ぜひお出かけください!

3

4

2019年2月16日 (土)

生徒総会・来年度生徒会役員選挙

2月14日に生徒総会と、来年度生徒会役員選挙が行われました。

1

2018年度生徒会大目標 「自分たちの生活は自分たちで考え変えていこう!!」

小目標 1.「縦とつながる」取り組みを日常生活から実現しよう

    2.携帯3原則の見直し

    3.昨年度課題の実現と実行

       ①コピー機の導入

       ②中学自習室の実現

       ③要望書の実行

生徒総会では、特に小目標2.について、『携帯3原則』(出さない・使わない・電源を切る)をめぐって議論がされました。『携帯3原則』は、携帯電話が普及し始めたころに、先輩たちが話し合って決めた校内のルールです。「校内では、目の前にいる人との関係を大事にしよう」という考え方です。前期の生徒総会で、「時代に合ったルールの見直しをしたい」という意見があり、代議員会で継続して話し合ってきました。

 

総会では、ルールが守れない人がいる現状について、その背景を考えて、「自分の意見を素直に言えたり、働きかけあったり、みんなで共通の認識を作るためにはどうしたらよいのか」という難しい問いを立てて、意見が交わされ、認識が深まりました。

2

生徒総会後、来年度の生徒会役員選挙が行われました。

中学執行部(定数4)・会計(定数2)・書記(定数2)・副会長(定数2)・会長(定数1)を選挙で選びました。特に、中学執行部は定数4のところに、9人が立候補する激戦でした。

3

4

5

6

7

8

9

10

11

立会演説会では、それぞれの候補が、自分の目指す学校像や来年度取り組みたい課題について、演説しました。

中学執行部には、「誰でも居場所のある学校」「あいさつがしっかりできる学校」「行くのが楽しくなる学校」などを語った人たちが当選しました。「縦につながる」活動(学年を越えた交流)をよいものとして、もっと取り組みたいと言う声が、中学生に多かったことが印象的でした。

高校生の多くが、「携帯3原則」を取り組むべき課題として挙げていました。学校を「一人ひとりが自分の意志を持って、伝えあい共有できるような関係性を持てる場に」と語っていました。

来年度執行部の活躍が楽しみです。

2019年1月25日 (金)

《部活動》 書道部

書道部が、「みなとみらい線開通15周年記念イベント」で、書道パフォーマンスを行いました。

1

記念イベントは、みなとみらい駅の広場「みらいチューブ」で開催されており、書道部は、1月20日のイベント初日に部員11名で参加しました。

2

幅5メートルの紙に、「線路は続くよどこまでも」の歌にみなとみらい線の駅名を当てはめた作品や、「志氣」の文字を配した作品など、9月の文化祭の2日間で行った発表以上にたくさんの作品を披露して、大きな歓声を浴びました。

3

4

1月21日の朝日新聞に『書道部員の大作に歓声 MM線記念イベント』という記事が、写真と共に大きく掲載されました。

2018年12月22日 (土)

《部活動》 生物部

生物部は小網代ジュニア調査隊に11月18日と12月16日参加しました。

バス停引橋で降りて水道局の前で説明を受け、その後一般のボランティアウォークに参加された方たちと合流して、ポイントごとにガイドの皆さんから説明を受けつつ、干潟まで下ります。その後11月は榎テラスの周辺の植物調査をしました。12月は「小網代の海と森のセミナー」に参加しました。

(12月の生徒の感想)

 今回は、前半は前回と同じように引橋からえのきテラスまで山を下りていって、そこに着いたらシーボニアで先生達が集まってセミナーをしました。

 まずは、前半の小網代の森の中を散歩をしながら環境や植物を観察するのをやりました。これは前回の活動と同じように進めていきました。ただ、一つだけ違うところがありました。もちろん、散歩をしながら森の説明をしてくれる人は違いますが、もっと大きな変化がありました。それは、植物の環境の変化やそこに生えてくる植物の変化です。柳瀬先生も言っていましたが、森のなかに生えている木の種類によってそこの近くに生えてくる植物も違ってきます。葉っぱが多く茂っている木(シロダモやマテバシイ)の下には日光に当たっていないと育たない植物(笹)は全く生えていませんでした。ですが、葉っぱが少なく茂っている木(コナラ)の下には日光がでているので、笹などは多く生えてきます。その現象を現地でわかりやすく見れたので、少し嬉しかったです。

 後半は前回とはちがって、岸先生などの大学教授の凄い人達がセミナーを開いてくれました。私たちももちろん参加しました。

 まず最初は、先生達の紹介と今から何を教えてくれるかなどを紹介してくれました。そこで、私は今この場でしゃべっている人達は凄いことを成し遂げた人達なんだ、とわかりました。

その次に、この小網代は上から見たらどういう風になっているのかやどういう生き物がいるのかなどを紹介してくれました。写真付きで紹介してくれたので、とてもわかりやすかったです。

その次は、色々な生物の写真が雪崩のようにバンバンでてきました。しかも、それは全て小網代でとれた生き物でした。大体100種類以上紹介されました。私もさすがに驚きました。

次は、生物を次々と紹介していくだけではなく、その生物の系統などを私でもわかるように説明してくれました。その中には、今回の試験範囲に入っていたものもあるし、全く見たことも聞いたこともない単語もありました。

 今回の小網代の調査は、森の観察は前回同様とても楽しかったです。環境の変化はテレビとかでしか見たことが無く、実際に見れてとてもうれしかったです。

セミナーは、説明も分かりやすかったし、何よりも、自分がまだまだ生物のことを深く知れていないのがわかりました。もっと生物のことを知りたいなと思いました。また参加してみたいです。(中1 U.S.)

1_2

一般のボランティアの人たちと岸先生からの説明を受ける(水道局前)

2

柳瀬先生からガイドしてもらう(アスカイノデの谷)

3

ヤナギテラスで説明を受ける

2018年12月19日 (水)

《部活動》 筝曲部 第21回高等学校日本音楽発表会(神奈川県大会) 第4位入賞 全国大会へ‼

筝曲部は、12月16日(日)に川崎市幸市民館で開催された「日本音楽発表会 日本の楽器・日本の歌(県大会)」で、第4位に入賞しました。演目は『砧三章』(沢井忠夫 作曲)で、練習の成果を発揮して息の合った迫力のある演奏を披露しました。

今年度(2018年度 長野大会)に続き、来年度も全国高等学校総合文化祭(2019年度 佐賀大会)に出場することが決定しました。

 

筝曲部は創部50年以上を遡る、長い歴史を持つ部活動です。現在の部員数は高校生10名、中学生16名の計26名です。活動は週3回、放課後の練習に励んでいます。生田流からコーチを迎えてご指導いただいています。

1_3

2018年12月 1日 (土)

《部活動》 バレーボール部

2018年11月23日(金)3位の表彰式の模様です。

いよいよ、新チームでの新人戦に向けての戦いが始まりました。その初戦の横浜地区秋季大会において準決勝まで勝ち進み3位となりました。1月の新人戦ではシードを確保しました。

日頃、中高が一つのコートで共に汗を流し、練習試合や大会へは中高分かれて活動しています。平日は月、火、金の3日、週末は大会のある無しで変わりますが、他校との交流も盛んで、合宿は群馬県前橋市にて8月に実施しています。

Photo

2018年11月15日 (木)

《部活動》 第53回バトントワーリング関東大会 金賞受賞  全国大会へ‼

53回バトントワーリング関東大会 金賞受賞 

全国大会へ‼

1_7

2_2

バトントワリング部は、11月10日に行われた関東大会で、金賞を受賞しました。12月8日に幕張メッセで行われる全国大会出場への「推薦状」をいただきました。

関東大会の直前は、高校1年生のフィールドワーク研修旅行、高校2年生の学習合宿があって、大会当日の朝練習のみで、大会に臨みました。練習不足が心配されましたが、日ごろの丁寧なトレーニングや、一人一人の意識の高さが美しい演技を支える力になりました。豊かな表現力が、高く評価されました。

3

部員は66人、週4回シュガーホールで活動しています。バトンレッスンは田澤幸枝コーチに月3‐4回、バレエレッスンは高谷楓コーチに月1回のペースで、ご指導いただいています。