2017年1月18日 (水)

《同窓会》 「新成人を祝う会」が開かれました

 成人の日の2017年1月9日(月)、「新成人を祝う会」が開かれました。

 今年集まったのは2015年3月に本校を巣立った卒業生たち。全体のおよそ9割にあたる160名が集まりました。会場のカフェテリアには、晴れ着に身を包んだ、2年前よりぐっと大人びた卒業生たちがあふれました。

 会は校長からのお祝いの言葉に始まり、新成人代表の言葉、そして学年担任団を始めとする教職員からのお祝いの言葉が述べられました。その後、歓談の時間と写真撮影の時間がもたれました。

Nrc_9678

Dsc_9286

Dsc_9294

Dsc_9304

Dsc_9315

Nrc_9746

 ここでは、出席者に贈られた学年担任団からの「新成人を祝う会に寄せて」と、当日の新成人代表の言葉を掲載します。

 

新成人を祝う会に寄せて

 

2017年という新しい年が幕を開けました。第67回卒業生のみなさんの「新成人」をお祝いできることを心から嬉しく思います。今日の「新成人を祝う会」には147名の方から出席の返事をいただきました。やむを得ず欠席の方々からもそれぞれが自分の選んだ道を一歩一歩進んでいることが伝わってくるメッセージをいただいています。みなさんが神奈川学園を卒業してから約2年が経ちますが、その月日の間にますます豊かに学び、魅力あふれる一人ひとりになって「心のふるさと」に帰ってきてくださったのだと思います。再会できる喜びをかみしめながら私たちは今日の日を迎えました。

 

「…神奈川学園での生活とも今日を以てお別れとなり、4月からは全く新しい生活が始まります。私はこれから始まる生活に対する期待も大きいですが、今は不安の方が大きいです。しかしただひとつはっきりと言えることは私たちの進路そして将来は、決して自分ひとりで手にしたわけではなくて、周りの家族や先生友達の支えがあったからこそということです。

だから大学生になって多くのものに出会い、戸惑い苦しくなってしまった時には、自分の進路は多くの人の支えのもとに成り立っているということ、どのような選択をしようとも応援してくれる人が居るということを思い出しながら、自分が正しいと思う道を歩んでゆきたいです。

2015年3月1日、私たちは神奈川学園中学高等学校を卒業し、自ら選び取った別々の道を歩んで行きます。卒業生178名がそれぞれの場で様々に活躍し、輝いて笑顔で再会できることを祈って。」

 

卒業式当日、6年間のまとめとして元生徒会長のTRさんはこのような言葉を語りました。現在の皆さんの生活はどうでしょうか。期待と不安が入り混じったスタートから新しく自分の居場所を見つけていき、笑顔が徐々に増えていったのではないでしょうか。もしかしたらまだはっきりと定まらない将来に対して新しい不安を感じ始めているかもしれません。

 

嬉しい時も苦しい時もみなさんは「一人」ではありません。目の前にいなくてもみなさんが作ってきた関係や繋がりは様々な形でみなさんを支えています。ここに集まった中高時代の友人はもちろんのこと、母校にいる私たち教員も「繋がり」のある存在としてみなさんの歩みを見守っています。そして何より20年間みなさんを支え見守ってきた家族の方々は、健やかに今日の日を迎えられたことを心から喜んでいるはずです。「成人」としてのみなさんはこれからもその繋がりを信じて自分の選んだ道を力強く歩んでください。

 

 みなさんが創ってきた「繋がり」や他者を思う「優しさ」を思い返すと、対照的に現在の世界が抱えている難しさが浮かび上がります。他者を排斥し、違いを受容しない不寛容で攻撃的な潮流が世界中で見られるようになり、その流れを受けて、神奈川学園の行事プログラムも大きく変えることになりました。ヨーロッパで相次ぐテロの影響を受け、海外研修は中止や方面限定を余儀なくされてきました。来年度からは中学3年生でホームステイを中心とした海外研修を行い、高校1年生で国内フィールドワークに行くことになっています。行事の実施学年が変わったとしても、みなさんと共に創り上げてきたプログラムの思想やその内容は今後も引き継がれていきます。みなさんは「学び」の豊かさと可能性をはっきりと示してくれました。

 

 現在の世界が分断を是とする方向に向かいつつあるとしても、一人ひとりが緩やかな繋がりを大切にし、他者や異文化を受容できる力を蓄えて「誰もが安心して暮らせる社会」を目指していけば、少しずつでも社会は変わっていくはずです。その社会を創り出していくのはみなさん自身です。緩やかに他者と繋がる力を持ち、自分の考えを言葉にして伝えることができ、何よりも自分の信じた道を切り拓く行動力のあるみなさんならきっとできるはずです。応援メッセージを送りながら、私たちも自分の場所で精一杯頑張ります。次の再会で「私たちも頑張っているよ」とみなさんに語れるように。

 「新成人」おめでとうございます。帰ってきてくれて、ありがとう。

Dsc_9320

Dsc_9351

Nrc_9790

 

新成人代表の言葉

 

 お久しぶりです。2015年3月1日に私たちが神奈川学園を卒業してから、早いもので約2年が経とうとしています。みなさんはどのような日々を送っていたでしょうか。きっととても充実した日々を送っていたのだろうと思います。

 さて、みなさんは今日の成人式をどのような気持ちで迎えていますでしょうか。私は今日成人の日を迎えるにあたって、これから続く未来への期待と成人するに伴って生じる責任への不安とが入り混じった、何とも言えない気持ちでいます。

 小さい頃から成人の日には振袖を身にまとった女性たちをテレビで観てきましたが、今日自分の番になってみても、なかなか実感がわかず、不思議な感じがします。ただ20年という節目の年を迎えるにあたって感じたことは、ここまでほんとうに多くの人と出会い、時には衝突をしながらも支えられてきたということです。私のような若者が人生を語るのは少しおかしいかもしれませんが、生まれてきてから今日まで数えきれないほどたくさんの楽しいことも苦しいことも経験してきました。そして、どの、どのような瞬間を切り取ってみても、いつも傍には家族をはじめとして先生方や友人がいたと思います。たしかに時には自分ひとりで解決して乗り越えなければならないときもあるでしょう。しかし、それでもやはり何らかの形で、誰かの「存在」に、「声」に、そして「面影」に助けられたのではないでしょうか。

 そう考えると私の人生は自分自身のものであって、自分だけのものではないのだなと思います。間違っても周りの人や自分自身を悲しませたり裏切るような生き方をしてはならないと思いました。

 最後に成人の日を迎えたということで、どのような人になりたいかということについて少し話をさせてください。それはどのようなときも周りに流されない人になりたいということです。これから生きていくにあたって、今までもそうであったように、きっと私たちの耳にはいろいろな情報が入って、絶え間なく取捨選択が迫られると思います。そのようなときに、簡単に周囲の意見に踊らされるのではなくて、今までの自分の経験と知性とを以て判断をできるような、凛とした女性になりたいです。そしてまたもう一つは、“一瞬一瞬を全力で生きてゆきたい”ということです。どこかで手をぬくようなことはせずに、何事に対しても真摯に向き合い、今、自分ができる精一杯のことをしたいと思います。

 

 きっとこの神奈川学園で学んだ私たちは、これから先の人生で出くわすであろう困難もはねのけて、今よりもっとパワフルに輝かしい人生にしていけると思っています。

 またみなさんにどこかで会えることを心から楽しみにしています。

Dsc_9366

Dsc_9377

Dsc_9380

Dsc_9390

Dsc_9398

Dsc_9410

2017年1月17日 (火)

《高校1年》 国際 上野哲路さんのディジュリドゥ演奏会

2017年の新年初回の国際の授業では、学年合同でアボリジニの民族楽器であるディジュリドゥの演奏会が行われました。演奏をしてくださったのは上野哲路さんです。アーティストとしては「哲J」という名前で活動されています。上野さんには本校でオーストラリア方面の研修が始まった当初からお世話になっており、今回もご協力をいただき演奏会を開催することとなりました。

Dsc06399

Dsc06406

Dsc06414

演奏会の後は各研修先の方面に分かれての分散会でしたが、オーストラリア方面の生徒たちは引き続き上野さんのお話を伺い、アボリジニの方々の文化や生活について学びました。特にアイデンティティーについて問いかけがあり、それぞれが考えを深められたものになりました。

以下は生徒の感想です。

 ディジュリドゥの音を初めて聞きました。リコーダーみたいに穴が開いているのかと思っていたけど、実際は違って、どちらかというとリズム楽器に近いと聞き、「なるほど」と思いました。上野さんが演奏前に曲の説明をしてくださったので、曲の情景を思い浮かべやすかったし、アボリジニの人々は自然をリズムで表現していることに感動しました。自然の力によってつくられた楽器で自然を表現することは、今の私が生きる世の中ではなかなか触れないことだと思いました。
 その後の上野さんのお話では、アボリジニについてよく知ることができました。アボリジニは、場所によって言葉、文化、芸術、生活が違うことに驚きました。そして、彼らは自分の存在を確立していることがすごいと思ったし、うらやましいと感じました。自分のアイデンティティーがあり、それが伝統的に受け継がれていること。それを知り、自分のアイデンティティーは何かを考える機会を与えてもらいました。今、自分のアイデンティティーは?と言われてハッキリ答えられないが、私がAUSに行ったときに見つけられるんじゃないかと思います。カルチャーショックがあるのは承知しています。それによって自分の視野が広がることを楽しみにしているし、成長できると思います。  (I. Wさん)

2016年12月17日 (土)

《中学2年》 アイヌ文化体験会がありました

Img_4529

Img_4536

12月15日に3名のアイヌの方に来ていただき、文化体験と講演をしていただきました。事前に社会の授業や学年集会でアイヌの歴史を学び、質問を考えて臨んだ会でしたので、生徒は集中してお話を聞き、豊かな文化を楽しく学びました。

Img_4577

P1220026

P1220028

お話は質疑応答形式で進んでいきます。「音楽や踊りにはどのようなものがあるのですか」「アイヌ語で一番素敵だと思う言葉を教えてください」など、生徒10名が出した質問にとても丁寧に答えてくださいました。アイヌ独自の音楽ということでは民謡も披露していただき、そのゆったりとした不思議な曲調に耳を澄ませました。

P1220030

P1220031

P1220033

中には「自分がアイヌだということに葛藤や辛かったことはありましたか」という質問がありました。「自分ではないけれども、アイヌということを隠してきた母親のことを思うと辛い」という答えを聞き、生徒一人ひとりが「誰もが認められて生きていくこと」の大切さを思いました。差別の歴史を持ちながらも今を前向きに生きている姿に心動かされた生徒たちです。

P1220037

Img_4539

アイヌは自然の中に暮らしてきた民族であり、様々な神(カムイ)を祀っています。そのカムイへ祈りを捧げる儀式に使う道具も特別に見せてくださいました。見事な模様が彫られている祭具を手に取って、じっくりとその美しさを眺め、アイヌが大事にしてきた祈りの時を思いました。

P1220043

P1220057

P1220055

お話の後は文化体験です。まずはアイヌの口琴、ムックリの演奏に挑戦です。持ち方から鳴らし方まで丁寧に教えていただき、中にはすぐに音が出るようになった生徒もいました。先生たちも挑戦し、中には上手に演奏できた先生もいました。生徒たちは大喜びでした。

Img_4545

Img_4549

P1220062

P1220065

Img_4558

Img_4567

Img_4575

最後は全員で3つの輪になって踊りました。手拍子と腕の振りが独特でしたが、すぐに覚えることができ、笑顔で踊りの輪が動いていく様子は圧巻でした。

体をくぐらせながら豊かな文化を学ぶ体験会。生徒の心に刻まれるものとなりました。

2016年12月15日 (木)

《中学2年》 神奈川水再生センターを訪問しました

2学期末の考査講評期間の午後に、中学2年生は環境学習の一環として水再生センターを訪れました。夏休みから継続して「水」を様々な切り口から学んできたので、水再生の仕組みについて興味深く学ぶことができました。

P1210960

P1210963

P1210967

まずはDVDで水再生センターの働きを学び、下水処理がどのような仕組みで行われているのかを理解しました。下水管には緩やかな傾斜がついているため、自然に生活からの汚水が集まるそうです。雨水と合わせて下水となり、微生物などを活用した処理がなされます。横浜全体の人口は378万人に達しており、下水処理を行き届かせるのは大変なことだと知りました。

P1210977

P1210982

P1210981

見学は水質検査室前から始まりました。反応タンクの中にある活性汚泥を目の前で見ることができ、興味津々です。最初沈殿池から段階を経て、見た目にもきれいになっていることが分かりました。

P1210986

P1210988

P1210990

モーターを回すためにかなりの電力が必要だということも広大な施設を歩きながら実感しました。水再生センター内には発電する装置もありました。非常時に対応するためという説明を聞き、私たちの生活が見えない部分で守られていることに気づきました。

P1210996

P1210999

P1220001

外に出てからは、順番に沈殿池を見学しました。反応タンクの中には活性汚泥があり、目に見えない微生物の働きを想像しました。ゆっくりと水を流すことで汚物を取り除くシステムを見学しながら、生活の中の汚れがここに集まっているのだと実感しました。

P1220003

P1220005

P1220007

最後に見せていただいたのは中央制御室です。通常の雨はもちろん、ゲリラ豪雨にも対応するべく休みなしで制御しているそうです。生活に密着しながらもなかなか気づきにくい水再生の働きを知り、沢山の質問にも答えていただいて、実り多い訪問になりました。

P1220009

P1220011

P1220014

2016年12月10日 (土)

《花と実の会》 創立100周年記念ホール落成 記念講演会のお知らせ

神奈川学園     創立100周年記念ホール落成 記念講演会

花と実の会総会   ようこそ心のふるさとへ

母校はあなたのおいでを心よりお待ちしています

 

2017年の花と実の会総会~ようこそ心のふるさとへ~は「創立100周年記念ホール」の竣工を記念し、下記の通り講演会を開催致します。
すでにご出席の返信はがきをお送りいただいている方もありますが、 まだお申込みされていない卒業生の皆さま、どうぞこの機会に母校へお出かけください。

 

■日時・場所

 2017(平成29)年4月29日(土祝) 受付 9時10分~10時 
 会場  神奈川学園 創立100周年記念ホール

20152

■概要

 全体会・講演会  10時 ~ 12時(予定)

 ・オープニング   本校吹奏楽部
 ・『神奈川学園の歴史と今』 
 ジャーナリスト 萩谷順氏 講演会 ~女性が輝くために~
 コメンテーターとしてテレビでもおなじみの萩谷順氏をお迎えします。神奈川学園にとてもご縁の深い方です。

■募集          500名

■会費          無料(昼食の準備はありません)

■お申込み    9月1日発行の会報『花と実』に同封しました返信はがきにてお申し込みください。
                      はがきが無い場合は、お電話・FAX・メールでも結構です。
                      その際、①卒業回数(または卒業年) 組 ②氏名(旧姓) ③申込人数
                   ④連絡先(ご住所・電話番号など)をお知らせください。

■お申込み先  神奈川学園中学校・高等学校 花と実の会事務局
                      TEL 045-311-2961  FAX 045-311-2474
                      E-mail  dousoukai@kanagawa-kgs.ac.jp

■〆切          12月20日(定員に達した場合は締め切らせていただきますので、ご了承ください。)

卒業50年の高校19回生(昭和42年3月卒業)と、卒業30年の高校39回生(昭和62年3月卒業)の皆さまへは、来年になりましたら別途ご案内をお送りしますので、その際ご返信くださいますようお願い申し上げます。

2016年11月29日 (火)

《中学》2016年度中学音楽会が開催されました

Dsc06012

 11月24日、横須賀芸術劇場にて中学音楽会が開催されました。

 生徒のみなさんには当日の様子について、教員による音楽会総務会からの講評が伝えられました。その講評を掲載いたします。

 みなさん、音楽会お疲れさまでした。横須賀芸術劇場のホール一杯にみなさんの素敵な歌声と熱い思いが響き渡り、とても素敵な音楽会でした。

 1学期の終わりに選曲を始め2学期には練習を開始し、これまで練習を重ねてきましたが、本番では練習の成果を十分に発揮することができたでしょうか。取り組みは音楽の授業を中心に進めてきましたが、あっという間に学年ごとのリハーサルの日を迎え、どのクラスもまだ音楽会に気持ちが集中できず、不十分な状態だったかと思います。しかしそこからのみなさんの頑張りには、すごいエネルギーを感じました。最後まであきらめず、どのクラスも本当によく頑張りましたね。本番のみなさんの心の込もった美しい歌声が、今も心に残っています。

Img_4132

 中学1年生は初めての取り組みでしたので、最初はどう取り組みを進めていけばいいのかがわからず、とまどいも大きかったのではないかと思います。しかし、自分たちの力でパート練習を上手に進めることができ、とても積極的に取り組んできたことは立派だったと思います。表現をするということに対しても練習当初はなかなか表情を付けたり体全体で表現しきることができませんでしたが、練習を重ねるうちに少しずつやってみようと努力する姿が見られるようになりました。本番ではこれまでの苦労や努力が実り、どのクラスも心の込もった精一杯の合唱を聴かせてくれました。みんなで一つのものを作り上げることは大変だけれど、とても素敵なことですね。今感じているその気持ちをぜひ来年の取り組みにつなげていってくれたらと思います。

 

Img_4214

 中学2年生は、やはり中1の時とは違い心身ともに成長し、声も表現もとても豊かになりました。3部合唱に初めて挑戦する学年で、年齢的には声の出しにくい時期のはずですが、どのクラスもそんなことは感じさせない、とてものびのびとして豊かな演奏でした。何より発声の美しさ、ハーモニーの美しさが印象的でしたが、表現力も豊かになりましたね。詩の内容をきちんとお客様に伝えようとするその姿勢が伝わり、心を打つ演奏でした。

 

 

Img_4330

 中学3年生は、どのクラスも深い内容の曲、そして技術的にも難易度の高い曲へチャレンジしていました。さすが中3ですね。中1・中2の積み重ねもあり、どのクラスも表現することに対してとても前向きでした。しっかり声を響かせることはもちろんのこと、それぞれが詩の内容を掘り下げ、場面ごとの表現の変化なども工夫され、その曲の持つ世界を自分達のものにしようと努力してきたことの伝わってくる、素晴らしい演奏ばかりだったと思います。

 

 学年リハーサルでは、どの学年も不十分な演奏で、多くの課題を残しましたが、その後のみなさんの精一杯の努力と最後まであきらめない姿勢が、本番では素晴らしい演奏へとつながったのだと思います。クラスが一体となって最後の最後まで諦めずに取り組んできたその思いが、本番の演奏で花開き、心に残る演奏となりました。

 この音楽会を通じて、きっとみなさんは、人と人とが心を交流させ一つのものを作り上げることの大切さを実感していることでしょう。ぜひこの思いをこれからに生かしていってほしいと思います。

2016年11月17日 (木)

《広報室より》 第5回学校説明会 11月19日(土) 神奈川学園講堂 10:30~12:00

 第5回学校説明会のプログラムについてお知らせいたします。

Jugyou001_2

ぜひ足をお運びくださいますようお願いいたします。

 ■10:30~12:00 学校説明会プログラム

          会場:神奈川学園講堂

(0)開会に先がけてビデオ上映(16年度文化祭/10:20~10:28)

(1)16年3月卒業生の進路結果と今後の課題  湊谷利男(校長)

(2)中学生の自立を育む取り組み  大石圭子(教頭)

(3)2020年高大接続改革へ向けての対応  及川正俊(教頭)    

(4)17年度入試とインターネット出願について  藤澤里悠太(広報室長)

 *会終了後、ご希望の方には授業・施設案内をいたします。
 *なお、「事前のご予約」「上履き」は必要ありません。
 *現在建築工事中のため、ご不便をお掛けいたしますがご容赦ください。

2016年11月16日 (水)

《広報室より》 12月17日(土)入試問題説明会のお知らせ

平成28年12月17日(土)8時30分~12時30分において、神奈川学園では、6年生児童とその保護者の方を対象とした、「入試問題説明会」を実施いたします。 入試当日と同様の教室で、過去問題をもとに演習を行います。その後、本校教員が合否のポイントとなった問題を中心に解答・解説を行います。

当日の詳細はこちらを参照ください。

なお、参加される方は予約が必要です。こちらより申し込みをお願い致します。

※申し込みをされた方は、「受付票」を印刷して、当日ご持参ください。
スマートフォン等よりお申込みいただいた場合でも「受付票」を印刷するようお願い致します。

2016年11月15日 (火)

《中学2年》 治水や水循環について小林さんの講演を聞きました

11月11日は「学年の日」でした。午前中のみの日でしたが、鶴見川流域ネットワーキングの小林範和さんをお招きして、鶴見川を切り口に「治水」「水再生」「水循環」についてとても豊かな講演をしていただきました。

P1210815

P1210774

P1210782

小林さんはまず全員に「川の水はどこから来るの?」と問いかけました。生徒からは「空」「山」「雲」という答えが聞こえてきました。その答えを拾いながら、流域に降った雨が集まって川になることを説明することから講演は始まりました。

P1210809

P1210780

P1210816

鶴見川の特徴は「つるむ川」という語源によく表れているのではないかと小林さんは語っていました。曲がりが多い鶴見川は洪水の多い暴れ川でもあり、昭和50年代までは大規模水害に悩まされてきたことが写真で分かりました。現在は河川改修、調整池、遊水地の取り組みが進み、平成に入ってからは水害は起こっていません。目に見えないところに様々な工夫がされていることが分かり、生徒たちはとても驚いていました。

Pb122200

Pb122187

Pb122182

都市河川である鶴見川は「汚れ」でも有名な川でした。生活の汚れがその中でも96%を占めていると分かり、自分の生活が川に直結していることを実感しました。昔よりはきれいになっていると考える人数はとても多く、下水処理場の働きについても思いを馳せることができました。「どうして川の水はこれ以上きれいにならないのか」という問いについても真剣に考えていました。

P1210822

P1210828

P1210835

講演の後半はワークショップ形式で行われました。「あなたは、どこで、誰と暮らしていますか」という問いの答をそれぞれが紙に書いて示します。「家で家族と」「横浜で家族と」…時には「日本で家族と」という答えが見られました。

その答えを拾いながら、小林さんは改めて流域を考える意味を伝えてくださいました。鬼怒川の大規模災害は県を越えた源流域で大雨が降ったために下流で堤防が決壊したことなどを例にとり、地面を意識して広く地域をとらえる意味を伝えてくださったので、生徒たちはとても納得していました。

P1210839

Pb114613

Pb122211

講演の最後は外来種の問題に触れ、生態系のバランスを理解する必要性が語られました。更には、自分の生まれ育った川の流域はどこかをもう一度考えて、友だちと共有することで川に対する関心が高まっていました。

Pb122213

Pb122227

Pb122214

Pb114612

小林さんは「流域」という思考を大切にすることで見えない部分を想像することの大切さを伝えてくださいました。川を軸にして地域全体を眺める視点を共有できたと思います。「自分の住んでいる地域はどうなのか」「自分が生活の中で出した汚れはどこに行くのか」など、「自分」や「自分の生活」を問う講演会になりました。

 

 

 小林さんのお話を聞いて、神奈川県の川のことについて沢山のことを学びました。小林さんのお話の中で特に印象に残っていたのは「洪水」のことについてです。川は江戸時代や大正時代までは小学校や中学校の子供たちが夏の水泳の授業で泳ぎ疲れてしまったら、そのまま川の水を飲んでいたそうでした。今の川もとてもきれいだけれど、「遊びたい」「飲んでしまおう」という気持ちにはなりません。そして、1970年代の川は洗剤の泡だらけになっていて、川の水の色もとても汚いこげ茶色をしていて、とても不快になるような感じでした。だけど、原因が私たちの生活のせいだと考えると心が痛いです。

 そして大正時代から平成になるにつれて、30%の都市部が約80%に急増して、とてもにぎやかでよいことだと思いますが、それと引き換えに土の中に雨が浸透してゆっくり川に流されていくのに約10時間ほど必要だったのに、今ではたったの2時間だけで川に流れてしまうということが洪水につながるのだなと思いました。でも今は洪水を防ぐためのテニスコートのような場所を作ることによって、洪水をできるだけ最小限に抑えていて、都市化をしながら洪水を防ぐことができてとても素晴らしいと思います。神奈川県は年々人口が増加していくのに対して川が少しずつきれいになっているそうです。それは、みんなの生活の見直しと下水処理場のおかげできれいな川をキープできているのではないかと思いました。普段は特に川について考えてはいませんが、お話を聞くと、もっと川について学んでみたり、どのように私たちが工夫すれば川がもっときれいになるかを考えてみたくなりました。水は人間にとってとても大切なので、川を大切にしていきたいと思います。

2016年11月14日 (月)

《広報室より》 ネット出願サイトを開設しました

本日11/14より神奈川学園中学校のネット出願サイトを開設しました。

実際の出願は以下の日程より開始となりますが、現時点でユーザー登録は可能になっておりますので、事前に済ませていただきますと幸いです。

・帰国生入試 平成28年12月1日(木)9:00から
・一般入試 平成29年1月7日(土)9:00から 

出願の流れについて参考資料も用意しました。併せてご参照ください。