ブログ

授業・進路

2020年4月27日 (月)

オンライン学習  4月27日の様子 [高3物理・中3英語]

オンライン学習が3週目に入りました。様々な取り組みが進んでいます。

 

[高3物理]

 

高校3年生の物理は選択授業のため、受講者は少人数です。その特性を活かして、オンライン学習は本格的なライブ授業で双方向のやり取りが展開されていました。物理室の黒板には沢山の図と静電遮蔽の文字が書かれており、「雷を車の中で聞いたとしても怖がる必要はないんだよ」と身近な例を挙げながらの説明が進んでいました。担当の先生が画面に問いかけると、生徒の反応がすぐに返ってきます。密度の濃い時間を過ごしながら、ライブで繋がる楽しさを先生も生徒も味わっているようでした。

1

2

 

[中3英語]

 

中学3年生の英語は毎日教室で行われているかのような動画配信です。課題や取り組むことが丁寧に時間割上で説明され、それをこなしていくことで達成感が得られます。文法・読解どちらもバランスよく組み込まれており、「もっと英語を頑張ろう」と意欲が湧いてきます。

 

読解の課題の前には必ず先生の声で発音練習のスライドが投稿されています。一緒にリピートする生徒の明るい顔が浮かびます。

3

4

語彙リストや内容把握シートで学んでいきます。かなり沢山の英文を読めるようになっています。

5

6

週に一度英単語の小テストも配信されます。やり直しのFormも配信され、自分が弱かった部分を克服できる機会が与えられています。まとまった英語を読み進めながらバランスよく英語の力を伸ばす機会としてオンライン学習を活用してほしいという担当者の願いが様々な配信に見られるので、生徒も自宅できっと頑張っていることでしょう。

7

 

【4月22日記事に関するお詫び】

 

*4月22日の記事で「オンライン学習」というタイトルの中に「中1英語」と記載していました。現在中学1年生に対しては郵送した教材での学習指示のみです。「オンライン学習」という言葉で誤解を生じさせてしまい、申し訳ありません。記事は「中1英語」部分はすべて削除し、修正してあります。

*中学1年生のみなさんは、「中1サイト」を開いて、各教科からのメッセージをご覧ください。

 

 

 

オンライン学習 4月24日の様子  [中3クラス・高1進路・高2学年・高2物理]

オンライン学習第2週が今日で終わります。各クラス、各教科のクラスルームには毎日きちんと生徒がアクセスし、じっくり学んでいる様子が伺えます。今回はクラスや学年の取り組みを中心に紹介します。

 

 

[中3クラス・高1進路]

 

中学3年生のあるクラスでは、生徒の声を拾った通信を発行しています。名付けて「自宅生活乗り切り特集号」。生徒からは実に豊かに色々な生活の様子が語られていました。それに対して担任・副担任の先生方が交互にコメントを返していました。クラスごとに様々なやりとりがありますが、クラス開きがあたたかな言葉に溢れていて、読んでいるだけで新しいクラスに期待を持てます。

1

2

高校1年生もクラスルームを活用しています。各クラスでダイアリーなどの提出/返却に用いていますが、そこに定期的に進路担当が「進路通信」を発行しています。高校生になった今、少し先の未来を思い描き、現在の活力にしてほしいという担任団の願いが感じられます。

3

4

 

 [高2学年]

 

高校2年生はサイトを活用して生徒に必要な情報を伝えています。オンラインダイアリーへの記入時間も確保されており、毎日一定のペースで授業が進みます。自律の力を養う機会にもなっています。

5

6

 

[高2物理]

 

13名の少人数クラスである物理の授業。クラスルームのタイトルは「物理ガールズ」です。中を覗くと、Zoomのリンクが貼ってあり(写真中のURLは一部を削除しています)、担当者の先生と気さくに何でも話せる様子が伝わってきました。1群物理はほぼ毎日1時間目に設定されています。担当の先生は「いつも朝からみんなが元気に集まってくれるから頑張れる」とコメントしていました。

7

8

 

この授業ではジグゾー法というスタイルで学んでいきます。いくつかの問題が生徒に割り当てられ、生徒は担当した問題の解答のみ受け取っています。責任を持って友だちに問題の解説を行うことで、自分の頭を使って物理を学んでいきます。「みんなが自分の言葉で物理を語っているのが好き」という先生の言葉に、生徒一人ひとりの意欲が喚起されていることと思います。

オンライン学習 4月22日の様子  [高2クラス・中2数学・高3現代文特講]

オンライン学習開始から10日が経ちました。担任の先生はダイアリーを読み、ハングアウトやコメントで話しかけます。これは高校2年生のクラスコメントです。「寝だめはできないから、生活のペースを崩さないように」と生徒を励ます言葉が載っていました。毎日どんな言葉がかけられるのか、クラスルームを開くのが楽しみになります。

1

 

 

[中2数学]

 

中学2年生の数学はとても丁寧な解説動画が配信されています。先生の声を聞きながら手書きの解説をじっくり読み込むことで、苦手分野も克服できそうです。授業の組み立てとして特徴的なのは「今日できるようになろう」という目標が具体的に示されていることです。しっかり理解できている生徒には授業全体のイメージを掴みやすく、授業理解に不安がある生徒には目標として示されているので、すんなりと授業に入っていけます。生徒の質問をオンラインの対面で受け付ける時間も設けられており、徹底的に寄り添ってくれる先生の姿勢に大きな安心感を覚える生徒も多いはずです。

4

5

6

7

 

[高3現代文特講]

 

受験学力をつけようと高3現代文特講では中身の濃い授業動画が投稿されています。「ジェンダー論」は現代社会を論じる際には不可避のテーマです。先生の解説動画に従ってじっくりと問題を読み込みながら問いを考えます。落ち着いて動画視聴をした後に各自がまとめの作業や解き直しもしやすくなっています。語彙力を確実につけていくためのテストにも取り組めるようになっており、細かく自分の定着度をはかれることで生徒は意欲を保てています。

8

9

10

11

12

 

2020年4月20日 (月)

オンライン学習 4月20日の様子  [ 高1数学・高1EC・中2家庭科 ]

オンライン学習が始まって2回目の月曜日です。生徒たちは週末を終えて、元気に朝のHRに集まってきました。

 

高校3年生のあるクラスではClassroomを使って担任の先生が新聞記事を紹介しています。「自宅にいても社会や世界に関心を持てる一人ひとりに」というメッセージです。生徒から集まってくる質問にも丁寧に答えています。何気なく発した問いが受け止められることに生徒は大きな安心を覚えているはずです。

1

オンライン学習は各学年のサイトやドキュメントからそれぞれの教科のリンクに進みます。これは高校1年のサイトです。最近タブレットの活用が始まった学年でもあり、繋がらなかった時の対処法や教材をプリントアウトする方法なども掲載されているので、生徒たちは自分でトラブルを解決できます。

2

 [高1数学]

 

高校1年生の数学のオンライン学習を紹介します。前週での学びを週末に課題で整理してから今週の学習に繋げていきます。テーマは三角比。これから重要な公式が登場することになるので、既習事項を徹底的に理解する必要性が担当の先生から語られていました。「数学的には非常に楽しい中身です」という一言もあり、生徒の意欲を喚起しています。生徒がつまづいた箇所には質問が集まっており、その一つ一つに沢山の言葉を尽くした解説が添えられていました。動画は黒板を使って授業をする先生の様子が映されており、あたかも教室で授業を受けているような気持ちになります。

3_2

4_4

5_2

6_2

7_2

[高1コミュニケーション英語(EC)]

 

高校生になると英語は「英語表現」と「コミュニケーション英語(EC)」に分かれます。ECは教科書を黒板代わりにして解説をしながら書き込む動画で生徒の理解を深めます。単語の覚え方を解説する動画も上がっており、生徒は英語の音を聞きながら、一つ一つの語をしっかり身に着けています。その日の授業について内容理解を確認するGoogleフォームに取り組んで送信するやり取りも行われており、生徒は教科担当との繋がりを実感できています。

8

9

10

11

 

[中2家庭科]

 

毎日4コマずつ進んでいるオンライン学習ですが、「放課後」という時間を設けているのが中学2年生。週に数回、家庭科と体育の先生が動画をプレゼントしてくれます。家庭科は「家族にランチを作ってみよう」と題して調理実習の動画とレシピを公開しています。テロップも入っていて、ポイントがしっかり分かります。きっと美味しいランチを家族と楽しめているのではないでしょうか。

12

13

14

15

2020年4月17日 (金)

4月17日の様子  [中2理科・高2日本史・高3英語特講]

オンライン学習5日目です。出欠確認もHangouts Meetでのホームルームもスムーズに行われています。

 

中学2年生のあるクラスルームのストリームです。担任の先生からのあたたかいメッセージが毎日更新されています。生徒の気持ちに寄り添いながらも「すぐに答を知ろうと調べてしまうのではなく、自分の頭で考えてみよう」という大切なメッセージも載っていました。クイズをきっかけに、生徒は「ちょっと考えてみようかな」と思えたはずです。

1

 

  [中2理科]

 

中学2年生の理科は地学分野「地震」について学習します。NHKの動画も効果的に用いながら、実際にスライドに先生が文字を書き込んでいく様子まで分かる授業が配信されていました。その臨場感に興味を持って取り組める生徒は多いはずです。前回の授業を受けて生徒から出された質問に対して、担当の先生が丁寧に答えているドキュメントも配信されていました。質問によって学びが深まっていく様子は教室での授業を思わせるものでした。

2

3

4

5

 

 [高2日本史]

大幅な選択制授業が始まる高校2年生。教科担当者が生徒一人ひとりに向けてメッセージを伝えながらの動画配信や課題配信を行っています。ここで紹介するのは日本史のクラスです。スライドからは「何がこの分野のポイントか」がしっかりと伝わります。課題の提出・返却を通して生徒との双方向のやり取りも生まれており、安心して高校2年生をスタートできているのではないでしょうか。

 

おはようございます。学習案内と課題を配布します。 今日は旧石器・縄文のふりかえりを行います。スライドに沿って昨日・一昨日に提出した課題の自己添削をしていきましょう。 そのため、提出していただいた課題をいったん返却します。「漢字の間違い」「問題の読み違い」などさまざまな点から確認をしていきましょう。解答がみつからなかった箇所は、解答例に加えて教科書の文章を参照しながら確認していきましょう。 このように、自分で自分の解答の改善点を見つけていくことは、学習の質を上げていくうえでとても大切になります。少しずつで構いませんので身につけていきましょう。

 

1_2

2_2

3_2

[高3英語特講]

最後に紹介するのは、高校3年生のグレード(習熟度別)授業・英語特講です。基礎事項を徹底的に押さえる期間と位置づけて詳しい文法解説動画が配信されていました。担当の先生からの指示も具体的です。

①解説スライド動画を【その4~その5~その6】の順に視聴しながら、宿題だった部分(p.6~7)の答え合わせをしてください。 ②5~10分間、見直しをしたら、Google Form形式のReview Testを解いてください。 以上が今日やることです。 次回の授業は21(火) テキスト〈第2章 受動態〉を宿題とします。p.8の例題を解いたらハンドブックの解説を読みながら自分で答え合わせをして、そのあと、p.9~10の演習問題&Writingを解いておくこと。がんばってね。

10 11

解説は先生の声で聴くことができると同時に、文字でも確認できます。自分が間違えた問題を繰り返し視聴することで苦手分野を克服できるように、という担当者の願いを生徒も受け止め、努力を継続できるとよいです。

2020年4月15日 (水)

オンライン学習 4月15日の様子 [中学1年・中2体育・高1英語表現]

オンライン学習が3日目を迎えます。始まった当初は「繋がりにくい」という問い合わせがいくつかありましたが、現在はほぼ問題なく進んでいるようです。

 

[中学1年]

中学1年生には「準備サイト」が用意されました。英語・国語・数学・社会の教材が郵送されており、学習の仕方の指示も具体的に出されています。水曜日と金曜日に学年からのメッセージが更新されます。入学が延期されましたが、新中1のみなさんはもう神奈川学園の一員です。私たちはみなさん同様、みなさん一人ひとりの入学を心待ちにしています。今は準備サイトでの出会いになりますが、沢山の期待を持って入学準備をしてください。

1_2

2

 [中学2年 体育]

自宅待機が長引く中、生活の中で健康を保つために担当の先生が骨盤の仕組みを解説し、一人ひとりに合ったストレッチ法を示してくれる動画を時間割の中で見ることができます。人体模型と共に実際にストレッチ法を見せて下さるので家でも取り組めます。「ストレッチは痛くなるまでせず、「痛気持ちいい」ところで止めるのがコツです」というメッセージになるほど、と思いました。

3

4

 

 [高校1年 英語表現]

 

高校生は全員Chromebookを持っています。高校1年生の英語表現では自己表現の機会として英作文が課題として出されています。担当者の先生との出会いもオンラインになりましたが、生徒は意欲的に英作文に取り組んでいます。担当の先生からのメッセージと課題の一部を紹介します。

  

Hello, girls! Nice to meet you! I teach you English Expression this year. I teach senior high school students every year. I'm looking forward to seeing you soon! こんにちは! 今年度、英語表現を担当します。毎年高校の授業を担当しているので、初めまして、ですね。直接会えないのが残念です。さて、今日から英語表現の配信が始まります。今日は英作文に挑戦です。内容を考え、Chromebookを使って入力するので、時間がかかる人もいると思います。慌てず、じっくり取り組んでくださいね。いくつか注意点をお伝えします。 ①自分で書きたい内容を、最初からできるだけ英語で考える。自分で知っている単語、表現を使って伝えるようにしましょう。日本語を英語に直そうとすると、難しい言い回しになったり、英語に直せないことがあり、不自然になります。 ②グーグル翻訳を使わないこと。不自然なので、グーグル翻訳を使ったことがすぐに分かります。調べるのなら、単語をweblio英和和英辞典で探すと良いです。 ③自分のオリジナリティを表現してください。(これが一番大切です!)例文のパターンを参考にして、自分の体験、考えを表現しましょう。  みなさんの課題、楽しみにしています!返却はちょっと時間がかかると思いますが、待っていてください。

 5

 

教科や学年による違いはありますが、担当者がそれぞれに生徒を思い浮かべながらの配信です。生徒のみなさんが楽しく、でも真剣に取り組んでくれることを願っています。

2020年4月13日 (月)

オンライン学習4月13日の様子 [中3国語・高3世界史]

今日はオンライン学習初日です。朝のHRには続々と生徒が集まってきました。クラスによっては、生徒たちに「週末は何をしていたの?」「今日の目標は?」など短く答えられる問いを投げかけて、お互いの声を聴き合う場を設けていました。

 

オンライン学習は各学年が「時間割」「更新情報」を用意して取り組んでいます。「今日何をすべきか」が一目でわかる時間割になっており、時間割上からそれぞれの課題にアクセスできます。これは中学3年生の時間割です。

3

 中学3年生の1時間目は国語の時間です。国語では①課題テストを解き、答え合わせまでする ②リフレクションをFormで送信する という課題が出ていました。その他にも国語科通信を読めるように設定してありますので、生徒はどのように課題を進めたらよいのか、ペースややり方まできちんと指示されていました。通信にある「ノートの作り方」を読んで、意欲的に古典の学習に取り組み始めるのではないでしょうか。

4

5

 

 次に、高校3年生世界史の動画配信を紹介します。

 

今日のテーマは「宗教改革」。13分ほどの動画には、はじめに「授業のねらい」「この授業を通して考えてほしいこと」が映りました。ノートを開いて先生の声に耳を澄ませながら学ぶ生徒の姿が目に浮かびます。

6

7

8

9

 オンライン学習は気になるところをもう一度再生して学ぶことができるなど、不安な部分を再確認できる特徴があります。高校3年生には別途郵送でプリントも送られており、その答え合わせのスライドも最後に示されました。いつも聞いている担当の先生の声に安心を覚えながら、自学で学びを深める機会にしてほしいと思いました。

2020年4月10日 (金)

オンラインでホームルームをします

オンラインでホームルームをします

1

高校3年生は来週からのオンライン学習に備えて、ホームルームのリハーサルを行いました。Google Meetという機能を使っています。 時間になると続々と生徒が各クラスの「ホームルーム」に集まってきました。名前を見つけるたびに「おはよう!」「久しぶり!」という声が聞こえてきます。担任の先生たちも嬉しそうでした。出席確認や様々な声を拾うにはFormを用います。

2

リハーサルでは時間割で科目を確認し、それぞれの教科のホームルームに入っていくことまで確認しました。担当の先生方から丁寧な指示が書かれています。休校期間でも学力をつけよう!という教科担当のメッセージは大きな励みになったのではないでしょうか。 来週月曜日からオンライン学習が本格化します。一人での学習をできる限り支えたいと思います。

2020年3月26日 (木)

《中学1年》 中学1年総合

1_2

中学1年生「総合」の取り組みが、3月15日の神奈川新聞の記事になりました。

 

神奈川学園中学校(横浜市神奈川区)の1年生が、約4500キロ離れた太平洋の島しょ国・マーシャル諸島の同世代に手紙を書いた。米国が1954年の同諸島ビキニ環礁で行った水爆実験で被ばくした日本漁船「第五福竜丸」などを題材としてきた平和学習の一環。平和の始まりは等身大の互いを知ることから-。未来の担い手である若者同士が、海を越えつながろうとしている。(記事より)

2_2

2020年2月20日 (木)

《高校2年》 探究学習発表会がありました

2月19日水曜日、探究学習の総まとめとして「学年内探究学習発表会」を開きました。2週にわたって発表者と聞き手が入れ替わるスタイルで実施され、個々の発表に興味深く聴き入る姿がありました。

1_2

2_2

使用するのは「プレゼンシート」です。一人ひとりが書いたレポートをA3のシートに簡潔にまとめ、要点を押さえて発表します。タブレットを片手に、必要であれば補助資料を提示しながら語りました。

3_2

4_2

5_2

聴き手の生徒たちは「評価シート」を手に会場を回ります。気になったことは質問し、お互いに意見交換もします。友だちの頑張りを評価するコメントはもちろんのこと、アドバイスも豊かに書き込んでいました。

6_2

7_2

8_2

多くの先生方も発表を聞きに来てくださいました。「先生に色々質問されて緊張した」という声もありましたが、堂々と自分の考えを述べ、提言に至るまでの中身を説明している姿はとても立派でした。この発表会は来週に続きます。お互いに学びを豊かに交流できるとよいです。