ブログ

2020年4月 3日 (金)

学校よりお知らせ 新入生のみなさん、保護者の皆様

新入生のみなさん、保護者の皆様

 

 ご連絡が遅くなり、ご心配をおかけしました。今後の日程についてご案内を致します。

ご存知のように、新型コロナウィルスの感染拡大が止まらない状況です。4月1日の政府専門家会議の会見では、「医療供給体制が逼迫」している5都府県のうちの一つとして神奈川県が挙げられ、4月2日は横浜市で9名の感染が確認されました。2月末に首相から一斉休校の要請が出された段階よりも、明らかに状況は悪化しています。

これまで本校は、4月8日の入学式を予定していましたが、上記のような状況から、残念ながらそれは困難な状況だと判断を致しました。本校の現在の考えをお伝えします。

 

(1)生命を守ることを最優先します。

 私たちのすぐ近くに、コロナの脅威が近づいていると感じることが重なるようになっています。現在は、どれほど気をつけても、誰にも感染の可能性がある状況です。新入生のみなさん、ご家庭、教職員の健康・生命を守るために、広域からの通学や多くの人が集まることを避けざるをえない状況だと判断をし、休校を延長することとしました。

具体的にはGW明けの5月6日(水)までを休校期間とし、入学式を5月7日(木)13:00より開催します。翌日5月8日(金)からガイダンス期間となる予定です。

 

(2)生徒のみなさんの学習権を保障します。

 今回の休校延長で、最も心配なのは、新入生のみなさんの学習の開始が遅れることです。そのために以下の点に取り組みます。

①夏休みに授業を行います。

 夏休みは大幅な縮小をし、授業期間とします。8月も含め、授業を実施する予定です。詳しい日程は改めてご連絡をいたします。

②課題などを郵送します。

 今後取り組んでいただきたい課題などをご家庭に郵送します。詳しくは学年からのご案内をお読みください。

 以上となります。

 

 保護者の皆様、新入生のみなさんも、4月での入学式から学校生活のスタートを切れないことを残念にも、不安にも思っていらっしゃることと思います。本校としても、新入生のみなさんといっしょのスタートが切れないことはたいへん残念な思いです。しかし、現在の緊急事態に鑑み、学校の判断にご理解いただけると幸いです。そして、5月に、神奈川学園での新たな一歩をともに刻んでいきましょう。

 

 なお、今後、情勢の変化によっては、改めてご連絡をする場合もございます。また、入学式の詳細につきましては、式が近づきましたら改めてご連絡を致します。

今後に関連しまして、緊急にお問い合わせ、ご連絡等がある場合には平日9時~15時の間にお願いします。よろしくお願いします。

     神奈川学園中学校

学校よりお知らせ 在校生のみなさん、保護者の皆様

生徒のみなさん、保護者の皆様

 現在、ご存知のように、新型コロナウィルスの感染拡大が止まらない状況です。04/01の政府専門家会議の会見では、「医療供給体制が逼迫」している5都府県のうちの一つとして神奈川県が挙げられ、04/02は横浜市で9名の感染が確認されました。2月末に首相から一斉休校の要請が出された段階よりも、明らかに状況は悪化しています。

これまで本校は、4月の授業再開を目指してきましたが、上記のような状況から、残念ながらそれは困難な状況だと判断を致しました。本校の現在の考えをお伝えします。

 

(1)生命を守ることを最優先します。

 私たちのすぐ近くに、コロナの脅威が近づいていると感じることが重なるようになっています。現在は、どれほど気をつけても、誰にも感染の可能性がある状況です。生徒のみなさん、ご家庭、教職員の健康・生命を守るために、広域からの通学や多くの人が集まることを避けざるをえない状況だと判断をし、休校を延長することとしました。具体的にはGW明けの05/06(水)までを休校期間とします。この判断には、医療体制を支えるための学校としての社会的責任という視点も伴っています。

 始業式は05/08(金)(入学式を05/07(木)に実施)に行います。

 

(2)生徒のみなさんの学習権を保障します。

 今回の休校延長で、最も心配なのは、もちろん生徒のみなさんの学習です。その保障のために以下の点に取り組みます。

①夏休みに授業を行います。

 夏休みは大幅な縮小をし、授業期間とします。8月も含め、授業を実施する予定です。詳しい日程は改めてご連絡をいたします。

②GWまでは、インターネットを利用した遠隔授業(動画配信など)に取り組みます。

 04/13の週から、課題配信に加え、動画配信も合わせた遠隔授業を始めます。いつ、どの教科を配信するかの予定は、改めてご連絡します。それまでに各ご家庭におかれましてはWi-fi環境のご確認をお願いします。

 

 以上となります。

 

 保護者の皆様、生徒のみなさんも、通常の形で学年のスタートを切れないことを残念にも、不安にも思っていらっしゃることと思います。本校としても、4月に生徒のみなさんといっしょのスタートが切れないことはたいへん残念な思いです。しかし、現在の緊急事態に鑑み、学校の判断にご理解いただけると幸いです。

 より詳しいご案内は、04/07にはお送りします。

 緊急にお問い合わせ、ご連絡等がある場合には平日09:00~15:00の間にお願いします。

 よろしくお願いします。

神奈川学園中学・高等学校

《花と実の会》 2020年度花と実の会総会~ようこそ心のふるさとへ~中止のお知らせ

 新型コロナウイルス感染症の拡大で、世界中が深刻な事態に陥っています。このような状況をふまえ、出席者の健康と安全を第一に考え、本年4月29日に予定していました「ようこそ心のふるさとへ」は中止することにいたしました。

 未曾有の困難が終息するのを信じ、笑顔で再会する日が訪れるのを待ちましょう。

 皆様におかれましても健康に留意されお過ごしくださいますよう、心よりお祈り申し上げます。

◆新会員・卒業50年・卒業30年のご招待企画つきましては、来年ご招待の対象となる学年と合同で行う予定です。延期による開催日程は、2021年4月29日(祝)を予定しています。

 

2020年3月30日 (月)

《広報室より》 第1回学校説明会 動画配信 5月2日(土) 10:30~

第1回学校説明会を行います。

事前に予約(1か月前より受付開始予定です)を済ませていただくようお願いいたします。

 

日時:5月2日(土)10:30~

本校の取り組みや入試について説明いたします。  
プログラムは以下を予定しています。

(1)校長挨拶
(2)神奈川学園の教育について
 ・カリキュラムについて
 ・中学生の生活
(3)2019年度 進路結果
(4)2020年度中学入試結果

*現在の新型コロナウィルス感染拡大の状況に鑑み、05/02の第1回説明会は学校では実施せず、参加登録をしてくださった方に説明会動画をご覧いただく形といたします。
*動画は05/02の10:30以降いつでもご覧になれます。
*プログラムのメニューごとにご覧になりたい内容をお選びいただき、ご覧ください。
*上記プログラムに加え、生徒の生活の様子を短くまとめた動画もご覧いただけます。
*第1回説明会視聴登録をしてくださった方には「20年度A日程入試問題集」と「説明会資料」を郵送します。資料送付希望の方はご住所も入力ください。

2020年3月26日 (木)

《中学1年》 中学1年総合

1_2

中学1年生「総合」の取り組みが、3月15日の神奈川新聞の記事になりました。

 

神奈川学園中学校(横浜市神奈川区)の1年生が、約4500キロ離れた太平洋の島しょ国・マーシャル諸島の同世代に手紙を書いた。米国が1954年の同諸島ビキニ環礁で行った水爆実験で被ばくした日本漁船「第五福竜丸」などを題材としてきた平和学習の一環。平和の始まりは等身大の互いを知ることから-。未来の担い手である若者同士が、海を越えつながろうとしている。(記事より)

2_2

2020年3月23日 (月)

神奈川学園をご来訪いただくご予定の方へ/2020年春休みについて

神奈川学園は本年春休み(03/21~04/06)、新型コロナウィルス対策として、部活動等の生徒活動は行わないことといたしました。

教職員も在宅で可能な職務内容の場合、在宅勤務を推奨しています。

通常の春休みと異なる運営をしておりますので、この間、本校をご来訪いただくご予定がおありの方は、その旨ご承知おきいただけると幸いです。

春休み中事務室の開室時間は、平日09:00~15:00です。

よろしくお願いいたします。

2020年3月21日 (土)

《学園日誌》 放送終業式を行いました

本日、放送終業式を行いました。

放送の内容はこちらからご覧になれます。

2020年3月10日 (火)

《花と実の会》 花と実の会よりお知らせ

花と実の会よりお知らせ

幹事総会 ―桜を愛でる会―中止のお知らせ

新型コロナウィルス感染拡大の報道を受け、出席者の健康と安全を最優先し、3月28日(土)に予定していました「幹事総会-桜をめでる会」は残念ながら開催を中止することにしました。
すでにご出席のおはがきをお送りくださった方や、出席を予定されていた幹事様には誠に申し訳ありませんが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。
なお、花と実の会へのご要望やご意見などは、下記までお知らせいただければ幸いです。
◆お電話によるお問い合わせ
毎週水・木曜日 10:00~14:00(中高の休校日はお休み)  TEL  045-311-2961 
◆FAX・E-mail     随時受け付けております。
FAX 045-311-2474
E-mail  dousoukai@kanagawa-kgs.ac.jp
◆神奈川学園ホームページから  卒業生の方へ/花と実の会ご連絡フォームもご利用ください。

また4月29日に予定の「総会―ようこそ心のふるさとへ―」は現在のところ開催を予定していますが、状況により変更の場合は随時お知らせいたします。
皆さまにはお身体お気をつけてお過ごしくださいますようお祈りいたします。

〒221-0844 横浜市神奈川区沢渡18 神奈川学園中学・高等学校内
花と実の会 事務局

2020年3月 1日 (日)

《学園日誌》 神奈川学園高等学校 第72回卒業式

◆高等学校 第72回卒業式が挙行されました

Img_0615

3月1日、神奈川学園高等学校第72回卒業式が挙行されました。晴天の天候に恵まれ、春の陽気となりました。多くの保護者の皆様にご出席頂き、新たな旅立ちとなる節目の一日となりました。

なお、今回の卒業式は新型コロナウイルスの影響を鑑み、プログラムの見直しや衛生面の考慮をし、出席者を絞り込んだ中で行われました。出席者は全員マスクを着用し、正面スクリーンに映る時のみ外すこととしました。また、使用したマイクは話す人が替わるごとに交換し、その都度アルコール消毒する等、可能な限りの配慮をして開催しました。

 

《第一部 卒業証書授与式》

Img_0247_2

Img_0249_2

Img_0250_2

Img_0263

Img_0299

卒業証書授与では卒業生全員の名前が読み上げられ、代表の生徒が校長先生から卒業証書を受け取りました。6年前の入学式では大きめのセーラー服に身を包んで新しい環境での一歩を踏み出していましたが、卒業する今では立派に成長し夢や希望に満ちた堂々とした姿に変わっていました。会場からは、大きな拍手が卒業生一人ひとりに送られていました。

Img_0314

Img_0308

校長先生からの式辞は、「みなさまとともに、卒業生の晴れの日をお祝いできることをいつにも増して、本当にうれしく感じています。」という言葉から始まりました。世界と日本の女性を取り上げて、「どうか、ここにいるみなさんが、微力を集めて、世界を変えていく一人であって下さい。行き詰っている私たち大人にとって、皆さんこそが、未来への希望です。」と語られました。

また、卒業生の「6年間を振り返って」を紹介し、学校生活の様々なところに成長のチャンスがあったこと、また感謝の気持ちがたくさん書かれていたことを話されました。

学校長の式辞はこちらからご覧になれます。

 

《第二部 卒業を祝う会》

Img_0317

Img_0319

Img_0326

続いて、卒業生が主体となって進められる「卒業を祝う会」が行われました。

PTA会長の斉藤さまからお祝いの言葉をいただきました。

Img_0329

Img_0335

Img_0338

Img_0343

6年間の成長の軌跡を映像と写真でまとめたスライドが上映されました。入学した頃の初々しい姿や懐かしい姿などの数々が映し出されると講堂中が歓声に包まれました。

スライドの途中では、「国際」・「国内FW」・「部活」・「文化祭」などのきっかけを通して、自分たちの成長があったこと、学びを通して進路が決まったこと、新たな生活への希望や期待を卒業生たちが語ってくれました。

Img_0345

Img_0353

卒業生代表の言葉、卒業生より記念品の贈呈がおこなわれました。

その後、先生方からのお祝いメッセージや手紙も流され、笑顔がこぼれたり、目頭があつく込み上げる姿が数多くありました。

そして、「群青」の歌声が講堂に響き渡りました。昨年度の卒業式のときに、在校生として合唱した音声です。この場で歌うことは叶いませんでしたが、美しいハーモニーが今年も講堂を優しく満たしました。

Img_0356

Img_0362

Img_0370

担任の先生方へ花束の贈呈があり、そして、学年の担任から卒業生に向けて、言葉が贈られました。最後には卒業委員長より終わりの言葉が述べられました。

長く親しんだ学び舎や友達に別れを告げ、今年も素敵な卒業生がそれぞれの路へ旅立って行きました。

ご卒業おめでとうございます。

2020年2月29日 (土)

《部活動》 吹奏楽部 定期演奏会中止のお知らせについて

令和2年4月2日に開催を予定しておりました「第39回吹奏楽部定期演奏会」を中止とするという決断をいたしました。現在,新型コロナウィルス感染症の国内での感染者が増え,終息が見えない状況です。文部科学省からの学校における新型コロナウィルス感染症の拡大防止対策に万全を期すようにとの通知もあり,「中止」という苦渋の決断をいたしました。ご来場を楽しみにしてくださった方には,大変ご迷惑をおかけいたしますが,「中止」決定の趣旨をご理解いただければ幸いです。