ブログ

授業・進路

2019年5月15日 (水)

《高校1年》 フィールドワーク

4月に国内フィールドワーク(FW)の方面別のプレゼンテーションと、昨年度FWを経験した高校2年生による「FWを伝える会」がおこなわれました。

高校1年生 フィールドワーク方面別プレゼンテーション

≪四万十川方面≫

四万十川方面では「自然」とは何か、という問いが投げかけられました。私たちの周りの「自然」は、多くは人の手が入っています。豊かな自然は人の手が入り整えられた山や川によって生まれるのであり、人が手を入れることをやめた森や山は荒廃していきます。四万十では自然と人との関わり方を通して「人と自然との共生」とは何かを問います。

 

≪岩手宮城方面≫

岩手・宮城では東日本大震災から8年たった今、甚大な被害を受けた地域がどうなっているのかということを考えます。どうなったら「復興」といえるのか、過疎化が進む中、地域格差をどのように解決に導くことができるのか、そして「豊かさとは何か?」ということを問います。

 

≪奈良京都方面≫

奈良・京都では観光地としても名高いこの地が、どのような歴史を持っているのかを学びます。古都と言われても創建当時のものはほんの僅かです。現在に残る僅かな痕跡から当時の暮らしのあり方を知ると共に、現代にまで伝承された文化財を私たちが今後どのように受け継いでいくのかを考えます。

 

≪沖縄方面≫

沖縄では、戦後70年が経過し戦争体験が直接に語られることの少なくなった中で、命の尊厳や平和とは何かを考えます。基地問題などを歴史的・経済的に学ぶと共に、現地で基地と共に生きる方々にお会いすることでこれからの社会で自分たちに何ができるのか考えていきます。

 

≪水俣方面≫

水俣方面では、私たちが「四大公害病」という認識でしかとらえていない「水俣病」について、その背景を学ぶことで社会問題の縮図としての水俣病を再認識します。また、実際に今も病と闘っている方々と出会い豊かな自然を取り戻した水俣の地を訪れることで「人間の尊厳」・「豊かさ」を各自が捉えなおします。

5151_2

5152

(生徒の感想)

【岩手・宮城方面】

東日本大震災があったとき私は小学1年生でした。私は学校から家に帰ろうと校庭にいるときに地震があり、怖い思いをしました。帰ってからも、テレビには福島などの中継されていた覚えがあります。毎年3月11日になると東日本大震災のことがテレビでやっていますが、私は現地はどのような状況なのだろうと気になっていました。

 私は、その中で心のケアについて気になりました。前にNHKの探検バクモンという番組で、災害看護についてやっていました。FWでこの方面を選んだ場合、心のケアについても学んでみたいです。また、プレゼンを聞いて震災遺構というものに興味を持ちました。残すべきなのだと思うけれど、それはあくまでも被災した人の気持ちになって考えたら、もし家族をこの災害で亡くしたら、東日本大震災という出来事を思い出したくないような気もします。この方面を選ぶとしたら、被災された方の気持ちにも沿って考えたいです。

 【沖縄方面】

今は観光地として南国リゾートというイメージが強いけれど、やっぱり戦争の爪痕はなくなっていないし、忘れてはならないと改めて思いました。私の祖父でも幼い頃に終戦を迎えたので、身近に戦争体験を語れる人はいません。つまり、語り部の方が高齢化していて、ますます戦争の記憶を伝えて行くことが難しいのだなと感じました。まだ直接聞ける世代の私達はそういう機会があったら一回一回を大切にしていかないといけないなと思いました。当時の記録に加えて、今も残る米軍の問題なども結びつけて考えることが大事なのかなと思いました

 

高校2年生によるフィールドワークを伝える会

方面別のプレゼンテーションの後は、高校2年生から国内FWを語ってもらいました。先輩方が方面ごとに体験したこと、考えたことなどを語って下さいました。高校1年の生徒たちはこの後方面別の希望調査を提出するため、事前に質問なども考えて熱心に話を聞いていました。

 

(高1生徒の感想)

 先輩方のお話を聞いて、印象に残った言葉があります。それは「どの方面に行ったとしてもそこには必ずたくさんの学びがあるから、あとは自分がどれだけ多く学べるか、考えられるか、そして何よりも楽しめるかだよ。」ということです。この言葉を聞いて、気持ちが少し楽になりました。そして同時に、身が引き締まる思いでもありました。なぜなら、このフィールドワークをいかに良いものに出来るか、自分の大きな財産に出来るかということは、紛れもなく自分自身にかかっているからです。何も学ぼうとせず、考えを深めることもしないままフィールドワークを終えれば、それはただの旅行になってしまいます。しかし、懸命に学び、多くを吸収し、それを深く考えれば、それは同じ四日間でも全く違うものになると思いました。そのために、間もなく始まる事前学習から、受け身ではなく積極的に学んでいきたいと思います。そして、このフィールドワークを通して自分をさらに成長させたいと思っています。

 

先輩からお話を聞いて、今までの先生方のプレゼンの内容に加えて、具体的に何を学んだのかということも知ることができたと思います。どの方面も「行けば分かる」という内容のお話を聞いて、全方面にいろいろな魅力があり、どの方面も行ってみたいと思いました。お話をしてくれた先輩方はみんな行った方面でそれぞれいろいろな学びがあったのだなと伝わってきました。中でも、京都・奈良方面に行った先輩が沖縄の米軍基地問題のように現代社会の問題のような明確なものはないから、何を学ぶかは自由だけど、その自由さが難しいかもしれないとおっしゃっていました。それを聞いて、自ら学ぶのは難しいけれど、興味を持ったものについて自ら掘り下げて学ぶことは大切なことなのだと感じました。だから、海外研修で方面を選んだのもそうだけど、FWや今後の進路などの選択をすることは大切で簡単には決められないなと改めて思いました。

5153

5154

今週から方面別に分かれた取り組みがスタートします!

《中学1年》 数学

 今日は、中学1年の数学では、「数の集合と四則」について学習しています。

5131

授業のはじめに、先生から今日の学習の目当てと、「数の広がり」についての講義が5分程度ありました。

本日学ぶ内容の全体像を説明されます。生徒は配布されたプリントにメモを書き込みながら、先生の説明を聞いていました。

5132

「それでは、テキストの問題を解きましょう。教科書を良く読みながら解いてください。」という先生の指示で、一斉にオリジナルテキストの問題に向かいます。各自、必要に応じて手元の教科書を参照しながら解いていました。

5133_3

5134_9

各自で解く時間が終わると、すぐに机をつけて4人の班を作り、グループワークが始まりました。教室が俄かに、活気づいていきます。お互いの解答を確かめあい、わからない所を教えあっていました。5135

全体で解答を確かめて、先生から解説がありました。指名された人は、質問にしっかり答えていました。

5136

最後に本時の確認テストを含むリフレクションシートと演習プリントが配付されて、各自一斉に取り組みます。問題を解き終えたら自分で丸付けをし、「振り返り」を記入します。最後に今日習った内容の問題に丸が付いて終わるので、安心して授業を終えることができるようです。後の時間は、各自のペースでドリルの問題、さらに配付された演習問題と取り組んでいました。

 

授業全体を通して、先生の解説、説明などの時間がコンパクトな印象を受けました。生徒が常に活動している授業展開で、主体的に学習に向かっている様子に感心しました。

2019年5月14日 (火)

《中学1年》 総合(マナー講座 挨拶について)

中学1年生の総合の授業でマナー講座を受けました。

中身は礼儀・作法・あいさつについてです。

“礼儀”とは相手の立場に立って行動すること、“作法”とは正しい立ち振る舞いをすることと学びました。

また、あいさつでも場面に応じた声のトーン、状況に応じたお辞儀の深さなどについても学び、実際に練習しました。

中学生となり、大人への入り口に立っている中学1年生にとって貴重な学びとなりました。

B1

B2

B3

C1

C21

C3

C4

2019年5月10日 (金)

《高校2年》 探究

高校2年生の「探究」の授業では、一人ひとりが自分の問題意識によって課題をたて、最終的には、社会に提言を行うことを目指して、学習を進めています。

1 自然科学・環境

2 人権・生命倫理

3 文化・芸術

4 社会構造・差別・格差

5 平和・多文化共生

まずは、5つのグループに分かれて、興味関心のあるテーマを選んで、協同的に学習を始めました。

 

5月8日の「自然科学・環境」チームでは、自分たちの選んだテーマについて、調べたことをもとにプレゼンを行いました。

1

前の時間にブレインストーミングを行って、環境問題をめぐる発想を広げ、テーマを決めました。「海洋汚染」「ごみ」「外来種」などの問題について、各班のそれぞれの切り口から調べて考えた内容が発表されました。

2

それぞれのテーマについて、「何が問題か」「原因」「解決策」などポイントを押さえて、各班4分を目安に発表しました。

3

最後に、お互いのプレゼンについて、評価しあいました。

良かった班について、評価できる点として「身近な問題を取り上げて説得力がある」「発表のテンポや説明の歯切れよさが評価できる」「図や画像などの工夫があってわかりやすい」などが上がっていました。 

2019年4月15日 (月)

《高校1年》 国内フィールドワーク説明会

1_2_2

高校1年生での最も大きな行事の一つが国内フィールドワークです。神奈川学園では中学1年で平和学習、中学2年で環境学習、中学3年生で多文化共生を学び、中学の総まとめとしてオーストラリアとニュージーランドで海外研修を実施します。高校ではこれらの中学での学びを土台に、国内の課題に目を向けより深く掘り下げていきます。国内フィールドワークは5方面からそれぞれの問題意識に従って選択します。その選択のための説明会が10日に開かれ、高橋先生から説明して頂きました。

高橋先生は海外研修を経験して、高校1年生となった今、国内に目を向けることの意味を語って下さいました。「自分なりの問題意識をもつこと」・「関心を広げることで、『学ぶ』ことの意味や面白さに気づくこと」、「今回の国内フィールドワークの間だけでなく、ずっと考え続けること」、「自分はどう生きてどんな社会を目指すのか」・・・たくさんの問いかけがありました。以下は生徒の感想です。

 

2

どのような社会を目指して生きていくかとか、規模が大きすぎると思い、考えたこともありませんでした。しかし、よく考えてみれば、自分がこんなふうに生きていきたいということと、社会とは隣り合わせであるということをお話を聞いて感じました。今までは、ただただ思いやりのある人とか、他人の気持ちを考えられるような人でありたいとだけ思っていました。このことは当然大切なことだけれど、最近は、1人でもいられることが大切だと思うようになってきました。私は基本的に1人でいることが好きですが、もちろん人と話すことも好きです。しかし今の人たちを客観的に見てみると、人とのコミュニケーションも大事だけれど、他人の考えや意見に流されず、きちんと自分の意思を持った人になってほしいと思いました。もちろん自分も含めです。自分の考えを押し通すことを求めているわけではありませんが、とても難しいことだけれども、お互い修正しながらも、しっかりと自分の意思をもった社会になってほしいと思いました。そういう人たちは、自分の気持ちを上手に表せない人たちによりそってあげることも大事だと思います。

 

私はこの講演会で高校生になるということがどういうことなのか知れた気がします。高校に上がることは義務教育から離れるということです。親が子供に教育を受けさせるのではなく、私たちが自主的に受けるものです。だから、私たちが主体的に学ぼうとしなければいけないのだと思いました。これからは自分たちで問題意識を持って道を切り開くべきだと感じました。そして、学んだことを自分の中で噛み砕いて発展させなきゃいけないとおもいました。そのためには事後に思ったことや感じたことを言葉にするのが効果的だと思いました。しっかり自分の言葉で表現できるかどうかがこれからもっと大切になっていくと感じました。国内FWでは行く前に自分はどういう目的で行くのか言葉にするべきだと感じました。言葉にすることで目的が明確になるし曖昧な気持ちで行くこともなくなると思いました。これからはやらされるのではなく、自分たちで考えて作っていくものだと思いました。

 

2019年4月11日 (木)

《高校1年》 進路講演会

4月9日に「夢の実現に向けて」高1進路講演会が開かれました。真新しい高校生の制服を着て、少し緊張した面持ちで進路指導担当の近藤先生の話に熱心に耳を傾けている姿がとても印象的でした。

1_2

2_3

最初に、進路選択とは、「自分がどう生きていくのか考えていくこと」であると伺いました。そのために、これから職業について調べること、部活や委員会やボランティア活動で自身を持てる何かをつかんでいくこと、オープンキャンパスに参加して大学を実体験していく中で数年後の「なりたい自分をイメージすること」の大切さを教えていただきました。

 

また、今年中には進路選択の最初の壁ともいわれる「文理選択」があります。選択するにあたって、「とりあえず資格」とならないように、日常学習や文化祭の学習等を大事にして自分の適性について知ること、考えることが大切だと分かりました。

 

昨年度の高3の進路実績を元に、一般入試が一層厳しくなったことを説明していただくと同時に、困難な状況の中でも希望の進路を実現していった卒業生は「学校の授業と小テストを大事にした」ということを丁寧に説明していただきました。高1は平日3時間、休日4時間の学習習慣の完成の時期です。様々な角度から出題される大学入試に立ち向かうためには、この1年の基礎力が勝負とも言われます。受験勉強が本格化する前の土台を固める今の時期に、奮起して基礎学力を積み上げる1年を送ってほしいと思います。

 

生徒の感想からは、一人ひとりが「今なら自分次第でまだやり直すチャンスがある」ことに気づき、今までの自分と真摯に向き合い進路を考え始めたことが分かり、その素直な気持ちに全力で応えていかなければ、と担任団も決意を新たにしました。

 

生徒の感想より)

これから高校2、3年生になるにあたって今高1でする勉強がどれだけ大事なものか分かりました。科目別にみていると1学期だけでこれからの成績が決まってしまうものもいくつかあって、気を引き締めていきたいなと思いました。また、中学生でもよく言われたけど小テストがとても大事だと聞いて、中学よりも力を入れて頑張りたいと感じました。これから中学に比べてもっと忙しくなるし、勉強も難しくなって今までの勉強法が苦しくなってしまうと思うから、自分に合う勉強法を探しながら予習復習を大切にしていきたいと思いました。夢ナビは楽しそうだし、世界が広がるかもしれないなと思いました。コツコツを勉強ができるようになりたいと思いました。

2019年4月 9日 (火)

《中学1年》 ガイダンス2日目

S館前の桜も、春の日差しと風に誘われて、花びらを散らしています。

1

今日の1時間の、中学1年生各クラスの様子です。

2

A組は、「情報」の時間です。

MMC(Multi Media center)教室で、コンピューターのアカウントが配付されました。

各自さっそくログインして、コンピューターの使い方を学び始めました。作業の途中で「お隣の人と相談していいですよ」という先生の声掛けがあると、お互いの画面を見ながら確認しあう様子が見られました。クラスの中に、協力して課題に向かう関係が作られつつあるようです。

MMC教室の使い方の説明も聞きました。

3

4

B組は、「校内案内・ウォークラリー」の時間です。

1時間目は、担任の先生について校内の主な場所を歩きました。ここは、職員室前です。「職員室に入るときは、どうしますか?」先生の問いかけに「ハイ! 挨拶して、荷物は置いて入ります。」と、落ち着いた返事が返っていました。

2時間目の「校内ウォークラリー」の時間には、3‐4人の班になって校内のチェックポイントを協力して探します。

5

C組は、「図書」の時間です。

ラーニングセンターで、司書の先生から「図書室の使い方」の説明を受けました。

ガイドブックにそって、設備や、利用時間、貸し出しの仕方などについて、教えてもらいました。

図書室には、本を手に取りたくなる仕掛けがたくさんあります。さっそく、自分の読みたい本を探して、ひとり1冊ずつ貸し出しを受けました。選ぶ様子が楽しそうでした。これをはじめとして、たくさん借りて読書してほしいと思います。

6

D組は、「ホームルーム」の時間です。

輪になって自己紹介をしていました。

1人ずつ立ち上がって、①自分の名前 ②出身小学校 ③中学校で頑張りたいこと ④好きなもの(こと) を発表しました。どの人もはきはきと発表していました。聞いているみんなは、しっかり聞いて笑顔で拍手していました。教室全体が、明るく和やかな雰囲気でした。

7

8

E組は「ホームルーム」の時間です。

エンカウンターをしていました。

はじめは「先生を知る YES・NOクイズ」です。「第1問 小学校では野球を習っていた。YESかNOか?」・・・…正解が発表されるたびに、「え…」という声がある中、見事全問正解の人もいました。

二つ目は、「ごちゃまぜビンゴ」です。すべての質問を違う人にするので、みんな立ち歩いて答えてくれる人を探します。ちょっと恥ずかしそうに名乗りあってから、質問しあう様子がほほ笑ましかったです。

2019年2月28日 (木)

《高校2年》 探究

高校2年「探究」の授業では、最終レポートのクラス内発表会をしました。4人のグループになって、ひとり5分程度で発表しました。

1

2

発表の形はテーマに即した形を、各自が考えて行いました。レポートそのものを見せながら説明したり、資料を作って示したり、パワーポイントを作成してプレゼンを行ったり、作品を見せたり・・・それぞれに工夫していました。

3

4

聞き手の3人は、メモを取りながら、<他己評価>用紙に評価を記入しました。

1.レポートの構成はわかりやすいか?

2.必要な情報は盛り込まれているか?  

3.考察は自分の言葉で述べられているか?

4.新しい視点での提案があるか?  

5.レポートの仕上がりはどうか?

6.興味を持てる発表だったか?

といった項目を、5段階で記入しました。

5

6

<他己評価用紙>は発表者に渡して、お互いにコメントしあいました。項目での評価だけでなく、メモの内容がちがったり、大事なことが抜けていたりすることもあって、「伝え方の問題」として明日の発表の改善につなげます。

明日は、高校1年生への発表会です。今日の経験を生かして、より工夫して発表します。

2019年2月21日 (木)

《中学1年》 英語スピーチコンテスト

中学1年生では、2/12~の週に各クラス2時間を使って英語スピーチコンテストのクラス内発表会をしました。クラス全員が英語のスピーチを冬休み中に書き、それを暗記して発表するというものです。中1では、「私の冬休み」「私の学校生活」「私の趣味」「私の好きな人/物」という4つのテーマの中から、各自1つ選んで書きました。

1_2

クラス内発表会ではクラスの一人ひとりがクラスメイトのスピーチを審査し、学年発表への3人の代表を選びます。皆、自分がスピーチで話すものの実物や写真を持ってくるなどして、工夫していました。覚えてきたつもりでも緊張して忘れてしまい、思うように発表できなかった人は、来年こそはクラス代表に選ばれたい!と決意を新たにしていました。

2_2

3_2

前の週のクラス内発表会を経て、2/19(火)に学年スピーチコンテストを行ないました。各クラス3人の代表が学年全員の前でスピーチを発表しました。好きな映画や家族(ペット)、憧れの歌手や選手など、テーマはさまざまで、どのスピーチも興味深い内容でした。緊張して途中で止まってしまう発表者もなく、15人がとても立派で表情豊かにスピーチを発表しました。英会話の3人のネイティヴスピーカーの先生方と他学年の英語の先生2人に審査員をお願いし、上位3人が表彰されました。賞品を受け取って、出場者の生徒たちはとても嬉しそうでした。

 

第1位 Rさんのスピーチです。

My Favorite Movie

 

Hello, everyone!

I’d like to tell you about my favorite movie.  Please look at this picture.  This is FROZEN.

Have you ever watched it?  I’ve seen it many times.  Every time I watch it, I want to cry, because Elsa, Anna and Olaf think of each other.  They had many accidents, but they never give up and always help others.  I can learn true love from them.  In the future I want to make a movie like this.

Today I talked about my favorite movie, FROZEN.  You really must see this movie, and let’s find true love together!  Thank you for listening.

4_3

4月にはアルファベットもやっと書いていたような生徒たちが立派にスピーチをする姿を見るのは感動的で、誇らしい気持ちになりました。翌日のダイアリーでは、「昨日のスピーチコンテストはみんな上手ですごかった!」「来年は代表になれるよう頑張りたい!」などスピーチコンテストについてのコメントを書いた生徒も少なくありませんでした。学年発表を見て、「すごい!」とクラスメイトをたたえる気持ちと、「来年こそは!」という前向きな気持ちを持てた生徒が多かったことを嬉しく思いました。

《高校2年》 倫理政治経済

高校2年の倫理政治経済の授業では、2月18日(月)に、日本橋にある東京証券取引所と日本銀行を訪問しました。

1

世界最大級の証券市場は電子化が進んでいます。訪ねてみると、取引を表す電光掲示板の数字が目まぐるしく動き、この日も活発な取引が行われていたことを示しています。

2

3

日本の金融機関の中心である日本銀行では、見学ツアーに参加しました。現在本館が耐震工事中で、地下金庫は見れなかったものの、実際の業務中の職場を見たり、紙幣・金塊を体感できるコーナーもありました。

4_2

歴史的建造物を体感しながら、日本経済を少しだけ体感することができました。