ブログ

講演会

2018年10月17日 (水)

《高校1年》 進路講演会

高1では、現在大学4年生の卒業生3人を招いて、お話を聞きました。

どの先輩も、高校3年まで運動部に所属して活動していました。学習と学校生活の充実を両立し、希望の進路を実現した3人のお話は、高1の生徒にとって刺激的なものでした。

 

上智大学法学部のTさん

1_2

Tさんは、「どのように進路選択したのか」と、「現在の大学での学び」について話してくれました。

進路選択にあたっては、特に大きなきっかけがあったわけではなく、それまでの自分の興味をもとに決めたそうです。例えば、文化祭の展示で知った児童労働の問題、フィールドワーク沖縄で出会った基地問題などの社会問題に興味を持ってきたので、「大学では、まだ知らない世界のことや社会のことを学ぼう」という選択をしたということでした。

大学では、法学の専門科目だけでなく、自分の興味によって、幅広く学ぶチャンスを生かしていること、また、高1で体験したオーストラリア研修の時から抱いていた留学の夢が叶い、大学3年生の時、交換留学生としてシドニーの大学で1年間学んだことを話してくれました。この時は、違う国から来た5人の学生と一緒の部屋で暮らし、たくさんのテストやレポート課題に心が折れそうになりながら、図書館で必死に勉強したそうです。ここで、環境問題について学び、4年生の今は「行政環境法」を専門にしています。就職は「地球上に住むみんなに関わりのある、環境問題解決につながるような仕事につきたい」と考えて会社選びをしたそうです。

「何よりも自分で納得して選ぶことが大事。自分が、その時に持っている興味を信じて選んでいけばよい。」という言葉が、心に残りました。

 

慶応義塾大学看護医療学部のWさん

2

Wさんが看護師になろうと決意したのは、高1の進路選択の時だそうです。人生を振り返り、特に印象に残っていた出来事が5歳年下の弟の誕生だったことから、「人の生命にかかわる仕事っていいかもしれない」と思いました。中学1年生の時、鎌田實さんの講演会での緩和ケアの話で「自分らしく生きて自分らしくなくなるサポートをする」という言葉を聞いたことも心に残っていました。一方、英語や文学を学びたいという思いもあり、悩んだ末に看護師を選びました。が、それは今後の人生を考えて、看護師になっても英語や文学は勉強できると思ったからだそうです。「二兎を追って、二兎とも得たいと考えた」という言葉が印象的でした。

バドミントン部の引退が高3の6月で、それから本格的に受験勉強を始めたけれど、高1高2で宿題や小テストを頑張っていたことが支えになったそうです。基礎がしっかり身についていたこと、また、自分のペースがわかっていたこと、などです。「今、計画を立ててしっかり勉強することで、高3で後悔しないようにして下さい」と、励まされました。

看護学部は必修科目や実習も多く自由な時間が少ないけれど、患者さんと良い関係を作り、精いっぱい看護した実習の体験はかけがえのないもの、「大学合格はゴールではなく夢へのスタートでした。」と言い切る姿を、まぶしく感じました。

 

早稲田大学政治経済学部のSさん

3

Sさんは、高1の時には医者になりたくて国公立理系を選択したけれども、オーストラリア研修の体験から外交官になりたいと心変わりして、高3で文転しました。進路選択は「自分がどんな個性を持つのか、どんな人になるのか」を自分で決めることだから、間違った選択肢なんてないと話してくれました。

そして、勉強については「どう自信をつけるのか?」その答えは、「日々の努力です」と言い切っていました。友達の能動的な授業姿勢に刺激されたというエピソードから、授業や日常の学習を大切にする「クラスの雰囲気」の大切さ、隙間時間の活用まで、説得力のあるお話でした。

大学生活のはじめに、哲学の教授から「実存は本質に先立つ」という言葉を示されたそうです。「自分の生きる意味や目的を手探りで苦労してでも見つけていきなさい」というメッセージでした。Sさんは、外交官になるためにはどんな素養が必要かという観点から自分の大学生活をデザインしました。海外に出て異文化に触れること、幅広く学ぶこと、自分の偏りを意識すること、の3つの観点です。カナダやタイへの留学、平昌オリンピックのボランティア参加など積極的に海外に出て、視野が大きく開け、考え方が柔軟になりました。タイで、環境政策の授業で地球温暖化について学んだ時に、カンボジアの学生が英語でした発言に「はっ」とさせられた体験など、興味深いお話を聞くうちに、あっという間に時間が過ぎてしまいました。

2018年10月12日 (金)

《高校1年》 Mini Global Village#2

10月6日の「2019年度高2選択履修説明会」の中で、グローバル・ビレッジのミニプログラムとして、アルゼンチン出身の留学生リーダーのお話を聞きました。

現在、東京芸術大学の留学生である彼女の、ここに至るまでの人生の選択や働く理由についてが、語られました。

1_2

高校卒業後、映像制作がしたくて、父親の反対を押し切ってテレビ局に就職したが、アルゼンチンの経済危機で失業し、映像を学ぶためにあらためて大学に進学して学位をとり、さらに留学して学んでいること。今は、日系人である自分のルーツに興味を持ち、日系人の若者を助けたいと考えてドキュメンタリーを制作していること。

2_3

働く理由は、「25%が収入のため、75%は、自分の夢を実現し、それが人のために役に立つこと」。

 

「好きなことをあきらめないで!道は開ける」という力強いメッセージをいただきました。

最後に「日本語でもいいから質問して」という言葉に答えて、生徒の手が上がりました。

 

Q 東京芸術大学に留学して辛いことはありませんでしたか?

A 言葉の壁です。自分以外のほとんどの人が、自分にはわからない日本語で話していること。中国や韓国からの留学生は日本語ができますから。

 

Q 壁にぶつかって、あきらめようと思ったことはありますか?

A ありません。日本は居心地がいいです。アルゼンチンでは、今日100円のものが明日は400円になるかもしれないという経済不安があります。

 

Q 反対だった父親が、なぜ賛成してくれるようになったのですか?

A 父親は厳格な人で、私が法律家になることを望んでいました。説得に次ぐ説得です。毎日説得して、映像を学ぶための大学に進学して、学位をとるということを許してもらいました。

 

自分のキャリアについて、真剣に向き合おうとしている高1の時期に、とても刺激的な内容のプレゼンでした。

2018年10月 9日 (火)

《中学1年》 平和学習

第五福竜丸・元乗組員 大石又七さん、第五福竜丸展示館・学芸員 市田真理さん講演会

 

第五福竜丸元乗組員の大石又七さんと、第五福竜丸展示館学芸員の市田真理さんのお話を伺いました。大石さんが第五福竜丸についてのお話を始めたきっかけは、6人の中学生が「話を聞かせてほしい」と、訪ねてきたことだったそうです。気の進まなかった大石さんでしたが、中学生の熱心さに触れて、以来、多くの学校に招かれてお話をなさっています。

神奈川学園と大石さんの出会いは、23年前、当時中学2年生だった先輩が、文化祭の学習で大石さんにお手紙を書いたことから始まりました。毎年学校に来ていただいて、中学1年生がお話を聞き、一日研修で「第五福竜丸展示館」を訪問しています。

1

最初に市田さんから「第五福竜丸事件」について、お話がありました。

1954年3月1日午前6時45分 ビキニ環礁でアメリカが水爆実験を行い、160キロほど離れたところにいたマグロ漁船「第五福竜丸」が被爆しました。巨大なキノコ雲が空を覆い、2時間後「第五福竜丸」には、真っ白な「死の灰」が降り注ぎました。

乗組員23人全員がひどい放射線障害を起こし,半年後には無線長の久保山愛吉さんが、「原水爆の被害者は私を最後にしてほしい」という言葉を残して亡くなりました。

2

次に、大石さんがお話して下さいました。

大石さんは、14才で漁師になり、第五福竜丸で被爆した当時は20才でした。

退院から2年後、大石さんは東京に出てクリーニング屋をはじめました。故郷の焼津では、新聞報道や政府の対応によって、心ない人たちからの差別や嫌がらせを受けたからです。自分が被爆者であることはずっと隠していたそうです。

3

「第五福竜丸」が水揚げしたマグロは、放射能で汚染されていて「原子マグロ」と言われて恐れられ、築地に埋められました。後世の人達が、このことを忘れないために、大石さんが中心になって「マグロ塚」を建てました。この塚は、大石さんのお話を聞いた全国の中高生が、10円募金をしたお金で作られています。

大石さんのお話は、フクシマの子供たちの被爆や「核兵器禁止条約」のことなどにも及びました。

4

市田さんから、「せっかくのチャンスだから大石さんに質問のある人はいますか?」と声がかかりました。ひとりから質問が出ると、次々と手が上がりました。

生徒からの質問の一部と、お答えを紹介します。

 

Q 「死の灰」を、どれくらいの時間浴びたのですか?

A 灰の降る中で、6時間くらい操業していました。海水で洗い流したけれど、デッキに白く積もって足跡が付きました。焼津港に戻るまでの2週間、灰と一緒にいたということになります。

Q 灰を見た時の気持ちは、どうでしたか?

A なんとも思いませんでした。何だろうとは思いましたが、何も知らなかったから、怖くなかったんです。

Q 展示館にある「第五福竜丸」は本物ですか?本物だとしたら、どうやって放射能を取り除いたんですか?

A 本物です。放射能には半減期というのがあって、徐々に減っていきます。「第五福竜丸」は、政府が買い取って東京に持っていき、残留放射線を計測していました。安全が確認された後、改造して大学の「演習船」にされました。その後、船としての耐用年数が過ぎたので、ごみの島に捨てられていたのです。それを見つけて修復して、展示館に置いてあります。

Q マグロが危ないということで土に埋めたそうですが、そのほかのお魚はどうだったんでしょうか?

A 小型のさかなは放射線の測定が難しかったので、計測しませんでした。また、その後も核実験は繰り返されましたが、日本政府は魚の検査をやめたので、どうだったかはわかりません。

5

最後に、生徒を代表して二人から、感想とお礼を一言ずつ添えて、花束を差し上げました。生徒代表の感想では、「被爆した人が、いわれのない非難を受けたということへの憤り」「知ったことを自分も伝えて行きたいという気持ち」「知らなければ死の灰も怖いと思わないということの恐ろしさ」それらが自分の心に残ったということが、語られました。

2018年7月29日 (日)

《中学2年》環境学習 岸由二先生による講演会を行いました

中学2 年になって総合学習としての環境学習が始まりました。環境問題を考えていくためには川を中心にした「流域」という単位で生態系をみることが必要です。5月には関東で唯一の集水域生態系「小網代」についても理科2 の授業で学び、現地で研修を行いました。

続いて夏休みには「流域」に注目した課題レポートとして自分の川の流域を知り、流域地図をつくってもらい、流域について自ら学びます。その事前研修として「流域地図の作り方」の著者である慶応大学名誉教授の岸由二先生からご講演をいただきました。

今回は特別に講演の冒頭で7月の西日本豪雨災害を流域の観点で解説してくださり、そこから身近な川である鶴見川について「鶴見川は本当に汚いのか」というテーマで講演いただきました。過去何度も氾濫し水害を起こしてきたり、水質汚濁が問題だとされてきた鶴見川が、多くの人々の取り組みで改善されてきた経緯を知り、生徒たちは自分たちの生活する環境と「流域」の観点で関わっていく重要さを学ぶことができました。

Cimg8911Cimg8910Cimg8907

以下生徒の感想:

今日、岸先生のお話をうかがって、私はいつもニュースで「〇〇町で洪水が起こりました。」というのを聞いて、川が起こしているということは全く気がつきませんでした。そして、私の家に最も近い川である鶴見川の水質がいつもワースト1~3位に入っていたなんて、全然気がつきませんでした。小さいころから、鶴見川付近の町に住んでいたけれど、全く興味がありませんでした。時々、体験などの手紙が来ていたけれど、「面倒くさいな」と思って、全く参加しませんでした。けれども、今日、岸先生のお話をうかがったら、小さいころから鶴見川は汚いんだよと聞いていたけれど、治水の世界では一番注目されているということを聞いて驚きました。なぜなら、こんなに自分の身近である川が世界でも注目をうけているのになぜ気がつかなかったのだろうか、と思ったからです。そして、なぜ日本では注目されていないのだろうか、という疑問をもちました。そして、小網代では鶴見川とは正反対の管理をしているということにも納得しました。小網代は、わざと川を氾濫させるように管理をして、湿地が広がり生き物たちが喜ぶようにしている、ということに対してすごくいいことだと思いました。今回のことを通して、川は普段の私たちの生活にとても密接していて、その背景には洪水や氾濫などの水害があり、それらをどう対処していくか、ということがこれからの私たちに必要なことだと思ったと同時に今までよりももっと関心を持っていく必要があると思いました。(T・Mさん)

2018年7月23日 (月)

《中学1年》 松本正さんの講演会がありました

 7月14日(土)に、松本正さんの講演会がありました。松本さんは、中学生の時に広島の原爆でご家族やご親戚を亡くされました。講演会では、当時の松本さんが目撃した原爆の凄惨さを、資料を示しながらとても熱心にお話ししてくださいました。お話が終わった後、松本さんがご用意なさった資料を自由に見る時間を少しだけ取りましたが、大勢の生徒が壇上に見に来たことには、松本さんご自身も大変驚いていらっしゃいました。生徒たちは、生々しい戦争の惨状を知り、そこから「戦争」とは一体なんなんだろうか、どうして起きるのか、何が問題なのか、と幅広い意味での平和について考え始めています。

 これから二学期以降は、核実験の犠牲になった第五福竜丸について、そしてさらに広げて現代の戦争などの問題についても考えていきます。

1_2

2_3

以下、生徒の感想です。

私は松本正さんのお話を聞いて思ったことが2つあります。

 1つ目は戦争の恐ろしさです。松本正さんのお話の中にあった「日本人に米軍機を慣れさせようとするために、原子爆弾を落とす前はB-29が毎日来ていた」という言葉がとても衝撃的でした。より多くの人が防空壕に入らず、より多くの人を殺せる時間をねらう。「戦争に勝つためにここまで考えるのか」と私は思いました。そして、そのようなことを人が考える戦争はとても恐ろしいと思いました。

 2つ目は平和の大切さです。日本は戦後70年以上も戦争をしていません。なので私は、これまでこの日常が普通だと思っていました。70年以上前に戦争が起き、その戦争でたくさんの方々が亡くなったということは知っていても、あまり自分に実感がわきませんでした。ですが、松本正さんの「今私たちが平和でいられるのは被爆者の方のおかげです」という言葉にハッとさせられました。「今私たちが平和に生活していられるのは、被爆者の方々が戦争の恐ろしさ・原子爆弾の恐ろしさを世界に訴えてきたから」という松本正さんの言葉をしっかりと心に置いておきたいと思います。そして、今私たちが平和に暮らせているこの日常は全く普通のものではなく、被爆者の方々が戦争の恐ろしさ・原爆の恐ろしさを世界に訴えてきたことで成り立った平和。それが70年以上も続いていることはとてもすごいことだと思います。なので、このようなことをしっかりと心に置いて、一日一日を大事に過ごしていきたいです。(Nさん)

2018年7月19日 (木)

《高校2年》 文化祭の研究発表のための学習

高2A組では、世田谷区長の保坂展人氏をお招きして「18才選挙権」について学びました。

1

保坂氏は、校内暴力やいじめの現場にジャーナリストとして向き合い、その後、国会議員、世田谷区長と政治家の道を歩んでこられました。「担任からの依頼を受けて、久しぶりに10代と向き合って話をしようと思いました。」とおっしゃって、話を始められました。

2

クラスで行った「18才選挙権についてのアンケート」から、賛成反対について、保坂氏から「何故そう考えるのか」を問われました。「若者の意見が政治に反映されるから賛成」「どうせ政治は変わらないから反対」などの意見があがりました。

3

実際の選挙では、18才、19才、20才代と投票率がどんどん低くなっているという現実を知りました。政策に期待してもダメで、若者自身が自分の意見を持ち、要求していかなければ政治は変わらないとわかりました。「政治が人生を変える」という世田谷区の政策のお話も、心に残りました。

2018年5月31日 (木)

《中学2年》環境学習 矢部和弘先生による講演・小網代の森研修を行いました

中学2 年になって総合学習としての環境学習に取り組んでいます。環境問題を考えていくためには川を中心にした「流域」という単位で生態系をみることが必要です。5月には関東で唯一の集水域生態系「小網代の森」について理科2 の授業および、東京農業大学の矢部和弘先生による講演で事前学習をし、小網代の森の現地で研修を行いました。

矢部先生による講演「小網代の森の自然環境と保全活動の歴史」では、小網代の森研修の意義と見どころを教えていただきました。春休みの課題図書「『流域地図』の作り方」の解説と、理科2の授業で生態系について学んでいることの橋渡しにもなるもので、生徒たちからは「ようやくいろいろなことがつながりました!」や「小網代に行っていろいろな生物を見るのが楽しみになりました」といった感想を得ていました。

Cimg8651_2

Cimg8655 Cimg8659

小網代の森では、当日は好天に恵まれ、とても充実した自然観察の時間となりました。先だって講演いただいた矢部先生をはじめNPO小網代野外活動調整会議の皆様のガイドのもと、小網代の森に生きる多様な動物・植物と人間による環境保全活動の関係について学び、干潟鑑賞も最後の組までしっかりと行え、本物のアカテガニも見せていただきました。生徒たちは普段触れる機会の少ない豊かな自然の中で、生物と環境、自分たちの関わりを一生懸命学んでいました。

Cimg2745 Cimg8686 Dsc_8517_2

Dsc_8545 Cimg8758 Cimg2855

小網代研修に続いて夏休みには「流域」に注目した課題レポートとして自分の川の流域を知り、流域地図をつくり、流域について自ら学びます。

2018年5月30日 (水)

《中学1年》 小森美登里さん講演会

5月26日(土)に、中学一年生を対象とした小森美登里さんの講演会がありました。小森さんは、いじめによって娘さんをなくされました。その悲しみや痛み、そして娘さんへの深い愛情を多くの人々に伝え、この世界からいじめをなくそうと前に進み続ける小森さんのお話は、生徒たちの胸に深く響いたことと思われます。会場のあちこちからときおりすすり泣く声も聞こえ、ひとりひとりが「いじめ」の問題を真摯に受け止め、考えることができた講演会でした。

小森さんがすべての子どもたちにあてて書かれた「生まれてきてくれてありがとう」という詩は、本校の教員が朗読いたしました。すべての子どもたちを尊重し、皆が自由に羽ばたける学校づくりに、今後も生徒たちとともに取り組んでゆきたいと思います。

また、今回の講演会には保護者の方々にも多数参加していただきました。深く感謝を申し上げますとともに、今後お子さんとお話をするきっかけなどにしていただければ幸いです。

Dscn0084

Dscn0082

2018年4月16日 (月)

《高校3年》 崔善愛さん講演会

ガイダンス期間に高校3年生はピアニストである崔善愛(チェ・ソンエ)さんに、講演と演奏をしていただきました。

崔さんはご自身の生き方を振り返り、ショパンの生き方にも触れながら、お話をして下さいました。講演のあとには、力強いショパンのピアノ演奏を聴かせてくださいました。

P4090105

P4090112

P4090110

P4090114

崔さんは北九州出身ですが、21歳の時、当時施行されていた外国人登録法の指紋押捺を拒否しました。その裁判を通して、「自分とはなにか」「自分の国とは」を長い間苦しみながら考えざるを得なかったそうです。

講演会のあとには、自身の進路の悩みを含めた感想や、「差別意識をなくすにはどうしたらよいと思いますか」など、自発的に質問や感想を述べる姿がみられました。

進路について真剣に悩み考えている高3のみなさんには「生き方」を考える良いきっかけとなり、お話と演奏に力強く励まされた講演会でした。

 

生徒の感想より

今日の講演を聞いて、驚くことがたくさんありました。日本がかつて崔さんのような在日コリアンの方に対して指紋を取っていたということや、それを拒否しただけで、1度日本から出たらもう戻れないようにしていたということを聞いて、ひどいことだとも思ったし、そのようなことをしていた日本を恥ずかしく思いました。それと同時に、昔このようなことが日本で起きていたことを全く知らなかった自分も恥ずかしいと思いました。今回のお話だけでなく、今の日本のことについて私はよく知りません。テレビのニュースもあまり見ないし、新聞も読みません。今日私は、そんな自分を恥ずかしく思いました。私は次に誕生日を迎えれば18歳になり、選挙権が与えられますが、今のまま何も知らないでいたら、その権利を放棄することになると思います。なので、今から少しでもニュースを見て新聞を読んで、今自分の住んでいる日本で何が起きているかを1人の日本人として知っていかなければいけないと思いました。

2018年2月25日 (日)

《中学2年》 卒業生による講演会―海外研修に向けてー

Photo

一年後に海外研修を控えた中学2年生にむけて、2月15日に本校を卒業した現在大学2年生のFさんに当時の体験や、その時の経験がその後の学生生活にどんな影響を与えたかという話をしてもらいました。また、17日のPTAでは保護者向けに、Fさんに加えてFさんのお母様にも話して頂きました。

Fさんは研修の際に割り当てられた学校のメンバーに友人が居なくて不安になったこと、ステイ先に洗濯をお願いしづらくてとても困ったエピソードなどを話してくれました。そんな苦しい中にあって感じたのは、同じ隊の仲間と励まし合うことや、勇気をふりしぼって話してみることの大切さだそうです。この研修やその後の講演会、授業をきっかけに、国際政治経済に興味をもったFさんは現在の進学先(法学部政治学科)を選んだそうです。

海外研修の準備は中3から始まります。そのため中2の生徒たちは研修に対して期待よりも不安の方が多いように見受けられます。そんな時期だからこそ、悩んで悩んで大きく成長した先輩の姿がまぶしく映ったようです。感想には中2の生徒の素直な感動と憧れ、研修への期待が綴られていました。

Dsc_3874

Dsc_3875

 Fさんの講演での言葉と生徒の感想を紹介させて頂きます。

(Fさん)

私の今までの話を聞くと、ものすごく積極的で前向きな、頭のいい子のように思われるかもしれません。中学入学から高校1年生まで、成績が悪いわけではありませんでしたが、だからといってとても良かったわけでもありません。部活での人間関係、クラスでの友人関係、成績など思い通りにいかず悩んで悩んでたくさん泣いて、失敗も山ほどしました。それでも自分がやりたいことには必ずチャレンジしてきたと思うから、後悔はあまりありません。

私が今回お伝えしたかったのは海外研修という新しい挑戦を楽しんで、皆さんが大きく成長するきっかけにして欲しいということです。たとえ失敗があっても、それを通して自分ができたこと、できなかったことがわかったり、新たな挑戦に繋がるかもしれません。失敗を恐れずに、前向きにぜひこのチャンスに挑んで行って欲しいなと思います。

 

(中2生徒の感想)

海外研修が来年にある、と聞いて正直「行きたくない」と思っていた今日この頃、そんな時にFさんのお話を聞いて少し心が軽くなった気がしました。

私は今、色々なことで悩み、そのせいで日々ストレスが溜まってしまい、どうしたらいいのかわからない状況になっています。それは部活のこともありますし、人間関係やクラスのこともあります。自分のこともあります。Fさんが「部活で違う考えのグループができてしまい大変だった」とおっしゃっていたとき、「あ、私もそうだな」と思いました。

でも実際考えてみると考えがそれぞれ違うのは当たり前なんだなと思いました。のんびりマイペースにやりたい人もいれば、本気で取り組みたい人もいるし、どちらでもない人もいる。そんな中で一つのことに取り組むと決めたときに皆の意見をどれだけうまくくみ取り、まとめるかが大事なんだと気づかされました。

 

今回のお話を聞いて、自分の視野を広げることは自分をよりよくするためにとても重要なことなんだと思いました。私は外国へ行ったことがありません。そして中3の海外研修を少し怖く感じています。今の私は日本の文化や価値観しか知りません。それしか知らないということは、とらわれているということでもあります。海外研修ではきっと日本とは違った文化や価値観に囲まれて過ごすことになるだろうと思います。それができるか、とても不安です。しかし今回Fさんのお話を聞いて、海外研修とは自分と異なる他を受け入れる練習なのだと分かりました。自分が勝手に持っている偏見などを全て捨て去って受け入れることは大人になってからも必要なことだと思いました。