ブログ

Kanagawaプロジェクト

2018年12月 3日 (月)

《高校1年》 FW水俣 埼玉大学生との交流会

11月29日の午後は2時間連続でフィールドワークの授業がありました。国内フィールドワークで水俣方面に参加した生徒が埼玉大学安藤聡彦先生ゼミの方々と交流しました。水俣での旅を振り返り、新たな気付きを得る機会となりました。

Saidai01

Saidai02

高校1年生の代表生徒が11月中旬に出かけた水俣の旅をスライドで振り返りました。それぞれの場面で感じたことを自分の言葉で堂々と伝える姿に水俣での出会いの豊かさを思いました。

Saidai03

Saidai04

次に埼玉大学安藤ゼミの方々が自己紹介を兼ねて、研究テーマや水俣との出会いを話してくださいました。進路選択の時期と重なることもあり、高校1年生は少し先の自分をイメージしながら聞いています。自ら問題意識を深め、研究テーマやこだわりをまっすぐに伝える姿に心動かされていました。

Saidai05

Saidai09

Saidai08

いよいよ交流の始まりです。高校1年生は現地で最も印象に残った出会いや言葉を拾い、スライドにして説明をしました。訥々と、ではありましたが、何故自分がこの言葉に引っかかったのかを言葉を尽くして語りました。大学生は一人ひとりの言葉に真剣に耳を傾け、更に深まる問いを投げかけます。水俣や水俣病を通して「人間とは何か」「社会はどのようにあるべきか」を考える機会となりました。

Saidai07

Saidai10

Saidai11

交流会後半は、新たに3つのポイントを設定して「水俣病から何を学ぶのか」を共に考えました。模造紙に付箋で「気になった言葉」を書き、ある程度出揃ったところで分類分けをします。組み立ても分類も自由なので、チームで相談しながらの作業はとても楽しそうでした。あるチームは模造紙の中央に大きく「欲」と書いていました。水俣病が起きた原因だけでなく人間の持つ「欲」には様々な種類があり、一概に否定せずに考えようとする姿が印象的でした。

Saidai12

Saidai13

Saidai14

付箋を貼る時には一つの作品を創り上げるつもりで丁寧に取り組みました。大学生のアドバイスは的確で、生徒はじっくり言葉と向き合います。ある程度完成したところで、全員の前で発表する機会を持ちました。

Saidai16

Saidai15

Saidai17

発表会でも様々な見方や意見を聞くことができました。あるチームは、愛林館で食べたアヒルと、水俣病発見に欠かせなかったネコ400号実験を重ねて考えることができ、人間以外の動物から命をいただく意味を考えました。また、差別や偏見について考えたり、胎児性水俣病患者と障害者の人権を合わせて考えたりもしています。生徒自身が「意見を交わしあって学びが深まっていく」楽しさを実感できた2時間でした。

Saidai18

埼玉大学・安藤ゼミのみなさん、ありがとうございました。

2018年11月26日 (月)

《高校2年》 探究

探究「アートの行方」チームは、六本木の森美術館を訪問し、開催中の「カタストロフと美術のちから」展を教育普及担当の方に解説していただきながら鑑賞しました。

1

自然災害、戦争やテロなど私たちを襲うカタストロフ(大惨事)に対して美術はどう向き合うのか、40組の現代アートの作家の取り組みを紹介する展覧会です。

2

難民問題を取り上げたオノ・ヨーコの作品は、鑑賞者が平和へのメッセージを自由に書き込む参加型のアート作品でした。

3

これまで調べてきたアーティストの作品がいくつもあり、また少し現代アートの探究が深まりました

2018年11月22日 (木)

《高校2年》 探究

高2探究・「古典芸能」では、『横浜能楽堂』を見学しました。

『横浜能楽堂』は明治8年、東京の根岸にあった旧加賀藩主前田斉泰邸を移築修復した建物です。日本でも、古い伝統ある建築物のひとつです。

外観を目にしただけでも風格があり、生徒の中から感嘆の声がもれました。

1

まず、本舞台の見学です。ガイドさんが専属で、みっちり案内してくださいました。

2

楽屋、鏡の間、装束の間、焙じ室など、裏もガイドしていただきました。

3

「幕引き」の体験を、全員にさせてもらいました。

「おまく」と声をかけると、左右の2人が、阿吽の呼吸ですっと幕をあげます。

密度の濃い1時間半はあっという間に過ぎ、本物の迫力を堪能しました。

夏に参加した国立劇場での「歌舞伎教室」とも合わせて、充実した体験になりました。

調査と体験に基づいて、各自の問題意識からレポートをまとめていきます。