ブログ

授業・進路

2019年11月16日 (土)

《中学2年》 総合 今井千尋さん講演会

11月8日学年の日、中学2年では、12月に予定している職場体験に向けて午前中は今井千尋さんのお話をうかがい、午後はグループそれぞれの職場体験準備をしました。

 今井さんは、ディズニーリゾート、USJでの人材育成・開発担当ののち、現在は株式会社ワンダーイマジニア代表取締役として、講演や研修をなさっています。神奈川学園では、3年前に文化祭で「性格」というテーマの展示を行った高校生が、事前学習でお話をうかがっています。今回は、中学生に向けた講演をお願いしました。

1_2

今井さんは、子どものころディズニーランドのジャングルクルーズの船長にあこがれて、その夢を実現しました。中高時代は野球に熱中して全力を注ぎ、苦しい練習の中でキャプテンとして頑張った経験が自信になったそうです。「人のことを考える力、人を笑顔にする力ならほんの少しだけ他の人より身につけてきたという自信」と今井さんはおっしゃっていました。

2_2

講演は、ディズニーランドの研修と同じ、オムニバス形式で始まりました。

途中に動画やディズニースマイルのトレーニング「笑顔練習ゲーム」などを交えながら、笑顔としみじみとした感動もある講演で、あっという間の一時間半でした。

3

「大切なことは大切なことを大切にすること」「感謝の意味を知ってすべてのことが当たり前でないことを知る」など、キーワードの意味をそれぞれの日常から考えることができました。

 

 午後は、MMC教室でそれぞれの職場体験の訪問先について調べました。

4_2

 ≪講演会の生徒感想から≫

私は今まで、将来の夢や目標がありませんでした。でも、今日の今井さんのお話を聞いて、人を喜ばせる、人のために何かができることってとても素敵なことなんだなと思いました。

・・・ディズニーのキャストさんが笑っているのは当たり前、家でも親が私のご飯を用意するのは当たり前、私が学校に行くのも当たり前、日々変わらないことのありがたさに気づけず、マンネリ化して、いつの間にか「これはこうあるのが当たり前だ」と決めつけていたことに、自分自身驚きました。私は、小さいころ家で家族と一緒にご飯を食べたり、晴れている日に外に出て遊んだりしていると、時々「私ってすごく幸せだな」と思っていました。今は何をしてもそれが普通の日常だ、別に変わったことはないと感じてしまいます。年を重ねていくとその物事に新鮮さを感じなくなるからだと思います。でも、今日の講演を聞いて、その一つ一つのことは奇跡の連続によって成り立っていて本当にすごいことなんだと考えさせられました。これからは自分の身の回りの人や物事すべてに感謝の気持ちを持って生活していきたいと思います。・・・そして、他を圧倒するくらい本気で物事に取り組んで、周りの人々によい影響を与えることができる人になりたいです。

2019年11月 1日 (金)

《高校1年》 総合 石山春平さん講演会

高校1年社会科では、「ハンセン病」について学んでいます。

 10月29日、高校1年生の総合の時間に、シュガーホールにハンセン病回復者の石山春平さんをお招きして、お話をうかがいました。事前にお渡しした生徒からの質問のいくつかに答える形で、お話をして下さいました。

1

 石山さんは、1936年(昭和11年)生まれで、現在83歳です。

小学校6年生で、ハンセン病と診断された時のことから話してくださいました。夏休み明けに登校した石山さんは、担任に「汚い病気」と教室から追い出されてとぼとぼと校庭を歩いて帰った・・・小学6年生の一学期で学校を追放されたことは、決して遠い記憶ではなく、石山さんの心に鮮明に刻まれていました。

 1952年(昭和27年)16才で強制収容されて神山復生病院に入り、病が治ってからも、家に帰ることはできませんでした。

2_2

1968年(昭和43年)石山さんは、病院職員だった方との結婚を決意して社会復帰を果たしました。仕事のために運転免許証を取得しようとして、「第一級障がい者には取得の前例がない」と阻まれても、くじけずに障がい者に門戸を開けてほしいと何度も通い、とうとう第一級障がい者として神奈川県で初めて運転免許証をとったそうです。会社勤めをして、3人のお子さんを育てられました。

 2001年(平成13年)のらい予防法違憲国家賠償訴訟を機に、石山さんはハンセン病回復者であることをカミングアウトして、以来、ハンセン病問題の啓発・講演会を行うとともに、川崎市身体障碍者協会のリーダーとしても活躍されています。

3_2_2

 石山さんは、同じハンセン病回復者の方から、講演するのをやめてほしいと言われることもあるそうです。それでも講演するのは、「誰かが声を上げて、差別と偏見を消さねばならない。それが自分の使命だ」という信念があるからです。「信念を持って行動すればわかってもらえると信じている。」ともおっしゃいました。

石山さんは「偏見や差別は、個々の人間が自分の頭で判断すればなくなるもの」「人が言うから、ではなく自分で判断することが大事」と、繰り返しおっしゃいました。

4

講演の最後に、石山さんと握手をしてお別れしました。

 今年の夏、ハンセン病家族訴訟で、初めて国による被害が家族にまで及んだということが認められ、国が控訴を断念して判決が確定することになりました。

私たちは、「社会構造による差別偏見」がどのように起こるのかを学び、そしてそのようなことが「自分のこと」として起きる可能性があること、また自分が起こしてしまう可能性があることを現実の問題として意識し、考え続けていきたいです。

2019年10月16日 (水)

《中学1年》 総合 植松さん講演会

10月11日、中学1年生では、青木第一地区主任児童委員の植松満美子さんをお招きしてお話をうかがいました。自校史学習の一環として、地域社会と私たちの関係を考える取り組みです。

1

はじめに、主任児童委員のお仕事や学校周辺の地域の歴史について教えていただきました。昭和10年の青木小学校の写生会や、昭和30年の横浜西口の写真なども見せていただき、興味深い内容でした。

2

植松さんは、地元にお住まいなので、登校中の様子や地域イベントに出場したクラブの発表などで、神奈川学園の生徒を目にされるそうです。温かく見守っていて下さることを知って、とても有難く感じました。

また、登校路の横断歩道に立つこともある植松さんから、地域の人たちとお互いに「あいさつしあう関係になりましょう」と言っていただきました。

3

生徒の質問にも丁寧に答えて下さって、最後に、「みなさんは学校を誇りに思い、また学校が誇れる生徒になって下さい。」という言葉をいただきました。

 ≪生徒の感想≫

〇・・・部活の公演など見てすごいと思ってくれること、応援してくれているということを、とてもうれしく誇らしく思いました。また、私たちが挨拶があまりできていないことや、登下校時に道に広がって歩いていることについて、地域の方々が不快な気持ちにならないように気を付けたいと、あらためて思いました。植松さんは「神奈川学園と仲良くなりたい」とおっしゃっていて、私もいざという時に頼る、頼られるように交流をたくさんしたいなと思いました。

神奈川学園の生徒の良いところは「清楚」「しかっりしている」と言って下さったので、もっと良いところが増えるように頑張りたいです。・・・

 

〇・・・災害など非常事態の時に地域の人たちが困っていることを助け、逆に私たちが困っている時に助けていただくという助け合える関係になりたいなと思いました。そのためには、地域の方々に挨拶などしていただいたら、返事をしっかりしてもっと親しい関係を作りたいです。・・・神奈川学園生も地域の方々も気持ちよく過ごせることを目指したいです。・・・

 

何気ない日常のなかで、地域の人との関係を大切にし、新しいことにもチャレンジできる学校になればいいなと思います。今後、総合の学習は学校からより広い社会にかかわっていきたいと思います。

 

2019年10月10日 (木)

《高校2年》 進路別座談会がありました

10月5日土曜日の午後、大学で学んでいる卒業生の方からお話を聞く機会を持ちました。進路・分野別座談会です。日常の学習で困っていること、進路選択をした時の気持ち、大学での学びがどのようなものか、など高校2年生が知りたいと思うことを少人数グループで聞くことができました。卒業生の方はとても親身になって悩みに耳を傾けて下さり、あたたかい言葉で励ましてもくださいました。少人数ということもあり、和気あいあいとした雰囲気を終始保ちながらの会となりました。選択履修説明会や中間テストを控えた時期でもあり、生徒たちにとって大きな励みになりました。

12_2

3_2

 勉強についてどうすればいいか悩んでいた時期だったので、実際に合格した先輩方の体験談を聞く機会をいただけて、とても有意義な時間を過ごすことができました。

 受験に向けて、私は学校の勉強を一生懸命やるので精一杯なので、それだけに集中すると決めていました。しかし本当にそれだけで良いのか、合格するには何か特別な勉強を始めなくてはいけないのでは、と思う時がありました。でも先輩方がおっしゃることはシンプルなことで、「今できることをコツコツとやる事が大事」だと聞きました。その言葉を聞いて、自分は間違っていないと自信を持つことができました。学校の勉強だけをやる代わりに、小テストでは満点を常に目指して、定期テストでは今までよりももう一段階上の成績を目指す気持ちで頑張ろうと思いました。

 今回は私たち高2に貴重なお時間をさいていただいて、本当にありがとうございました。今回決心したことを高3の最後までやり抜いて受験まで頑張ります。

 

 今日の話を聞いて、まずは基礎力をつけることが大切なのだとわかりました。私は古典の文法などがわからないままでいるので、まずは基本的な助動詞の意味や活用形などを覚えようと思います。また、模試の解き直しをずっとしようと思ってそのままにしてしまいがちなので、模試を受けたその日のうちにとき直しをして自分が苦手な範囲を明確にして、自分が間違えたところを理解したいと思います。私は勉強の計画を立ててもどこかで絶対に崩れてしまい、いつもせっかく立てた計画が成功しないので1日で全部やりきろうとするのではなく、1週間の余裕を持って空白日などを作って計画を立てて実行したいです。世界史の勉強方法も、ずっと文学史だけ覚えられずにいましたが、今日のアドバイスを実行して、作者と作品名をセットで覚えたり、プチ情報と一緒に覚えたり、その人が出てくる時代を覚えるなどのことをしようと思います。

 私は先輩の「環境を変えるのは自分次第」という言葉がとても印象に残っていて、それは勉強についても同じことが言えると思うので、その言葉を胸に刻んで勉強していきたいです。勉強をしていく中でいかに自分のモチベーションを上げていくかもとても大事だと思いました。また、自分のルールを作るということで、私はこういうことをしようと思っていてもそれが長続きしないで、明日からやろうなどと思って先延ばしにしがちなので、実現可能なルールを作ってそれを定着させていきたいです。今日はとても参考になる話を聞かせてくださり、本当にありがとうございました。先輩が話してくださったことを忘れないで自分のものにしていきたいです。

2019年7月25日 (木)

《夏期講習》 

724日から夏期講習第一期が始まりました。夏期講習全70講座のうち、36講座が開講中です。

学期中の授業の理解が不十分な生徒のための指名制講座からもっと深く学びたい生徒のための発展的な内容の希望制講座、また、大学受験のための講座など、生徒は一人ひとりの必要と希望に応じて受講しています。

 

初日2時間目、教室の様子をいくつかのぞいてみました。

どの教室にも熱心に勉強している生徒の姿がありました。

中1国語                                   中2数学                                  中2英語

1_22_43_5

高2英語                                       高3世界史                                   高3生物

4

5

6

高1無言学習

7 

 

2019年7月23日 (火)

《高校2年》 「生と性の授業」

夏休み前には「生と性の教育」の時間が各学年の発達段階に応じて持たれます。高校1年生と2年生は「人と人とが付き合っていく時に大切なこと」というテーマで、「「らしさ」による先入観」や「デートDV」などを考えました。事前に取ったアンケート結果で、「付き合うこと・デート」に対するイメージや「性に対する意識」の傾向が示されてから、共に考えるスタイルで授業が始まりました。活発に意見が交わされ、充実した時間になりました。

1_2

テキストとして活用したのがウィングス京都から取り寄せた「ジェンダーハンドブック」です。「性的同意を取る大切さ」を考え、「同意を取るために必要なこと」について、ワークシートを使いながら考えました。

 ワークシートには「海外で異なる性事情」という項目もあり、アメリカ、イギリス、日本の学生で交わされる会話を読み解きながら意識の違いを考えると、生徒たちからは「コミュニケーションをとることが何よりも大切」という声が自然に上がりました。

 

2_2

後半は「場面」を想定しながら考えます。「彼氏がセックスを求めてきた時に、あなたはどうしてもその気になれない。相手が傷つかず、自分の気持ちを上手に伝えるにはどういう言葉がよいか?」を具体的にチームで考えます。自分の心と体はもちろん、相手も尊重することから対等で心地よい関係が生まれるという結論に緩やかに至りました。

 

 

3_2

小説『阪急電車』の一場面を読み、「性被害」「ドメスティックバイオレンス:DV」についても考えました。「簡単に距離を置けばいいと言っても、当事者は難しいのかな」と話しながらも、「同性であれ異性であれ、お互いを束縛したり傷つけたりする関係はおかしい」と話し合うことができました。

 授業後に綴られた感想には「性のことをオープンに話せることが何より良かった」という言葉が見られました。

2019年7月18日 (木)

《中学1年》 平和

中学1年では、松本正さんの講演会に続いて、713日に川崎市平和館の暉峻僚三さんをお招きしてお話を伺いました。

暉峻さんのたくさんの質問に答えながら、「平和」について考えました。

AB_2

「平和の反対は何ですか?」

「この影絵は、平和ですか?平和ではないですか?」

「平和って何でしょう?」

…………

私たちは、「平和の反対は戦争」となんとなく思っていました。

そこから出発して、みんなで一緒に考えていきました。

C

平和学という学問では、平和の反対は「非平和」だと教えていただきました。そして、非平和を作り出すものを「暴力」と呼びます。

暉峻さんに質問されて、考えて答えを出していくうちに、暴力を受ける側の視点を持つことの大切さがわかってきました。銃で撃ったり殴ったりして直接体を傷つけることだけが暴力ではありません。貧困や差別、人間以外にも視野を広げれば、地球温暖化も暴力と言えます。

構造的な暴力や文化的な暴力という考え方を教えていただきました。

「平和とは何か?」ということについて、多様な視点から考えることができました。

718日には、学年全体で川崎市平和館を見学して、さらに「平和」について学習を深めます。

 

2019年7月13日 (土)

《中学1年》 平和

7月12日、中学1年生では、横浜市原爆被災者の会の松本正さんをお招きしてお話をうかがいました。原爆の投下されたヒロシマで、10人の親族を失ったつらい体験を話してくださいました。

 

14才だった松本さんは、特に2歳年下の弟のことが忘れられません。

1945年、松本さんは広島二中の3年生でした。2歳年下の弟は1年生でした。

8月6日は、ご自身は工場に動員され、弟は建物疎開の後片付けに動員されていました。

A

松本さんは、偶然が重なって無傷で逃げることができました。

しかし、爆心地近くで作業していた弟は、即死は免れましたが、運ばれた救護所で亡くなりました。

弟の最後の言葉は、「お兄ちゃんが助けに来てくれる」だったそうです。

今でも、松本さんはその言葉が忘れられません。

B

 松本さんが、証言を始めたのは5年前です。

あの日、無傷で、しかも助けを求める負傷者に何もできなかった自分を「ずるい被爆者」と思う気持ちが、70年間もの長い間、松本さんの口を閉ざしていたのです。

今は、「被爆の悲劇を繰り返さないために若い世代に伝えたい」という思いで、癌と闘いながら証言をなさっています。

C_2

D

E

F

講演の後の「質問」の時間には、次々と手が上がりました。

松本さんの被爆直後の生活の様子を尋ねる質問に、「1‐2年間は家も食べ物もろくになくて、やっと雨露をしのいで分校に通った」という様子を話してくださいました。

G

最後に、生徒代表から花束と感想とともに「松本さんのお話を聴いた私たちが、次に伝えていきたい」という思いをお伝えしました。

 

《高校1年》国際「NZターム留学」説明会 《高校2年》カナダ研修説明会

7月6日(土)期末試験最終日の放課後に、「国際」関係の2つの説明会が開かれました。

 「ニュージーランド ターム留学」説明会

「ニュージーランド ターム留学」は、高校1年生対象の2020年1月~3月の短期留学です。応募者の中から3名が選抜されました。

説明会に先立って、3名の生徒に神陵会(卒業生保護者の会)から奨学金が授与されました。

神陵会会長から、「さらに高みを目指して頑張ってください。一人ひとりがドラマを作って、日本に持って帰って下さることを期待しています」と励ましていただきました。

11

22

「カナダ研修」説明会

「カナダ研修」は、高校2年生対象の、夏休みの8月16日~24日に実施される希望制の研修です。今年度は32名の生徒が参加し、一人一家庭のホームステイを体験します。長期休暇中のカナダの学校を活用してESLのプログラムも組まれており、そこではカナダ人学生とも交流します。生徒たちは今までフィールドワークや探究学習で培った問題意識を元に「環境問題」「先住民に対する政策」「移民・難民政策」「エネルギー問題」における日本とカナダの取り組みの違いを語り合う予定です。そのためにチームに分かれてスライドを作り、説明を考える作業が進んでいました。

33

44

2019年6月29日 (土)

《高校1年》 国際

6月27日 高校1年生では、日本で学ぶ2人の留学生の方をお招きして、“Mini Global Village”を行いました。

日本と留学生の出身国の抱える課題を発表しあって、共有するプログラムです。

1

2

最初に、Global Villageの3つの約束を確認しました。

Don’t be shy! / Speak in English! / Mistakes are OK!

 

留学生リーダーの紹介と出身国当てクイズをしました。

お二人の出身国は、バングラデシュとコロンビアです。

3

“Guess where each leader comes from.”

4_2

「国内フィールドワーク」の授業で取り組んでいる沖縄・京都奈良・水俣・岩手宮城・四万十川の各方面の内容について、5人の生徒からプレゼンしました。

5

6_4

7

8

9

その後、フィールドワーク5方面のテーマ――平和・伝統文化・公害と人権・災害と復興・環境――の5つの課題を踏まえて、バングラデシュとコロンビアの課題について、お二人からプレゼンしていただきました。

 

バングラデシュには、ミャンマーから流入してくるロヒンギャの人々をめぐる問題や、公害の深刻さなどがあるそうです。

コロンビアでは、50年にわたる内戦が2016年に終わったばかりです。また、ごみ問題の深刻さや日本と同様に地震国であることなども話されました。

 

生徒は、真剣に聞いてメモを取っていました。次の時間にワークシートにまとめます。

10

11

12_2

13

最後に、短時間でしたが質問の時間がありました。

“Don’t be shy!”“Mistakes are OK!”と励まされて、質問しました。

 

Q「コロンビアは長い内戦の後だというが、政府による援助はどうなっているのか」

A.「復興には20-30年かかると思う。国土が広く、支援が届いていない。被害を受けた人自身が政府に入って自ら国を変えようとしている」

 

Q「バングラデシュにたくさんのロヒンギャが入ってくるのは何故か」

A「バングラデシュはミャンマーと隣り合った国で川伝いに入国しやすく、セキュリティが緩いところがある」

14

今日学んだそれぞれの国の問題と日本の問題とを比較して理解を深め、それらが、どう解決できるのかを考えていきたいです。