ブログ

授業・進路

2018年10月17日 (水)

《高校1年》 進路講演会

高1では、現在大学4年生の卒業生3人を招いて、お話を聞きました。

どの先輩も、高校3年まで運動部に所属して活動していました。学習と学校生活の充実を両立し、希望の進路を実現した3人のお話は、高1の生徒にとって刺激的なものでした。

 

上智大学法学部のTさん

1_2

Tさんは、「どのように進路選択したのか」と、「現在の大学での学び」について話してくれました。

進路選択にあたっては、特に大きなきっかけがあったわけではなく、それまでの自分の興味をもとに決めたそうです。例えば、文化祭の展示で知った児童労働の問題、フィールドワーク沖縄で出会った基地問題などの社会問題に興味を持ってきたので、「大学では、まだ知らない世界のことや社会のことを学ぼう」という選択をしたということでした。

大学では、法学の専門科目だけでなく、自分の興味によって、幅広く学ぶチャンスを生かしていること、また、高1で体験したオーストラリア研修の時から抱いていた留学の夢が叶い、大学3年生の時、交換留学生としてシドニーの大学で1年間学んだことを話してくれました。この時は、違う国から来た5人の学生と一緒の部屋で暮らし、たくさんのテストやレポート課題に心が折れそうになりながら、図書館で必死に勉強したそうです。ここで、環境問題について学び、4年生の今は「行政環境法」を専門にしています。就職は「地球上に住むみんなに関わりのある、環境問題解決につながるような仕事につきたい」と考えて会社選びをしたそうです。

「何よりも自分で納得して選ぶことが大事。自分が、その時に持っている興味を信じて選んでいけばよい。」という言葉が、心に残りました。

 

慶応義塾大学看護医療学部のWさん

2

Wさんが看護師になろうと決意したのは、高1の進路選択の時だそうです。人生を振り返り、特に印象に残っていた出来事が5歳年下の弟の誕生だったことから、「人の生命にかかわる仕事っていいかもしれない」と思いました。中学1年生の時、鎌田實さんの講演会での緩和ケアの話で「自分らしく生きて自分らしくなくなるサポートをする」という言葉を聞いたことも心に残っていました。一方、英語や文学を学びたいという思いもあり、悩んだ末に看護師を選びました。が、それは今後の人生を考えて、看護師になっても英語や文学は勉強できると思ったからだそうです。「二兎を追って、二兎とも得たいと考えた」という言葉が印象的でした。

バドミントン部の引退が高3の6月で、それから本格的に受験勉強を始めたけれど、高1高2で宿題や小テストを頑張っていたことが支えになったそうです。基礎がしっかり身についていたこと、また、自分のペースがわかっていたこと、などです。「今、計画を立ててしっかり勉強することで、高3で後悔しないようにして下さい」と、励まされました。

看護学部は必修科目や実習も多く自由な時間が少ないけれど、患者さんと良い関係を作り、精いっぱい看護した実習の体験はかけがえのないもの、「大学合格はゴールではなく夢へのスタートでした。」と言い切る姿を、まぶしく感じました。

 

早稲田大学政治経済学部のSさん

3

Sさんは、高1の時には医者になりたくて国公立理系を選択したけれども、オーストラリア研修の体験から外交官になりたいと心変わりして、高3で文転しました。進路選択は「自分がどんな個性を持つのか、どんな人になるのか」を自分で決めることだから、間違った選択肢なんてないと話してくれました。

そして、勉強については「どう自信をつけるのか?」その答えは、「日々の努力です」と言い切っていました。友達の能動的な授業姿勢に刺激されたというエピソードから、授業や日常の学習を大切にする「クラスの雰囲気」の大切さ、隙間時間の活用まで、説得力のあるお話でした。

大学生活のはじめに、哲学の教授から「実存は本質に先立つ」という言葉を示されたそうです。「自分の生きる意味や目的を手探りで苦労してでも見つけていきなさい」というメッセージでした。Sさんは、外交官になるためにはどんな素養が必要かという観点から自分の大学生活をデザインしました。海外に出て異文化に触れること、幅広く学ぶこと、自分の偏りを意識すること、の3つの観点です。カナダやタイへの留学、平昌オリンピックのボランティア参加など積極的に海外に出て、視野が大きく開け、考え方が柔軟になりました。タイで、環境政策の授業で地球温暖化について学んだ時に、カンボジアの学生が英語でした発言に「はっ」とさせられた体験など、興味深いお話を聞くうちに、あっという間に時間が過ぎてしまいました。

2018年10月12日 (金)

《高校1年》 Mini Global Village#2

10月6日の「2019年度高2選択履修説明会」の中で、グローバル・ビレッジのミニプログラムとして、アルゼンチン出身の留学生リーダーのお話を聞きました。

現在、東京芸術大学の留学生である彼女の、ここに至るまでの人生の選択や働く理由についてが、語られました。

1_2

高校卒業後、映像制作がしたくて、父親の反対を押し切ってテレビ局に就職したが、アルゼンチンの経済危機で失業し、映像を学ぶためにあらためて大学に進学して学位をとり、さらに留学して学んでいること。今は、日系人である自分のルーツに興味を持ち、日系人の若者を助けたいと考えてドキュメンタリーを制作していること。

2_3

働く理由は、「25%が収入のため、75%は、自分の夢を実現し、それが人のために役に立つこと」。

 

「好きなことをあきらめないで!道は開ける」という力強いメッセージをいただきました。

最後に「日本語でもいいから質問して」という言葉に答えて、生徒の手が上がりました。

 

Q 東京芸術大学に留学して辛いことはありませんでしたか?

A 言葉の壁です。自分以外のほとんどの人が、自分にはわからない日本語で話していること。中国や韓国からの留学生は日本語ができますから。

 

Q 壁にぶつかって、あきらめようと思ったことはありますか?

A ありません。日本は居心地がいいです。アルゼンチンでは、今日100円のものが明日は400円になるかもしれないという経済不安があります。

 

Q 反対だった父親が、なぜ賛成してくれるようになったのですか?

A 父親は厳格な人で、私が法律家になることを望んでいました。説得に次ぐ説得です。毎日説得して、映像を学ぶための大学に進学して、学位をとるということを許してもらいました。

 

自分のキャリアについて、真剣に向き合おうとしている高1の時期に、とても刺激的な内容のプレゼンでした。

《中学2年》 家庭科

中2家庭科では、福祉分野の学習が始まりました。今日は、白杖体験と車椅子体験をしました。

まず、白杖体験です。

先生から、アイマスクと白杖の使い方について説明がありました。みんなで目をつぶって見えない状態を想像し、介助者が気を付けなければならないことを考えました。

1

二人一組で、一人がアイマスクをつけて白杖を持ち、もう一人が介助者になりました。

「あそこ」とか「あっち」とか言われてもわかりません。具体的に説明することが大事です。腕を組むか肩につかまってもらうかして、介助者が半歩前を歩きます。

2_2

3

次は、車椅子体験です。

体育の授業で「車いすバスケット」の体験をした生徒たちなので、ブレーキの違い、押す人が注意すべきこと等の説明を聞きました。

4

二人一組で、体験です。カフェテリアから外へ出るところの段差を苦労して降りました。後ろ向きになって、慎重に降りていきます。少しの段差でも、降りるときは「こわい」という体験をしました。段を上がるときは「あげるよ」と声をかけていました。

5

6

次回の授業では、高齢者福祉について学び「シニア体験」をします。

 

その後、『生きてます、15歳』のビデオを視聴します。ベストセラーになった『生きてます、15歳─500gで生まれた全盲の女の子─』が原作です。「未熟児網膜症」で幼くして失明した著者井上美幸さんが、お母さんとの心の交流や自分白身の成長を描いた作品です。

 

中間テスト後には、コラムニストの「伊是名夏子さん講演会」が予定されています。「骨形成不全症」で電動車いすを使いながら、4歳と2歳の子育てを、総勢10人のヘルパーに支えながらこなしています。「助け合う」をテーマに16歳からの講演は50回以上、ファッションショーや舞台でも活躍中の方です。どんなお話をして下さるのか、楽しみです。

2018年10月 6日 (土)

《中学1年》技術・家庭科 「木工」

 中1技術・家庭科の「木工」の授業です。

 

足柄にある「21世紀の森」から、3名の講師の先生に来ていただきました。

普段は森の手入れや、林業を目指す方々への研修会などをされています。

1

まず、神奈川県は1/3以上の敷地が森であること、森の重要性について、

森を守るためには手入れが欠かせないこと、などのお話を伺いました。

 

その後、小物入れを作成しました。

2

3

木の板を組み合わせ、釘で打ち付けていきます。

初めて釘を打ったという生徒もいて、ワクワクした体験になりました。

まっすぐに釘を打ち付けるのは、なかなか難しいです。

4

紙やすりで丁寧に磨いて…可愛い小物入れができました!

大事に使ってくださいね。

2018年9月28日 (金)

《中学2年》社会 歴史新聞の発表会

社会で夏休みの宿題にしていた歴史新聞の発表会を、全クラスで行いました。この宿題は、横浜市内やその周辺の史跡や建造物(例えば山手の洋館や鎌倉の寺院)について調べ、その史跡等に行って取材し、内容を新聞にまとめるというものです。

自分で作った新聞は、自ら撮った写真と、意見・感想もあり、オリジナルの表現物となっています。互いに関心を持ちながら新聞の内容を聞きあうことができました。

Img_1855Img_1817

Img_1754Img_1709

AE

2018年9月11日 (火)

《高校1年》 現代社会

経済分野で、「企業」について学習しています。今日は、まとめとしてCSR(企業の社会的責任)について学びました。

1_2

各自、気になる企業のホームページにアクセスして、CSRについて確認し、報告しあいました。地域の子供たちに交流の場を提供している企業、環境の問題(特にリサイクル)に取り組んでいる企業など、さまざまな活動が挙がっていました。また、フィールドワーク岩手宮城で訪れる南三陸町で、「社会貢献」をしている企業もいくつも見つけました。

企業が、それぞれの業務内容や個性に応じたCSRを行っていることがわかりました。

2_2

「自社の行っている社会貢献が、SDGsのどれにあたるのか」を示している企業のホームページを、みんなで見ました。高齢化社会にどんな活動ができるのか、ジェンダーに関連して女性の働く場をどう提供しているか、開発途上国へ燃料代ゼロで夜間照明を提供する取り組みなど、興味深い活動がありました。

3_2

今の社会では、企業は「利潤追求」という以上に、「社会的責任」を負っていることがわかりました。将来、就職を考える時も、CSRの視点での評価が欠かせません。

《高校1年》 英語表現

英語表現では、タブレットを用いてテーマ作文、英語検定のライティング練習を行います。今日の授業では「好きな漫画、映画、テレビ番組」を紹介しました。 単に好きというだけではなく、その作品の作者、発表年などを書きます。

"What is your favorite TV programs or movies?  Please write about it as much as possible."

と先生が声をかけると、一斉にタブレットを開いて作業を始めました。 

1

検索しながら作品の情報を集めることから楽しそうに取り組んでいます。

英作文が完成すると「提出」ボタンを押して完了です。まとまった英語の文を書く練習をする機会を確保することで、タイピングにもどんどん慣れていきます。Chromebookで配信された課題に集中して取り組む様子が見られました。

2

最後には完成した英文を隣の友だちに紹介し合っていました。

3

提出した課題については、担当の先生がコメントをつけて返却します。英語で表現する面白さを色々な形で味わい始めているので、課題の提出がとてもスムーズになってきました。

2018年7月21日 (土)

《中学1年》 英会話

神奈川学園では毎年、中学の各学年でオーストラリア交流校のいくつかとペンパルプログラムを実施してきました。今年、中1英会話の授業では、ペンパルとのビデオメッセージの交換を行いました。その準備として、一人ひとりが自己紹介の英文を作成しました。ビデオ撮影と同時に、色とりどりの色画用紙にも英文を書き、写真などを貼って、三者面談の際にご家族も見ることができるように、中1教室の廊下の壁面にも展示しました。中1のかわいらしい自己紹介が貼り出されているのを見て、上級生たちも足を止めて見ていました。

Dsc07304_2

Dsc07305_2

Dsc07306_2

2018年7月 5日 (木)

《中学2年》 体育

中学2年生の体育の授業では、横浜ラポールから講師をお招きして『車いすバスケットボールの体験教室』を行いました。講師の方々は、川崎のチームで選手として活躍されている方々です。

1_2

体育科の先生から、「障がい者スポーツ」や「パラリンピック」「ノーマライゼーション」について説明があった後、いよいよ体験の時間です。

2_2

3

まず、講師の先生から、車いすの操作とゲームのルールについて説明と実演がありました。

4

5

体験が始まりました。実際にバスケットボール用車いすに乗って、まっすぐ走る、ぐるっと一回転する、止まる、後ろに走るなど、教えてもらった操作法を使ってみます。

次はミニゲーム体験です。5人ずつのチームに分かれて対戦しました。

6

7

楽しい時間はあっという間に過ぎてしまいました。

 

見学に来て下さった父母にも、バスケットボール用車いすの体験をしていただきました。小さな力で自在に動くことに、驚きの声が上がりました。

8

体育科では、共生社会を目指した「障がい者理解」をすすめる教科横断的な教育の一環として、実践を進めていきたいと考えています。

2018年7月 4日 (水)

《高校2年》 探究

高校2年生の「探究」では、6月27日の授業で、2チームが講演会で学びました。

≪日本文化と多文化共生≫

1

今回は「外国にルーツを持つ方からみた日本社会」をテーマに、外国をルーツに持つ子どもたちの支援活動を行う当事者団体「すたんどばいみー」の代表のチュープ・サラーンさんからお話を伺いました。

日本で暮らすことになった経緯から始まったお話は、日本社会で生きていく中で直面した葛藤や、親子間のコミュニケーションやアイデンティティの問題、外国人に参政権がない現状など多岐にわたりました。日本社会のさまざまな場面において、外国にルーツを持つ方の「人権」保障がまだまだ行き届いていない現状があることを学びました。

「みなさんが希望です」という最後にいただいた言葉を忘れず、これから各自の問題意識に向き合っていってほしいと思います。

 

 

≪服で人の暮らしをソウゾウしよう≫

2

『服で人の暮らしをソウゾウしよう』のチームは、作品制作をしようとしている生徒が多いのが特徴です。6月27日は、杉野服飾大学肉丸美香子先生に、ファッションプロダクトについて講義をして頂きました。

企画から販売までの過程についてや、新しい機器を用いた製作方法などの講義の他に、黒板を使ってデザインの方法を実演して頂いたりしました。レポートを作成する生徒にも、様々なアドバイスを頂きました。授業の後にも質問する姿も見られ、今後の取り組みのイメージが膨らむ1時間になりました。