ブログ

国際交流

2018年3月10日 (土)

《中学3年》 海外研修3月9日 オーストラリア

MF校は、朝は学校に集合し、まずはImmanuel Gardens Aged Careへ。「ふるさと」「WatzingMatilda」「となりのトトロ」の歌を歌い、特に「Waltzing Matilda」は好評でした。歌のあとは折り紙や習字を使っての交流をしました。新聞紙で作った兜など折り紙を渡すと喜んでいただけました。そこでモーニングティーもいただき、Wildlife HQ Zooへ。園に入ると、エミュー、カンガルー、ワラビーなどの動物たちが動き回っていて自由に触ることができます。またコアラや大きな蛇を抱いて写真を撮ることもでき、生徒たちもみな喜んでいました。明日の出発は午前6時前ということで、MF校ともお別れです。名残を惜しむように学校の写真を撮っていたのが印象的でした。今夜はホストファミリーと過ごす最後の夜です。思い出深い1日となるといいですね。

P3090351

P3090397

P3090487

LHC校では、1・2時間目は、ELSの授業に、楽しみにしていた「ユニフォームショップ」での買い物と校内ツアーが含まれていました。ユニフォームショップでは、制服から体育着、校章入りの様々なグッズなどが販売されています。神奈川学園の生徒たちには、スクールカラー紫のサブバッグ、校章、ヘアリボンなどが人気でした。校内ツアーではカトリックの学校らしい宗教色の見られる施設や、左の写真にあるアボリジナルアートの待ち合わせスポットなどを見学して回りました。3・4時間目はバディの授業に参加し、5時間目のELSでは研修全体の感想を英作文して研修のまとめを行いました。6・7時間目にはフェアウェルパーティーに備えて、スピーチや歌の練習に励みました。18時にファミリーとともに学校に再集合し、私たちのためにフェアウェルパーティを開いていただきました。隊長による感謝のスピーチに始まり、修了書の授与、パワーポイントを使った学校や日本文化の紹介、歌の披露と続きました。その後はピザと飲み物をいただきながら、折り紙やお習字で最後の家族団らんを楽しみました。各ファミリーの温かい雰囲気が伝わっている時間でした。

P1010765

P1010880

P1010924

LRT校は、今日の1、2時間目は最後のESLの授業。過去形を使った表現や、色々な人の顔が描かれたイラストを見ながら髪型や髭などの特徴を伝える練習をしました。最後は終了証をもらい達成感でいっぱいです。3時間目は8年生のクラスで来週ある日本語のスピーキングテストの勉強をお手伝い。かわいいThank youカードも頂きました。 午後はクッキング。オーストラリアで有名な「パブロバ」という、メレンゲの上にクリームとフルーツがのったケーキを作りました。日頃の調理実習で慣れている生徒は手際良く作業を進め、フルーツもかわいらしくトッピングできました。 今日は最後の日ということで朝から涙目になっている生徒がちらほら……

ホストファミリーと最後の夜、素敵な時間を過ごせていますように。

Img_5995

Img_6015

Img_6036

ORM校では、10年生~12年生の集会に出席しました。およそ400人の生徒さんを前に、神奈川学園と横浜紹介のプレゼンテーションを行いました!堂々と英語で話すことができました!ランチタイムには、バディと一緒にさよならパーティをしました。みんなで一緒にランチを楽しんだ後、ORM校が用意してくださった記念のケーキを食べました!とても甘くて美味しかったです!1週間ORM校で学んだみなさんは、修了証書を受け取りました。学びの証をもらって、誇らしげなみなさんですね!今日はホストファミリーとの最後の夜です。楽しんで過ごしてほしいと思います。

Photo

Photo_2

Photo_3

 

AUSのホームステイは本日で終わりです。最初緊張しながら始まったホームステイでしたが、ファミリーや交流校の温かさに支えられながら、とても充実した日々が過ごせました。生徒たちは「帰りたくない」「AUSに置いて行ってください」と口々に言っていますが、全員無事に明日連れて帰ります!ひとまわり成長した姿を楽しみに待っていてください。

2018年3月 9日 (金)

《中学3年》 海外研修3月8日 オーストラリア

AUSの生活も5日目となりました。本日は雨が降ったり、晴れたり…少しずつ夏から秋に移行していくのを感じます。残り少ないAUSでの生活を、生徒達は名残惜しく思っているようです。

ORM校では、8年生の日本語の授業で、「あっちむいてほい」と日本語の早口言葉をしました。ORMの生徒さんは日本語を、神奈川学園の生徒は英語を使うことのできる有意義な時間でした!また、昨日ペインティングを仕上げたブーメランが乾きました!自分たちでアボリジニアートを施したブーメランを持って、嬉しそうです。素敵なデザインですね!午後はバディと一緒に現地の授業に参加しました!オーストラリアの学校のリアルな授業を体験することができました。ORMの生徒の一員になったような気分だったのではないでしょうか。

Photo

Photo_2

Photo_3

MF校では、明日は1日外に出てしまうので、今日が学校生活最終日でした。午前中はcookingのクラスで、クッキーとソーセージパイを作りました。無事に料理を完成させ、日々食べすぎだといいながらもみなおいしそうに出来た料理を食べていました。残りのESLクラスではお世話になったホストファミリーへのthank you cardを書きました。それぞれ文章を考え、先生に添削してもらいつつ感謝の気持ちをつづりました。夕方からはFAREWELL PARTYです。折り紙、習字のブースを作ってホストファミリーをお迎えし、日本文化のレクチャーをしながら交流を深めました。Partyでは1人1人校長先生から修了証を手渡していただき、お礼にパワーポイントのプレゼンと歌を歌いました。ホストファミリーも喜んでくださり、とても温かい会になりました。

P3080150

P3080191

P3080292

LHC校では、1時間目にESLの授業を受けた後、バスで福祉施設を訪問しました。はじめにご挨拶のスピーチをさせていただいた後、歌を2曲披露しました。「ふるさと」は故郷の懐かし記憶を思い起こさせるメロディーを美しく歌い上げることができました。「Waltzing Matilda」は日本語と英語で歌いましたが、英語のときには口ずさんでくださる方もいらして、会場が温かい雰囲気に包まれました。コーディネーターの先生から、「すばらしい交流だった」と大変ほめていただきました。4時間目は、日本語クラスの10年生と交流しました。1対1で神奈川学園の生徒が、LHCの生徒さんから日本語で質問されて答えるインタビュータイムがありました。一生懸命に日本語を話すLHCの生徒さんを、神奈川学園の生徒が優しくサポートする場面が見られました。その後は、けん玉や福笑いを楽しみました。すると、神奈川学園の生徒の中に「けん玉少女」がいることがわかり、最後に全員の前で「もしもしカメよカメさんよ」のリズムに合わせて素晴らしい技を全員の前で披露し教室が盛り上がりました。

P1010638

P1010723

Img_1275

LRT校では 、ESLの授業で、アルファベットが書かれたカードを組み合わせて単語を作るゲームをしました。今まで受けた授業を思い出してたくさんの単語を作ることが出来ました。発音の練習や冠詞の勉強もしました。
お昼はLRT校の生徒さんたちが準備してくれた食事を楽しみました。なんと、ちょうど今日誕生日を迎えた生徒のためにサプライズでバースデーケーキが登場!日本では見かけない鮮やかな色合いのケーキに生徒たちは大興奮でした。
最後はアボリジナルアートの授業。点描画の見本を真似しながら、綿棒を使って好きな色を重ねていきます。個性的なカンガルーや魚などの作品が仕上がりました。

Img_5890

Img_5906

Img_5958

《中学3年》 海外研修3月8日 ニュージーランド南島隊

今日は南島から北島のオークランドへの移動から始まりました。国内線の飛行機がやや出発が遅れたため、若干ですが午後のプログラムに影響がありました。オークランド到着後にオークランド博物館へ行きました。ギリシャ建築風の建物のなかに、数多くの展示物が並び、短時間ではとても見切れないところですが、なんとか急ぎ足で回りました。マオリ文化、自然科学、戦争の展示物が充実しており、生徒は英語の説明を頑張って読み解いていました。

Img_6828

P3081564

P3081569

P3081573

その後、お土産屋に向かうためにオークランドの中心地に移動して少し歩きました。同じNZでも南島と雰囲気は違っていて、大きなビルが多いと感じました。ここで北島隊と出会うことができ、久々の友人の顔を見て再会を喜んでいました。

P3081593

P3081596

研修のまとめとしてオークランド在住の小林一紀さんの講演会を聞きました。自分が見つけたNZはどんなものだったかということを考えるところから始まり、今回の旅で得た多くの発見を人生に見立てていきました。NZでは生徒と同じくらいの年の頃から進路や職業を意識していくそうです。どんな風が吹いていても、自分の進路は自分の心次第で変えられる・・・そんなメッセージをいただきました。これから数々の選択をしていく生徒にとって、とても具体的で建設的なアドバイスになったことと思います。

P3081622

P3081650_2

以上で海外研修NZ南島からの報告を終了いたします。この1週間の研修で、生徒は大きく成長しました。英語に対する自信、マオリの人々を通しての異文化理解、氷河や天文などの自然環境学習など、NZでしかできないことを含めて、この得られた経験を大切にしていって欲しいと思います。

 

《中学3年》 海外研修3月8日 ニュージーランド北島隊 オークランド博物館、オークランド大学、小林一紀さんの講演会

本日は現地で見学する最終日でした。午前中にはオークランド博物館へ行きました。まず初めに一通りガイドをしていただいてから、そのあとで各自興味のあるところを見て回りました。戦争記念博物館ということで、中には「ゼロ戦」の機体が完全体で展示されていたり、これまでに学んだマオリの文化やニュージーランドの自然などについての興味深いものが多く、1時間30分の見学時間を取ってもまだまだ時間が欲しくなるほど、生徒たちは集中して見学していました。

P1020184

Img_1783

P1020203

P1020220

お昼にはオークランド大学へと行き、現地の大学生たちとともにランチを食べました。大学にはたくさんのカフェがあり、自分で注文して自分で席を確保して食事をしました。大学というものに初めて入る生徒もおり、休み時間の大学生の様子を近くで見たり、注文したピザが大きいサイズで驚いたりと、このような機会は新鮮な体験だったようです。

Img_1877

P3081010

P3081016

そのあとはお買い物タイムでした。英語でのお買い物にすっかり慣れた生徒たちはお土産屋さんで買うべきか、お菓子はスーパーの方が安いか…など作戦を立てながら、貴重なお小遣いを使っていました。

Dsc04443

P3081029

お土産を買ったら、南島隊と合流です。16時から、日本からニュージーランドに5年前に移住して生活している小林一紀さんから講演をしていただきました。講演の冒頭で神奈川学園の生徒から、この1年間学んできた多文化共生についてどんなことを学んできたのかを発表させていただきました。5月に行った横浜探検でより詳しく自分たちの地元を知ったことや、11月に行った1日研修で同年代の華僑と語りあった体験や、イスラームの文化を学んだことなどを発表させていただきながら、生徒たちは振り返っていました。そのあとの小林さんの講演も「マルチカルチャーの国ニュージーランド」という内容で、生徒たちを巻き込みながら、とても分かりやすく、これまでの研修の内容がより深まっていくようなお話をしていただき、生徒たちも1時間真剣に聴いて、さらにたくさん質問があがり、それにも丁寧に答えていただきました。

Img_1924

P1020300

この研修での学習の最後を締めくくるにふさわしいとても素敵な講演でした。ありがとうございました。

そしてこの研修も終わりが近づいております。明日は朝7時にホテルを出発して、午前の便に乗る予定です。このブログをご覧になっていただいている保護者のみなさま、どうぞ帰国をいましばらくお待ちください。なお、このブログの更新は本日が最後になります。あとはお嬢様の土産話を楽しみにしていてください。

2018年3月 8日 (木)

《中学3年》 海外研修3月7日 オーストラリア

4日目を迎え、日々コミュニケーションが取れていって、AUSの生活に馴染んでいる様子が伝わります。この頃のダイアリーは「まだ帰りたくない」という文言が増えてきました。充実している証拠だなと思いました。各校の様子です。

 

LRT校は英語のレッスンで、プリントに書かれた英単語の意味を教室に貼られたプリントから探すゲームをしました。2チームに分かれて行ったゲームでは、正しい答えを走って選ぶため、激しい戦いが繰り広げられました。3時間目からは現地校の生徒たちとの授業です。7年生のクラスは日本語を習い始めたばかりなので一緒にひらがなダンスを行いました。10年生、11年生の生徒たちには、学校や横浜についてのプレゼンを行い、円になって自己紹介をしました。最後の12年生のクラスでは生徒たちが現地校の生徒に日本語を教えてあげました。日本語を英語で教える難しさを感じながらも、関連する単語を言ったりジェスチャーで乗り切りました。

Img_5794

Img_5836

Img_5875

ORM校は沢山の学年と交流しました。11年生は、日本語の授業の試験をひかえているとのことで、神奈川学園の生徒に日本語でいろいろな質問をしていました。生徒達は、英語で様々な質問をしていました!10年生とは、ゲーム形式でたくさん英語を使いました!バディ以外の生徒さんともコミュニケーションをとることができました。5年生とは歌を披露し、折り紙で交流をしました。とても楽しい交流でした。午後は福祉施設に訪問しました。高齢者の方々にオリジナルアルバムをお見せしたり、一緒におりがみをしたりと、とても優しく穏やかな時間を過ごしました。最後にオーストラリアの歌である「ウォルチング・マチルダ」と日本の「ふるさと」を斉唱しました。

10

11

Photo

MF校は、今日は中学校の集会に呼ばれ、そこで日本紹介のパワーポイントによるプレゼン、「Waltzing Matilda」「となりのトトロ」の歌を歌いました。「トトロ」は生徒たちが考え、みんなで動きを合わせ手拍子を入れて、現地校の生徒たちもそれに応えてくれていました。午後は外でアボリジニ文化体験の予定でしたが、室内でのプログラムに変更。ブーメランや自分の顔にアボリジニアートを施したり、紙製の簡易ブーメランを飛ばしたり、デジュリデュの演奏を聴いたりしました。

体調を崩す人もなく、もうこのまま日本に帰らない!という人もいて、みんなホームステイ生活を楽しんでいます。

P3070045

P3070096

P3070121

LHC校は、1時間目と2時間目は、ESLの授業でした。今日は、前回の授業で宿題になっていた「ホストマザーとファザーの出身地」の報告から始まりました。ブリスベンという方もたくさんいらしたのですが、ブリスベンのあるクィーンズランド州の様々な地域だけでなく、コロンビアやイタリアという方もいらして多民族国家のオーストラリアの姿が伝わってきました。2時間目に12年生の日本語クラスを訪問しました。初めに、LHCの生徒と神奈川学園の生徒の共通点を見つけるために、お互いに自己紹介やインタビューをしました。その後は、「カップ・ソング」を英語と日本語で練習し、カップを使ったパフォーマンスもつけて歌を披露しました。午後はクッキングの授業です。メニューは「Chocolate Balls」と「ANZAC Biscuits」。もちろん作り方の説明は英語で苦労しましたが、調理器具が日本のものと違うのも新鮮でした。これこそオーストラリアの味というとっても甘いお菓子を楽しみました。

P1010498

P1010551

P1010610

《中学3年》 海外研修3月7日 ニュージーランド南島隊

テカポ湖で星空を堪能した南島隊はNZ最高峰のアオラキ/マウント・クックへ向かいました。アオラキはマオリ語でマウント・クックを指します。年間降水量が4,000mmと、1年の多くが雨となる場所ですが、大変良い天気に恵まれ、気持ちの良いトレッキングをすることができました。

Img_6750

Img_6718

P3071422

Img_6777

トレッキングは4時間で、吊り橋を2つ渡った先の折り返し地点でランチボックスをいただきました。マウント・クックは「恥ずかしがり屋」との異名を持ち、なかなか姿を見せないことで有名だそうで、途中から雲が出て来て、絶景ポイントでマウント・クックを撮影することはできませんでした。しかし、日本ではほとんど見られない氷河や氷河地形を見て、雄大な自然を満喫してきました。また、バスからはニュージーランドならではの景色が見られ、生徒はたくさん写真を撮っていました。

 

その後、5時間かけてクライストチャーチの街まで戻ってきました。明日は南島とはお別れして北島のオークランドへ移動し、北島隊との合同で講演会を聞く予定となっています。

Img_6811

P3071405_2

P3071413

《中学3年》 海外研修3月7日 ニュージーランド北島隊 ロトルアにてキウイバードとの出会い、テプイア~オークランドに帰ってきました。

NZ滞在5日目である本日は、午前中にレインボースプリングスへと行き、待望のキウイバードとの対面を果たしました。お土産屋さんではその可愛さにやられたのか、お土産にキウイバードのぬいぐるみを購入する人も多かったですね。また、レインボートラウト、恐竜の生き残りとも言われているトゥアタラなども観察しました。

P1020074
1

P1020061

その後、マオリ語で間欠泉という意味の「Te Puia(テプイア)」へと。まずは、マオリの文化を残すための工芸学校と、マオリのかつての暮らしを再現したマオリ村を見学しました。そしていよいよ間欠泉へと。1時間毎に噴き上がるのでタイミングが合うと良いな…と思っていると、見事に上がっているときに立ち会えました!一番勢い良く噴き出ているときは「ポフツ(爆発)間欠泉」という名にふさわしく、ものすごい迫力でした。

Img_1580

2

そしてマオリショーです。ポーフィリ(歓迎の儀式)を終えてからマラエ(集会所)の中に入ってマオリショーを鑑賞しました。学校交流の際に現地校のマオリクラスの学生たちに披露してもらったハカや、一緒に遊んだマオリの棒を使った遊びがショーの中でも出てきました。最後にポイを使った踊りをみんなでステージに上がり体験させてもらいました。

P1020141

3

Img_1684

最後にショーンさんからの講演です。マオリ文化の保全と発展にご尽力されている方で、これまでにも神奈川学園のニュージーランド研修でお世話になってきました。マオリとしての自分のルーツを考える旅の話や、ハカについての生徒からの質問に答えていただいて、マオリ文化への理解が日に日に深まっていくことを感じる研修となっています。

P3070896

明日はオークランド市内の博物館、大学、そして街中を散策する予定です。

2018年3月 7日 (水)

《中学3年》 海外研修3月6日 オーストラリア

AUS4日目です。本日ブリスベンは雨。昨日までの暑さは少し和らいでいます。各校の様子です。

LHC校は、午前中は小学校を訪問しました。日本語クラスにお邪魔し、5年生、6年生とひなまつりの折り紙をして交流しました。また、3年生以上の子供たちと校庭でモーニングティーも一緒に楽しみました。その後、6年生の代表が校内ガイドツアーをしてくださり、日本とは異なる小学校の様子を興味深く見学することができました。お世話になった先生との集合写真です。また午後はアートの時間でアボリジナルアートをしました。途中、LHCの校長先生が見学に来てくださいました!どれも素敵な作品ができました!

P1010461

P1010470

P1010475

LRT校は、小学校訪問で4年生、6年生のクラスにお邪魔しました。AUSでも「となりのトトロ」は有名で、歌を披露したらとても喜んでくれました。日本文化についてのプレゼンも行いました。歌舞伎に興味津々で、小学生からの積極的な質問に丁寧に答えることが出来ていました。折り紙も大好評で一緒に作った作品は小学校に飾って頂けるようです。午後は日本語クラスの生徒と日本語で自己紹介をし合ったり、「ひらがなカルタ」をして交流を深めました。

Y8

Y9

Photo

ORM校は、美術の先生にアボリジニペインティングについて教わりました。その後、実際に各自でストーリーを考え、ブーメランにペインティングを始めました。明日完成させるのが楽しみです!日本語の授業をとっている9年生の生徒のみなさんに、横浜と日本文化についてのプレゼンテーションを英語で行いました。一生懸命さが伝わったようで、とても真剣に聞いてくれました!また、授業で折り紙を一緒にしました。海外研修前の練習の成果を生かせた人たちもたくさんいました。折り紙を通して、たくさんコミュニケーションをとることができました。

Photo_2

Photo_3

Photo_4

MF校は、まずESLの授業ではゲームもまじえたレッスンが行われ、みな積極的に発言できています。ESLの先生にも「すばらしい生徒たち」と反応の良さをほめられています。午後はprimary schoolにおじゃまし、折り紙や習字などのレクチャーをしたり、休み時間にはケン玉を一緒にしたりして交流しました。とても楽しい時間を過ごせました。

P3060014

P3060080

P3060086

《中学3年》 海外研修3月6日 ニュージーランド南島隊

NZ南島は6日の朝にホームステイが終了しました。各家庭から集まって来た生徒は、ホストファミリーとの別れを惜しみながらの出発になりました。3日間のホームステイでしたが、それぞれに実りあるものになっていたと思います。

P3061181

P3061185

今日からは海外研修後半です。クライストチャーチは東日本大震災のほんの少し前になる2011年2月22日に大きな地震に見舞われ、日本人28名を含む185名の方が亡くなりました。街のシンボルであった大聖堂は現在も崩壊したままとなっており、改修には10年以上かかると言われています。しかし、日本人の建築家である坂茂氏は大聖堂の代わりに仮設として紙でできたカテドラルを建築し、市民の憩いの場となっています。小雨の降る中でしたが、復興とは何かを考える場面となりました。

P3061205

P3061196

P3061223

P3061238

クライストチャーチを後にし、星空がきれいなテカポ湖を目指しました。しかし、途中かなりの雨に降られ、テカポ到着での記念撮影も雨の中となってしまいました。生徒も星空が見られるか、とても気にしていましたが、夕食を食べたあたりから徐々に天気が回復し、星空ツアーではかなりきれいな星空を見ることができました。星座のレクチャーを受け、南十字星やマゼラン大星雲など、日本では見られない星々を見て、大きな感動をもらいました。天の川や流れ星を初めて見た生徒もおり、「寒いけど帰りたくない」と口々に話していました。写真は南十字星です。(中央上)

P3061282

P3061294

P3061333

《中学3年》 海外研修3月6日 ニュージーランド北島隊 ホストファミリーとの別れ・・・そしてロトルアへと。

月曜の朝7:45に学校に集合して、そこでホストファミリーとの別れです。短い期間でしたが、本当にファミリーに大事にしてもらいました。3日間のステイでしたが、別れ際には寂しそうな表情を浮かべて、でも笑顔でお別れができました。

P1020037

P1020039

P3060640

P1020041

今日はバスでロトルアへと向かいます。途中で食べるお昼はステーキ!

P1020043

そのあとでいよいよワイトモ洞窟へ。残念ながら撮影禁止なので中の写真はお見せできませんが、鍾乳洞の洞窟の天井で光る土ボタルは想像以上に綺麗でした。

P3060667

P1020052

ロトルアは北島の中でも有数の火山地帯なので、温泉も湧いています。そしてバスを降り道の排水溝からも硫黄の香りがしました。

Dsc04289

ホテルに着く前にガバメントガーデンで全員の集合写真。みんな無事です。

P1020054

そして最後にホテルで…ニュージーランドでは戸籍制ではないので、人口統計を把握するために、数年に一回国勢調査が行われます。そして、今日はなんとその日に大当たり。外国人旅行者として私たちも参加しました。

P3060707

バス移動の多い1日でしたが、久しぶりに友人と食べる夕飯などで安心した表情を浮かべる生徒が多かったです。明日からも集団行動が続きます、頑張りましょう。