ブログ

2019年7月18日 (木)

《中学1年》 平和

中学1年では、松本正さんの講演会に続いて、713日に川崎市平和館の暉峻僚三さんをお招きしてお話を伺いました。

暉峻さんのたくさんの質問に答えながら、「平和」について考えました。

AB_2

「平和の反対は何ですか?」

「この影絵は、平和ですか?平和ではないですか?」

「平和って何でしょう?」

…………

私たちは、「平和の反対は戦争」となんとなく思っていました。

そこから出発して、みんなで一緒に考えていきました。

C

平和学という学問では、平和の反対は「非平和」だと教えていただきました。そして、非平和を作り出すものを「暴力」と呼びます。

暉峻さんに質問されて、考えて答えを出していくうちに、暴力を受ける側の視点を持つことの大切さがわかってきました。銃で撃ったり殴ったりして直接体を傷つけることだけが暴力ではありません。貧困や差別、人間以外にも視野を広げれば、地球温暖化も暴力と言えます。

構造的な暴力や文化的な暴力という考え方を教えていただきました。

「平和とは何か?」ということについて、多様な視点から考えることができました。

718日には、学年全体で川崎市平和館を見学して、さらに「平和」について学習を深めます。

 

2019年7月13日 (土)

《中学1年》 平和

7月12日、中学1年生では、横浜市原爆被災者の会の松本正さんをお招きしてお話をうかがいました。原爆の投下されたヒロシマで、10人の親族を失ったつらい体験を話してくださいました。

 

14才だった松本さんは、特に2歳年下の弟のことが忘れられません。

1945年、松本さんは広島二中の3年生でした。2歳年下の弟は1年生でした。

8月6日は、ご自身は工場に動員され、弟は建物疎開の後片付けに動員されていました。

A

松本さんは、偶然が重なって無傷で逃げることができました。

しかし、爆心地近くで作業していた弟は、即死は免れましたが、運ばれた救護所で亡くなりました。

弟の最後の言葉は、「お兄ちゃんが助けに来てくれる」だったそうです。

今でも、松本さんはその言葉が忘れられません。

B

 松本さんが、証言を始めたのは5年前です。

あの日、無傷で、しかも助けを求める負傷者に何もできなかった自分を「ずるい被爆者」と思う気持ちが、70年間もの長い間、松本さんの口を閉ざしていたのです。

今は、「被爆の悲劇を繰り返さないために若い世代に伝えたい」という思いで、癌と闘いながら証言をなさっています。

C_2

D

E

F

講演の後の「質問」の時間には、次々と手が上がりました。

松本さんの被爆直後の生活の様子を尋ねる質問に、「1‐2年間は家も食べ物もろくになくて、やっと雨露をしのいで分校に通った」という様子を話してくださいました。

G

最後に、生徒代表から花束と感想とともに「松本さんのお話を聴いた私たちが、次に伝えていきたい」という思いをお伝えしました。

 

《高校1年》国際「NZターム留学」説明会 《高校2年》カナダ研修説明会

7月6日(土)期末試験最終日の放課後に、「国際」関係の2つの説明会が開かれました。

 「ニュージーランド ターム留学」説明会

「ニュージーランド ターム留学」は、高校1年生対象の2020年1月~3月の短期留学です。応募者の中から3名が選抜されました。

説明会に先立って、3名の生徒に神陵会(卒業生保護者の会)から奨学金が授与されました。

神陵会会長から、「さらに高みを目指して頑張ってください。一人ひとりがドラマを作って、日本に持って帰って下さることを期待しています」と励ましていただきました。

11

22

「カナダ研修」説明会

「カナダ研修」は、高校2年生対象の、夏休みの8月16日~24日に実施される希望制の研修です。今年度は32名の生徒が参加し、一人一家庭のホームステイを体験します。長期休暇中のカナダの学校を活用してESLのプログラムも組まれており、そこではカナダ人学生とも交流します。生徒たちは今までフィールドワークや探究学習で培った問題意識を元に「環境問題」「先住民に対する政策」「移民・難民政策」「エネルギー問題」における日本とカナダの取り組みの違いを語り合う予定です。そのためにチームに分かれてスライドを作り、説明を考える作業が進んでいました。

33

44

2019年7月 4日 (木)

《中学3年》 朴慶南さん講演会

6月28日に中学3年生で、作家でエッセイストの朴慶南さんをお迎えして講演会を行いました。

1

朴さんの家族は、ご両親が2歳と7歳の時に朝鮮半島から日本に来ました。朴さんは、日本で育って、日本語しか話せませんでした。高校の時、関東大震災の時に起こった朝鮮人虐殺のことを知り、もし自分の身に起こったら友達は自分を守ってくれるだろうかと考えて、「人の心」が恐ろしくなってしまったこともあったそうです。のちに、朝鮮人を守った警察署長大川さんの存在を知り、そのお孫さんと朴さんとの出会いのお話もしてくださいました。

2

朴さんは、養護学校の先生や生徒さんを始めとして、たくさんの人との「出会い」のエピソードを話してくださいました。その中に「支えられつながりあう命」が見えました。繰り返しおっしゃった、「かけがえのない自分自身」という言葉が心に残りました。自分の個性と尊厳を大切にして生きてほしいという朴さんのメッセージを、一人ひとりがしっかりと受け止めました。

 

(生徒の感想から)

……朴さんが何回もいっていた“私以上、私以下でもない私”という言葉が気に入りました。勉強だったり、部活であの子はできるのになんで私はできないんだろうと思ったことが何回もあります。でも人のことはいいなあと憧れていても、自分が動き出さないと進まないし、その憧れに近づくことはできないと思いました。また、自分と相手は似ているところもあるかもしれないけど、それが一人ひとりの個性だから、全部が同じだという人はこの世にいないから自分というものをきちんと守っていきたいと思いました。そして、命を忘れなければどんなに他のことで失敗しても大丈夫と教えてもらいました。私は一つのことをやっていて失敗してしまうとそのことを引きずってたくさん悩んでしまうけど、自分というものがなくならなければ何回でもできる機会があるから、これから自分の命を大切にして、そして相手のことも大切にできる人になりたいです。今日はとても良い大切なお話や、楽しいときを朴さんと過ごせてとても良い体験ができました。

2019年6月29日 (土)

《高校1年》 国際

6月27日 高校1年生では、日本で学ぶ2人の留学生の方をお招きして、“Mini Global Village”を行いました。

日本と留学生の出身国の抱える課題を発表しあって、共有するプログラムです。

1

2

最初に、Global Villageの3つの約束を確認しました。

Don’t be shy! / Speak in English! / Mistakes are OK!

 

留学生リーダーの紹介と出身国当てクイズをしました。

お二人の出身国は、バングラデシュとコロンビアです。

3

“Guess where each leader comes from.”

4_2

「国内フィールドワーク」の授業で取り組んでいる沖縄・京都奈良・水俣・岩手宮城・四万十川の各方面の内容について、5人の生徒からプレゼンしました。

5

6_4

7

8

9

その後、フィールドワーク5方面のテーマ――平和・伝統文化・公害と人権・災害と復興・環境――の5つの課題を踏まえて、バングラデシュとコロンビアの課題について、お二人からプレゼンしていただきました。

 

バングラデシュには、ミャンマーから流入してくるロヒンギャの人々をめぐる問題や、公害の深刻さなどがあるそうです。

コロンビアでは、50年にわたる内戦が2016年に終わったばかりです。また、ごみ問題の深刻さや日本と同様に地震国であることなども話されました。

 

生徒は、真剣に聞いてメモを取っていました。次の時間にワークシートにまとめます。

10

11

12_2

13

最後に、短時間でしたが質問の時間がありました。

“Don’t be shy!”“Mistakes are OK!”と励まされて、質問しました。

 

Q「コロンビアは長い内戦の後だというが、政府による援助はどうなっているのか」

A.「復興には20-30年かかると思う。国土が広く、支援が届いていない。被害を受けた人自身が政府に入って自ら国を変えようとしている」

 

Q「バングラデシュにたくさんのロヒンギャが入ってくるのは何故か」

A「バングラデシュはミャンマーと隣り合った国で川伝いに入国しやすく、セキュリティが緩いところがある」

14

今日学んだそれぞれの国の問題と日本の問題とを比較して理解を深め、それらが、どう解決できるのかを考えていきたいです。

 

2019年6月28日 (金)

《高校1年》 国語

高校1年生「国語」では、『デジタル社会』(黒崎正男)を読みました。

「私たちの行動の履歴はデジタル化されてネット上に永遠に残っているが、そのような個人情報の膨大な蓄積は、社会をどう変えるのだろうか」と考えさせられる作品です。

11_2

本文を読んだ後に、班になって、3つの資料から考えました。

(資料1) NHKスペシャル『ネクストワールド 私たちの未来―第4回 人生はどこまで楽しくなるのか―』

(資料2) 日経BPのサイトから『ロボティクス社会 いつかは永遠の命に?デジタル人格がもたらすもの』

(資料3) マンガ『49日のブラックボックス』

22

33

「実在した人間の人格をコピーしたAIは法律上さまざまな問題があって存在できるのは49日までとされている」(マンガ『49日のブラックボックス』)という一節を取り上げて、デジタルクローンには、どんな問題があるのかを考えて話し合いました。

話し合いの結果を、各班から発表しました。

44

「四十九日は遺族が気持ちを整理して死を受け入れるための時間なのに、亡くなった人が生きているとも言える状態は、遺族の混乱やこれから先生きていくことの困難を生むのではないか」

「AIに自分はコピーという自覚があるのなら、すでに別人格だと思う。AIは亡くなった人がしなかったことをするわけで、それは亡くなった人の人格を侵害することになるのではないか」

「お金があればデジタルクローンとして永遠に生きられることになる。死の意味や人生の価値が変わってしまうだろう」

「日本のスタートアップが『自分のデジタルクローンに、仕事の一部をかわりにさせる』ことに挑戦しているが、それによって生身の人と人とのかかわりが薄くなってしまうのは問題だと思う。」

など、様々な問題が指摘されました。

次の時間は、各自が「意見を論理的に文章化する」課題に向かう時間になります。

2019年6月24日 (月)

《芸術鑑賞会》 

6月21日に、芸術鑑賞会を行いました。芸術鑑賞会は、2年ごとに開催している全校行事です。

今回は、劇団四季のミュージカルを鑑賞しました。

1

2_2_2

3_2_3

 

ワクワクしながら現地に集合しました。

 

中学生は大井町の四季劇場〔夏〕で『ライオンキング』、高校生は日本大通りのKAAT神奈川芸術劇場で『パリのアメリカ人』を、それぞれ鑑賞しました。

 

どちらも、期待を裏切らないすばらしい舞台に感動しました。

みんなの心に残る、良い一日になりました。

2019年6月22日 (土)

《広報室より》 オープンキャンパスへの参加御礼とお詫び

本日は多くの方にオープンキャンパスに参加をしていただき誠にありがとうございました。

また、新体操部の見学・体験が急遽なくなったことに関して、事前に告知ができていなかったこと、大変申し訳ございませんでした。ご都合をつけ、楽しみにしていらした方への配慮が不十分だったと考えます。今後このようなことがないよう、入念に確認をとりながら進めさせて頂きます。何卒よろしくお願いいたします。

2019年6月18日 (火)

《中学3年》 邦楽鑑賞会

613日(木)に、中学3年生の音楽授業の一環として邦楽鑑賞会が行われました。シュガーホールで箏や尺八の演奏を聴きました。

前半は「春の海」の演奏からはじまりました。今年はアメリカから尺八を学びに来られた方が演奏されていて、生徒たちも驚きの表情で鑑賞していました。「六段」の演奏では多彩な奏法が興味深く、また、尺八二重奏の「鹿の遠音」では西洋とは違った、拍子のない音楽も味わいました。普段なかなか聴くことのできないお琴や尺八の日本の音色を楽しむことができました。

後半は実際に尺八やお琴の演奏に挑戦しました。

11

22_2

尺八は音を出すだけでも大変でしたが、音が出た時は歓声が上がりました。

お箏では、「さくらさくら」が弾けるようになって、 様々な奏法も試して楽しんでいました。

33

44

最後は箏と尺八の伴奏で、全員でふるさとを歌って終わりました。
とても貴重な体験になりました。

 

2019年6月13日 (木)

《広報室より》 第1回 6/22(土)オープンキャンパスに関して

第1回オープンキャンパスの入試体験講座(6年生対象)は満席になっている講座もございます。

当日、説明会参加の保護者のみなさまに、入試体験講座で利用した国語・算数の問題と解説プリントを配布させていただきます。

まだ若干空きのある講座もございます。是非、参加をご検討頂ければと思います。


申し込みはプログラムを参考に、申し込みフォームからお願いします。