ブログ

授業・進路

2019年2月28日 (木)

《高校2年》 探究

高校2年「探究」の授業では、最終レポートのクラス内発表会をしました。4人のグループになって、ひとり5分程度で発表しました。

1

2

発表の形はテーマに即した形を、各自が考えて行いました。レポートそのものを見せながら説明したり、資料を作って示したり、パワーポイントを作成してプレゼンを行ったり、作品を見せたり・・・それぞれに工夫していました。

3

4

聞き手の3人は、メモを取りながら、<他己評価>用紙に評価を記入しました。

1.レポートの構成はわかりやすいか?

2.必要な情報は盛り込まれているか?  

3.考察は自分の言葉で述べられているか?

4.新しい視点での提案があるか?  

5.レポートの仕上がりはどうか?

6.興味を持てる発表だったか?

といった項目を、5段階で記入しました。

5

6

<他己評価用紙>は発表者に渡して、お互いにコメントしあいました。項目での評価だけでなく、メモの内容がちがったり、大事なことが抜けていたりすることもあって、「伝え方の問題」として明日の発表の改善につなげます。

明日は、高校1年生への発表会です。今日の経験を生かして、より工夫して発表します。

2019年2月21日 (木)

《中学1年》 英語スピーチコンテスト

中学1年生では、2/12~の週に各クラス2時間を使って英語スピーチコンテストのクラス内発表会をしました。クラス全員が英語のスピーチを冬休み中に書き、それを暗記して発表するというものです。中1では、「私の冬休み」「私の学校生活」「私の趣味」「私の好きな人/物」という4つのテーマの中から、各自1つ選んで書きました。

1_2

クラス内発表会ではクラスの一人ひとりがクラスメイトのスピーチを審査し、学年発表への3人の代表を選びます。皆、自分がスピーチで話すものの実物や写真を持ってくるなどして、工夫していました。覚えてきたつもりでも緊張して忘れてしまい、思うように発表できなかった人は、来年こそはクラス代表に選ばれたい!と決意を新たにしていました。

2_2

3_2

前の週のクラス内発表会を経て、2/19(火)に学年スピーチコンテストを行ないました。各クラス3人の代表が学年全員の前でスピーチを発表しました。好きな映画や家族(ペット)、憧れの歌手や選手など、テーマはさまざまで、どのスピーチも興味深い内容でした。緊張して途中で止まってしまう発表者もなく、15人がとても立派で表情豊かにスピーチを発表しました。英会話の3人のネイティヴスピーカーの先生方と他学年の英語の先生2人に審査員をお願いし、上位3人が表彰されました。賞品を受け取って、出場者の生徒たちはとても嬉しそうでした。

 

第1位 Rさんのスピーチです。

My Favorite Movie

 

Hello, everyone!

I’d like to tell you about my favorite movie.  Please look at this picture.  This is FROZEN.

Have you ever watched it?  I’ve seen it many times.  Every time I watch it, I want to cry, because Elsa, Anna and Olaf think of each other.  They had many accidents, but they never give up and always help others.  I can learn true love from them.  In the future I want to make a movie like this.

Today I talked about my favorite movie, FROZEN.  You really must see this movie, and let’s find true love together!  Thank you for listening.

4_3

4月にはアルファベットもやっと書いていたような生徒たちが立派にスピーチをする姿を見るのは感動的で、誇らしい気持ちになりました。翌日のダイアリーでは、「昨日のスピーチコンテストはみんな上手ですごかった!」「来年は代表になれるよう頑張りたい!」などスピーチコンテストについてのコメントを書いた生徒も少なくありませんでした。学年発表を見て、「すごい!」とクラスメイトをたたえる気持ちと、「来年こそは!」という前向きな気持ちを持てた生徒が多かったことを嬉しく思いました。

《高校2年》 倫理政治経済

高校2年の倫理政治経済の授業では、2月18日(月)に、日本橋にある東京証券取引所と日本銀行を訪問しました。

1

世界最大級の証券市場は電子化が進んでいます。訪ねてみると、取引を表す電光掲示板の数字が目まぐるしく動き、この日も活発な取引が行われていたことを示しています。

2

3

日本の金融機関の中心である日本銀行では、見学ツアーに参加しました。現在本館が耐震工事中で、地下金庫は見れなかったものの、実際の業務中の職場を見たり、紙幣・金塊を体感できるコーナーもありました。

4_2

歴史的建造物を体感しながら、日本経済を少しだけ体感することができました。

2019年2月20日 (水)

《中学2年》 英語

中学2年生の英語の授業の一環として、EFエデュケーション・ファーストから講師をお招きし「パラリンピック精神を英語で学ぼう」の授業を行いました。

1

今年、生徒たちは体育の授業で「車椅子バスケ」を体験し、家庭科では高齢者の身体の変化を学び「白杖や白内障用ゴーグルでの生活」を体験し、福祉について学んできました。その一環のプログラムでもあります。

2

授業の最初に、講師の先生から「好きなスポーツ」を全員が訊かれ、最初は恥ずかしそうにスポーツ名を挙げていました。

 

パラリンピックで必要なのは”determination” ”equality” ”courage” ”inspiration” だということ、またこれらは競技だけでなく日常にもつながっていることだということが伝えられました。

3

4

次にパラリンピックでの競技はどんなものがあるかをみんなで出し合い、最後にはグループに分かれ自分たちでパラリンピックの競技を考えだしました。「手が使えない」ことを条件に生徒たちは辞書を片手に競技案を出し合います。

発想豊かな生徒、英語が得意な生徒、絵が得意な生徒、それぞれが分担して一つの競技案を作り上げる作業は、まさにスポーツに大切なチームワークを体現していました。

5

6

7

8

9

10

それぞれの発案した競技には随所に公平性が配慮されていて、各教科で学んできたことが、様々なところで結びついているのを実感しました。

2020年春に海外研修でオーストラリア・ニュージーランドに出向く生徒たちです。日本開催のオリンピック・パラリンピックについて考え、伝えるきっかけになるといいと思っています。

2019年2月13日 (水)

《中学3年》 英語 スピーチコンテスト

中学3年生のスピーチコンテストが行われました。

まず、3つのテーマ“The Person That I Respect” “The News I Became Interested in This Year” “The Best Memory of My Junior High School Days” から各自が選んで、スピーチを書きました。

そして、クラス内で発表しあい審査しあって、3人の代表を選びました。

今日は、それぞれのクラス代表が、壇上に上がりスピーチを披露しました。

1

2

3

4

5

6

7

8

9

審査員は、英語科の5人の先生方です。一言ずつ講評があり、受賞者の発表がありました。

10

11

12_2

第1位Mさんのスピーチです。

 “The Person that I Respect”

Hello, everyone.  Today I’d like to tell you about the person that I respect. 

The person that I respect is Anne Frank.  I have two reasons for it.  First, her book “A Diary of Anne Frank” is one of my favorite books.  I read it for the first time when I was eight years old.  I was shocked to know what had happened to her.  She died when she was only sixteen years old.

Second, I respect Anne’s strong will.  During World War II, there was terrible discrimination against Jewish people in Europe.  They were killed in many concentration camps around such as Europe.  In such a terrible situation, she never lost hope for a peaceful world.  This is my favorite phrase. “I want to go on living even after my death.” I think she is going on living in people’s hearts even now.

I respect Anne Frank.  I want to be a person with a strong will like her.  Thank you for listening.

13

英語表現の確かさや発音だけでなく、堂々とした姿勢やスピーチの内容の豊かさに感心しました。

それぞれの胸の中で、3月の海外研修、英語でのコミュニケーションへの期待が膨らんでいることでしょう。

 

 

2019年2月 9日 (土)

平成30年度 版画書道展 開催中

毎年恒例の『版画書道展』を、ギャラリーで開催中です。

生徒の作品を、6週間にわたって、3つの会期に分けて展示しています。

1

2

3

4

5

6

会期Ⅰ 1月16日~28日

  高校1年芸術選択(絵画/デザイン/書道)

  高校3年美術選択

会期Ⅱ 1月30日~2月11日

  中学3年

  高校2年芸術選択(絵画/デザイン/書道)

会期Ⅲ 2月15日~2月25日

  中学1年

  中学2年

2018年12月28日 (金)

《高校1年》 家庭科

2学期、高校1年生の家庭科では、食に関わる様々な問題を、社会的な視点を持って学び、レポートを各自まとめ、発表しました。調理実習では、学びの流れを受けて3回の実習を行いました。

 

<献立>

「豆腐作り」

国産有機大豆で手作り豆腐。

わかめのサラダを簡単ゆずドレッシングで頂きました。

卯の花・おからクッキーも作りました。

1_3

「ウインナー作り」

ひき肉に香辛料・お好みでローズマリー・氷を加えてこね、ウインナーを作りました。

無農薬・無化学肥料で育てられた野菜を沢山使って、ポトフとサラダも作りました。

2_2

「ピザ作り」

ファストフード?みたいなメニューも案外簡単に、美味しく作れます!というテーマで、国産小麦を使いピザとかぼちゃのスープを作りました。

3_2

4_2

2018年12月 1日 (土)

《中学2年》 社会

中学2年の社会科では、日本の文化の多様性と多文化共生を学ぶため、「アイヌ文化」の調べ学習をしています。各クラスでテーマをグループごとに分担して、クラス内発表会を行い、学習しました。

 

今日は、その時選ばれた各クラスの代表グループが、学年全体の前で発表します。

校長先生はじめ4人の先生が審査をします。

1

2

3

4

テーマ

「アイヌと法律」 A組     

    問 生活が苦しくなったアイヌを救うため、政府は北海道旧土人保護法ではなく、どんな法律を出せばよかったと思うか?

「アイヌの衣食住」 B組・D組

    問 アイヌの衣食住に共通する特徴は何だろうか?

「アイヌの風習(儀式)」 C組

    問 アイヌは自然と人間の関係をどのように考えていたか?

「アイヌの踊りと音楽」 E組

    問 踊りや音楽などアイヌの芸能の中で大切にされていることは何か?

5

6

7

 

最優秀賞は、A組「アイヌと法律」が選ばれました。調べた内容と結論に深まりがあり、説明と画面が一体となった見事なプレゼンでした。

 

どのクラスの発表も、しっかり調べた内容を伝える工夫がされていて、優劣つけがたい出来栄えでした。特に、寸劇を演じたり、実際に調理して動画にしたりなど、体験を伴った発表が印象に残りました。学年の聞く姿勢もよく、発表を楽しんでいる様子も見られ、とてもよい発表会になりました。

調べ発表する過程で、「異文化」に出会うとき、互いの文化を知って理解しようとし、尊重しあう姿勢をもつことの大切さを考えることができました。

2018年11月30日 (金)

《高校》 高校音楽選択

11月27日(火)の放課後、100周年記念ホールで、高校音楽選択発表会が開催されました。

1学期から、週2時間の授業で準備を進めてきました。

1

プログラム1 高校1年2年合同合唱   結―ゆい―

2

プログラム2 高校1年生演奏  女声合唱組曲「IN TERRA PAX 地に平和を」から

花を探す少女/IN TERRA PAX 地に平和を

3

千本桜

4

5

プログラム3 高校2年演奏 ミュージカル「ウィキッド」から   大嫌い/エメラルドシティ

6

7

インフルエンサー

8

本格的な合唱曲からミュージカル、アイドルグループのナンバーまで多彩なジャンルのステージを作り上げました。ダンスの振付や楽器の編曲、演出にわたり生徒自身の手で企画し、練習を重ねた発表です。その成果を精一杯発揮しようと頑張っていました。同級生、保護者、中学の後輩たちも客席から拍手で参加し、とても楽しい発表会になりました。

2018年11月24日 (土)

《中学1年》 保健体育

中学1年生の体育では、2学期後半は「空手」に取り組んでいます。神奈川県空手連盟から先生をお迎えして、体育科の先生とふたりでTTの授業を行っています。

準備体操と筋トレの後、空手の基本形を学びました。

 

突き

1

受け

2

3

 

初めての体験で、なかなか大きな声が出ませんが、みんな楽しそうに取り組んでいます。

先生から、「大きな声が出るように頑張りましょう。技術の向上よりも、身を守ろうとする心構えが大事です。」とお話がありました。