ブログ

講演会

2019年5月29日 (水)

《中学1年》 小森美登里さん講演会

中学1年では、5月27日に「小森美登里さん講演会」を行いました。

中学1年生の生徒全員と、希望して下さった保護者のみなさんが100周年記念講堂に集まって、小森さんのお話に耳を傾けました。

5271_2

21年前、小森さんの一人娘の香澄さんは、高校に入学して憧れていた吹奏楽部に入部しました。しかし、そこでいじめにあい、自ら命を絶ってしまいました。

香澄さんが亡くなるまでの3か月半に味わった辛さ、最愛の娘を失ったお母さんの悲しみ、守ってやれなかった自分を責める親の苦しみ、それらが聞いている私たちの心に伝わり、深く心を動かしました。

生徒や保護者の中には、泣きながら聞く姿、そっと涙をぬぐう姿がありました。

 

小森さんのお話は、誰かを責めたり怒ったりするようなお話ではありませんでした。むしろ、いじめを解決するためには、いじめている側の抱える問題に目を向けて、その心に寄り添うことが必須だとおっしゃいます。

 

「優しい心が一番大切だよ」という香澄さんの言葉、「生まれてきてくれて有り難う」という小森さんの言葉が、私たちの心に残りました。

5272_2

 小森さんから、私たちが考え続けていく『3つの問い』をもらいました。

「もし、誰かの心を傷つけたとわかったら、どうしますか?」

「理由があれば、人は人を傷つけてもいいですか?」

「周りの人が幸せな人生と、周りの人といがみ合って傷つけあう人生とどちらがいいですか?」

 

この問いに、しっかり向き合っていきたいと思います。

2019年5月11日 (土)

《高校2年》 Global Village探究講演会がありました

4月24日、探究の時間に日本の大学で学ぶ外国人留学生に来ていただき、「自分が出身国に関して課題と感じること」のプレゼンテーションをしていただきました。他国の現状を直接伺い、日本との違いに驚きながらも、誰もが安心して暮らすためには何が必要かを共に考える時間になりました。

Dsc_2414

Dsc_2417

Dsc_2423

バングラデシュ出身の留学生からは「道路の安全」というテーマのプレゼンがありました。法的な規制が弱いため、未成年者が運転をしていたり、歩行者もルールを守れていなかったりします。そのために事故の件数が多く、この状況を変えるためには日本のように運転免許更新制度や違反者への罰則が必要ではないかとご自身の考えも伝えて下さいました。

Dsc_2433

Dsc_2438

Dsc_2445

アルバニア出身留学生の主なプレゼンテーマは「教育格差」。それぞれとても深刻な課題を丁寧に説明してくださいました。教育については公立と私立それぞれの進学率や就業時の収入を比較することによって格差の広がりにつながるという問題意識が伝わってきます。EUに属していることで国外に高学歴の人々が出ていってしまうことにも問題を感じていました。

P1240701

P1240717

P1240719

この講演会では生徒が通訳を引き受けて舞台に立ちました。普段目にしないような難度の単語も多く含まれていましたが、内容を分かりやすく伝えようとよく努力しました。聴いている側の生徒の集中力も上がり、自分でも聞き取ろうと努力する様子が見られました。世界の現実を知るだけでなく、英語を介して問題意識を共有する機会となりました。

P1240725

P1240726

講演会の最後には、日本の印象を率直に尋ねる質問や自分の国の状態を改善するために何をしたいかという問いかけがなされ、日本という国を選んで学ぶお二人の志の高さを感じました。

 

今回プレゼンテーションをして下さったお二人は昨年度のGlobal Villageプログラムでも来てくださった留学生でした。素直に再会を喜び、世界との距離が縮まっていると思えています。プレゼンテーションの仕方にも学ぶことが多く、充実した時間を過ごすことができました。

2019年4月11日 (木)

《高校1年》 進路講演会

4月9日に「夢の実現に向けて」高1進路講演会が開かれました。真新しい高校生の制服を着て、少し緊張した面持ちで進路指導担当の近藤先生の話に熱心に耳を傾けている姿がとても印象的でした。

1_2

2_3

最初に、進路選択とは、「自分がどう生きていくのか考えていくこと」であると伺いました。そのために、これから職業について調べること、部活や委員会やボランティア活動で自身を持てる何かをつかんでいくこと、オープンキャンパスに参加して大学を実体験していく中で数年後の「なりたい自分をイメージすること」の大切さを教えていただきました。

 

また、今年中には進路選択の最初の壁ともいわれる「文理選択」があります。選択するにあたって、「とりあえず資格」とならないように、日常学習や文化祭の学習等を大事にして自分の適性について知ること、考えることが大切だと分かりました。

 

昨年度の高3の進路実績を元に、一般入試が一層厳しくなったことを説明していただくと同時に、困難な状況の中でも希望の進路を実現していった卒業生は「学校の授業と小テストを大事にした」ということを丁寧に説明していただきました。高1は平日3時間、休日4時間の学習習慣の完成の時期です。様々な角度から出題される大学入試に立ち向かうためには、この1年の基礎力が勝負とも言われます。受験勉強が本格化する前の土台を固める今の時期に、奮起して基礎学力を積み上げる1年を送ってほしいと思います。

 

生徒の感想からは、一人ひとりが「今なら自分次第でまだやり直すチャンスがある」ことに気づき、今までの自分と真摯に向き合い進路を考え始めたことが分かり、その素直な気持ちに全力で応えていかなければ、と担任団も決意を新たにしました。

 

生徒の感想より)

これから高校2、3年生になるにあたって今高1でする勉強がどれだけ大事なものか分かりました。科目別にみていると1学期だけでこれからの成績が決まってしまうものもいくつかあって、気を引き締めていきたいなと思いました。また、中学生でもよく言われたけど小テストがとても大事だと聞いて、中学よりも力を入れて頑張りたいと感じました。これから中学に比べてもっと忙しくなるし、勉強も難しくなって今までの勉強法が苦しくなってしまうと思うから、自分に合う勉強法を探しながら予習復習を大切にしていきたいと思いました。夢ナビは楽しそうだし、世界が広がるかもしれないなと思いました。コツコツを勉強ができるようになりたいと思いました。

2019年3月19日 (火)

《中学1年》 平和学習

中学1年生では、1年間の平和学習の最後に、栗田佳典さんの講演会を行いました。

 

栗田さんは、NPO法人「テラ・ルネッサンス」のスタッフです。アフリカやカンボジアに渡って、子ども兵士として戦争に参加させられた人たちや、地雷で生活を奪われた子どもたちのために、支援活動をしています。

現地についてのお話から、ウガンダやカンボジアの残酷な現実や、それを、自分たちの力では解決できない現状を知りました。また、そこでは、自分の力で自立して未来を作っていくことが、とても困難なのだとわかりました。

1

テラ・ルネッサンスは、ウガンダで、「元こども兵士のための社会復帰支援センター」を運営しています。

ゲリラに誘拐されて兵士にされた子どもが、脱走して村に逃げ帰っても、多くは、温かく迎えられることはありません。村人にとっては、村を襲った加害者という場合さえあるからです。

2

そうした現状から、元子ども兵士の自立を助けるために、「支援センター」では心のケアと職業訓練を行っています。技術を身につけて収入を得て、自立した生活をできるように支援しているのです。

栗田さんは、センターの卒業生が作ったTシャツや手工芸品を見せて下さいました。Tシャツはご自分のお子さんのものだそうです。

3

元子ども兵士のジョセフさんは、2つの夢を実現したそうです。ひとつは、センターを卒業後、プロの縫製職人になったことです。もうひとつは、その傍ら、センターで技術を教えていることです。

『「みんなとシェアしたい気持ち」「誰かのために生きていきたい気持ち」それが、ジョセフさんの「今」を支えている』というお話が、心に残りました。

 

栗田さんは、私たちに、3つの「カンシン」を持ち続けてほしいとおっしゃいました。「関心」「感心」「観心」の3つです。世界で起こっていることに「関心を持つこと」現実を「しっかり観ること」そこに生きる人々に「共感すること」です。このことを、忘れないようにしようと思いました。

2019年1月18日 (金)

《中学3年》 国際 ディジュリドゥ演奏会

中学3年生の「国際」の授業で、上野哲路さんの『ディジュリドゥ演奏会』がありました。

1

ディジュリドゥは、オーストラリアの先住民アボリジニの伝統的な楽器で、世界最古の楽器ともいわれています。

白アリが食べて空洞になった木にペイントが施されています。

2

上野さんは、カンガルーの曲、カメの曲、イルカの曲、西風、波など様々な曲を演奏してくださいました。

カンガルーが飛び跳ねていく様子や風が吹く様子が想像できる演奏でした。

生徒は、初めて聴くディジュリドゥの不思議な音色と、迫力のある演奏に聞き入っていました。

 

演奏の合間には、スライドやビデオを見せて、ディジュリドゥのこと、アボリジニのことについて説明してくださいました。

オーストラリアの文化に間近に触れる、貴重な体験となりました。

2018年10月17日 (水)

《高校1年》 進路講演会

高1では、現在大学4年生の卒業生3人を招いて、お話を聞きました。

どの先輩も、高校3年まで運動部に所属して活動していました。学習と学校生活の充実を両立し、希望の進路を実現した3人のお話は、高1の生徒にとって刺激的なものでした。

 

上智大学法学部のTさん

1_2

Tさんは、「どのように進路選択したのか」と、「現在の大学での学び」について話してくれました。

進路選択にあたっては、特に大きなきっかけがあったわけではなく、それまでの自分の興味をもとに決めたそうです。例えば、文化祭の展示で知った児童労働の問題、フィールドワーク沖縄で出会った基地問題などの社会問題に興味を持ってきたので、「大学では、まだ知らない世界のことや社会のことを学ぼう」という選択をしたということでした。

大学では、法学の専門科目だけでなく、自分の興味によって、幅広く学ぶチャンスを生かしていること、また、高1で体験したオーストラリア研修の時から抱いていた留学の夢が叶い、大学3年生の時、交換留学生としてシドニーの大学で1年間学んだことを話してくれました。この時は、違う国から来た5人の学生と一緒の部屋で暮らし、たくさんのテストやレポート課題に心が折れそうになりながら、図書館で必死に勉強したそうです。ここで、環境問題について学び、4年生の今は「行政環境法」を専門にしています。就職は「地球上に住むみんなに関わりのある、環境問題解決につながるような仕事につきたい」と考えて会社選びをしたそうです。

「何よりも自分で納得して選ぶことが大事。自分が、その時に持っている興味を信じて選んでいけばよい。」という言葉が、心に残りました。

 

慶応義塾大学看護医療学部のWさん

2

Wさんが看護師になろうと決意したのは、高1の進路選択の時だそうです。人生を振り返り、特に印象に残っていた出来事が5歳年下の弟の誕生だったことから、「人の生命にかかわる仕事っていいかもしれない」と思いました。中学1年生の時、鎌田實さんの講演会での緩和ケアの話で「自分らしく生きて自分らしくなくなるサポートをする」という言葉を聞いたことも心に残っていました。一方、英語や文学を学びたいという思いもあり、悩んだ末に看護師を選びました。が、それは今後の人生を考えて、看護師になっても英語や文学は勉強できると思ったからだそうです。「二兎を追って、二兎とも得たいと考えた」という言葉が印象的でした。

バドミントン部の引退が高3の6月で、それから本格的に受験勉強を始めたけれど、高1高2で宿題や小テストを頑張っていたことが支えになったそうです。基礎がしっかり身についていたこと、また、自分のペースがわかっていたこと、などです。「今、計画を立ててしっかり勉強することで、高3で後悔しないようにして下さい」と、励まされました。

看護学部は必修科目や実習も多く自由な時間が少ないけれど、患者さんと良い関係を作り、精いっぱい看護した実習の体験はかけがえのないもの、「大学合格はゴールではなく夢へのスタートでした。」と言い切る姿を、まぶしく感じました。

 

早稲田大学政治経済学部のSさん

3

Sさんは、高1の時には医者になりたくて国公立理系を選択したけれども、オーストラリア研修の体験から外交官になりたいと心変わりして、高3で文転しました。進路選択は「自分がどんな個性を持つのか、どんな人になるのか」を自分で決めることだから、間違った選択肢なんてないと話してくれました。

そして、勉強については「どう自信をつけるのか?」その答えは、「日々の努力です」と言い切っていました。友達の能動的な授業姿勢に刺激されたというエピソードから、授業や日常の学習を大切にする「クラスの雰囲気」の大切さ、隙間時間の活用まで、説得力のあるお話でした。

大学生活のはじめに、哲学の教授から「実存は本質に先立つ」という言葉を示されたそうです。「自分の生きる意味や目的を手探りで苦労してでも見つけていきなさい」というメッセージでした。Sさんは、外交官になるためにはどんな素養が必要かという観点から自分の大学生活をデザインしました。海外に出て異文化に触れること、幅広く学ぶこと、自分の偏りを意識すること、の3つの観点です。カナダやタイへの留学、平昌オリンピックのボランティア参加など積極的に海外に出て、視野が大きく開け、考え方が柔軟になりました。タイで、環境政策の授業で地球温暖化について学んだ時に、カンボジアの学生が英語でした発言に「はっ」とさせられた体験など、興味深いお話を聞くうちに、あっという間に時間が過ぎてしまいました。

2018年10月12日 (金)

《高校1年》 Mini Global Village#2

10月6日の「2019年度高2選択履修説明会」の中で、グローバル・ビレッジのミニプログラムとして、アルゼンチン出身の留学生リーダーのお話を聞きました。

現在、東京芸術大学の留学生である彼女の、ここに至るまでの人生の選択や働く理由についてが、語られました。

1_2

高校卒業後、映像制作がしたくて、父親の反対を押し切ってテレビ局に就職したが、アルゼンチンの経済危機で失業し、映像を学ぶためにあらためて大学に進学して学位をとり、さらに留学して学んでいること。今は、日系人である自分のルーツに興味を持ち、日系人の若者を助けたいと考えてドキュメンタリーを制作していること。

2_3

働く理由は、「25%が収入のため、75%は、自分の夢を実現し、それが人のために役に立つこと」。

 

「好きなことをあきらめないで!道は開ける」という力強いメッセージをいただきました。

最後に「日本語でもいいから質問して」という言葉に答えて、生徒の手が上がりました。

 

Q 東京芸術大学に留学して辛いことはありませんでしたか?

A 言葉の壁です。自分以外のほとんどの人が、自分にはわからない日本語で話していること。中国や韓国からの留学生は日本語ができますから。

 

Q 壁にぶつかって、あきらめようと思ったことはありますか?

A ありません。日本は居心地がいいです。アルゼンチンでは、今日100円のものが明日は400円になるかもしれないという経済不安があります。

 

Q 反対だった父親が、なぜ賛成してくれるようになったのですか?

A 父親は厳格な人で、私が法律家になることを望んでいました。説得に次ぐ説得です。毎日説得して、映像を学ぶための大学に進学して、学位をとるということを許してもらいました。

 

自分のキャリアについて、真剣に向き合おうとしている高1の時期に、とても刺激的な内容のプレゼンでした。

2018年10月 9日 (火)

《中学1年》 平和学習

第五福竜丸・元乗組員 大石又七さん、第五福竜丸展示館・学芸員 市田真理さん講演会

 

第五福竜丸元乗組員の大石又七さんと、第五福竜丸展示館学芸員の市田真理さんのお話を伺いました。大石さんが第五福竜丸についてのお話を始めたきっかけは、6人の中学生が「話を聞かせてほしい」と、訪ねてきたことだったそうです。気の進まなかった大石さんでしたが、中学生の熱心さに触れて、以来、多くの学校に招かれてお話をなさっています。

神奈川学園と大石さんの出会いは、23年前、当時中学2年生だった先輩が、文化祭の学習で大石さんにお手紙を書いたことから始まりました。毎年学校に来ていただいて、中学1年生がお話を聞き、一日研修で「第五福竜丸展示館」を訪問しています。

1

最初に市田さんから「第五福竜丸事件」について、お話がありました。

1954年3月1日午前6時45分 ビキニ環礁でアメリカが水爆実験を行い、160キロほど離れたところにいたマグロ漁船「第五福竜丸」が被爆しました。巨大なキノコ雲が空を覆い、2時間後「第五福竜丸」には、真っ白な「死の灰」が降り注ぎました。

乗組員23人全員がひどい放射線障害を起こし,半年後には無線長の久保山愛吉さんが、「原水爆の被害者は私を最後にしてほしい」という言葉を残して亡くなりました。

2

次に、大石さんがお話して下さいました。

大石さんは、14才で漁師になり、第五福竜丸で被爆した当時は20才でした。

退院から2年後、大石さんは東京に出てクリーニング屋をはじめました。故郷の焼津では、新聞報道や政府の対応によって、心ない人たちからの差別や嫌がらせを受けたからです。自分が被爆者であることはずっと隠していたそうです。

3

「第五福竜丸」が水揚げしたマグロは、放射能で汚染されていて「原子マグロ」と言われて恐れられ、築地に埋められました。後世の人達が、このことを忘れないために、大石さんが中心になって「マグロ塚」を建てました。この塚は、大石さんのお話を聞いた全国の中高生が、10円募金をしたお金で作られています。

大石さんのお話は、フクシマの子供たちの被爆や「核兵器禁止条約」のことなどにも及びました。

4

市田さんから、「せっかくのチャンスだから大石さんに質問のある人はいますか?」と声がかかりました。ひとりから質問が出ると、次々と手が上がりました。

生徒からの質問の一部と、お答えを紹介します。

 

Q 「死の灰」を、どれくらいの時間浴びたのですか?

A 灰の降る中で、6時間くらい操業していました。海水で洗い流したけれど、デッキに白く積もって足跡が付きました。焼津港に戻るまでの2週間、灰と一緒にいたということになります。

Q 灰を見た時の気持ちは、どうでしたか?

A なんとも思いませんでした。何だろうとは思いましたが、何も知らなかったから、怖くなかったんです。

Q 展示館にある「第五福竜丸」は本物ですか?本物だとしたら、どうやって放射能を取り除いたんですか?

A 本物です。放射能には半減期というのがあって、徐々に減っていきます。「第五福竜丸」は、政府が買い取って東京に持っていき、残留放射線を計測していました。安全が確認された後、改造して大学の「演習船」にされました。その後、船としての耐用年数が過ぎたので、ごみの島に捨てられていたのです。それを見つけて修復して、展示館に置いてあります。

Q マグロが危ないということで土に埋めたそうですが、そのほかのお魚はどうだったんでしょうか?

A 小型のさかなは放射線の測定が難しかったので、計測しませんでした。また、その後も核実験は繰り返されましたが、日本政府は魚の検査をやめたので、どうだったかはわかりません。

5

最後に、生徒を代表して二人から、感想とお礼を一言ずつ添えて、花束を差し上げました。生徒代表の感想では、「被爆した人が、いわれのない非難を受けたということへの憤り」「知ったことを自分も伝えて行きたいという気持ち」「知らなければ死の灰も怖いと思わないということの恐ろしさ」それらが自分の心に残ったということが、語られました。

2018年7月29日 (日)

《中学2年》環境学習 岸由二先生による講演会を行いました

中学2 年になって総合学習としての環境学習が始まりました。環境問題を考えていくためには川を中心にした「流域」という単位で生態系をみることが必要です。5月には関東で唯一の集水域生態系「小網代」についても理科2 の授業で学び、現地で研修を行いました。

続いて夏休みには「流域」に注目した課題レポートとして自分の川の流域を知り、流域地図をつくってもらい、流域について自ら学びます。その事前研修として「流域地図の作り方」の著者である慶応大学名誉教授の岸由二先生からご講演をいただきました。

今回は特別に講演の冒頭で7月の西日本豪雨災害を流域の観点で解説してくださり、そこから身近な川である鶴見川について「鶴見川は本当に汚いのか」というテーマで講演いただきました。過去何度も氾濫し水害を起こしてきたり、水質汚濁が問題だとされてきた鶴見川が、多くの人々の取り組みで改善されてきた経緯を知り、生徒たちは自分たちの生活する環境と「流域」の観点で関わっていく重要さを学ぶことができました。

Cimg8911Cimg8910Cimg8907

以下生徒の感想:

今日、岸先生のお話をうかがって、私はいつもニュースで「〇〇町で洪水が起こりました。」というのを聞いて、川が起こしているということは全く気がつきませんでした。そして、私の家に最も近い川である鶴見川の水質がいつもワースト1~3位に入っていたなんて、全然気がつきませんでした。小さいころから、鶴見川付近の町に住んでいたけれど、全く興味がありませんでした。時々、体験などの手紙が来ていたけれど、「面倒くさいな」と思って、全く参加しませんでした。けれども、今日、岸先生のお話をうかがったら、小さいころから鶴見川は汚いんだよと聞いていたけれど、治水の世界では一番注目されているということを聞いて驚きました。なぜなら、こんなに自分の身近である川が世界でも注目をうけているのになぜ気がつかなかったのだろうか、と思ったからです。そして、なぜ日本では注目されていないのだろうか、という疑問をもちました。そして、小網代では鶴見川とは正反対の管理をしているということにも納得しました。小網代は、わざと川を氾濫させるように管理をして、湿地が広がり生き物たちが喜ぶようにしている、ということに対してすごくいいことだと思いました。今回のことを通して、川は普段の私たちの生活にとても密接していて、その背景には洪水や氾濫などの水害があり、それらをどう対処していくか、ということがこれからの私たちに必要なことだと思ったと同時に今までよりももっと関心を持っていく必要があると思いました。(T・Mさん)

2018年7月23日 (月)

《中学1年》 松本正さんの講演会がありました

 7月14日(土)に、松本正さんの講演会がありました。松本さんは、中学生の時に広島の原爆でご家族やご親戚を亡くされました。講演会では、当時の松本さんが目撃した原爆の凄惨さを、資料を示しながらとても熱心にお話ししてくださいました。お話が終わった後、松本さんがご用意なさった資料を自由に見る時間を少しだけ取りましたが、大勢の生徒が壇上に見に来たことには、松本さんご自身も大変驚いていらっしゃいました。生徒たちは、生々しい戦争の惨状を知り、そこから「戦争」とは一体なんなんだろうか、どうして起きるのか、何が問題なのか、と幅広い意味での平和について考え始めています。

 これから二学期以降は、核実験の犠牲になった第五福竜丸について、そしてさらに広げて現代の戦争などの問題についても考えていきます。

1_2

2_3

以下、生徒の感想です。

私は松本正さんのお話を聞いて思ったことが2つあります。

 1つ目は戦争の恐ろしさです。松本正さんのお話の中にあった「日本人に米軍機を慣れさせようとするために、原子爆弾を落とす前はB-29が毎日来ていた」という言葉がとても衝撃的でした。より多くの人が防空壕に入らず、より多くの人を殺せる時間をねらう。「戦争に勝つためにここまで考えるのか」と私は思いました。そして、そのようなことを人が考える戦争はとても恐ろしいと思いました。

 2つ目は平和の大切さです。日本は戦後70年以上も戦争をしていません。なので私は、これまでこの日常が普通だと思っていました。70年以上前に戦争が起き、その戦争でたくさんの方々が亡くなったということは知っていても、あまり自分に実感がわきませんでした。ですが、松本正さんの「今私たちが平和でいられるのは被爆者の方のおかげです」という言葉にハッとさせられました。「今私たちが平和に生活していられるのは、被爆者の方々が戦争の恐ろしさ・原子爆弾の恐ろしさを世界に訴えてきたから」という松本正さんの言葉をしっかりと心に置いておきたいと思います。そして、今私たちが平和に暮らせているこの日常は全く普通のものではなく、被爆者の方々が戦争の恐ろしさ・原爆の恐ろしさを世界に訴えてきたことで成り立った平和。それが70年以上も続いていることはとてもすごいことだと思います。なので、このようなことをしっかりと心に置いて、一日一日を大事に過ごしていきたいです。(Nさん)