2016年11月29日 (火)

《中学》2016年度中学音楽会が開催されました

Dsc06012

 11月24日、横須賀芸術劇場にて中学音楽会が開催されました。

 生徒のみなさんには当日の様子について、教員による音楽会総務会からの講評が伝えられました。その講評を掲載いたします。

 みなさん、音楽会お疲れさまでした。横須賀芸術劇場のホール一杯にみなさんの素敵な歌声と熱い思いが響き渡り、とても素敵な音楽会でした。

 1学期の終わりに選曲を始め2学期には練習を開始し、これまで練習を重ねてきましたが、本番では練習の成果を十分に発揮することができたでしょうか。取り組みは音楽の授業を中心に進めてきましたが、あっという間に学年ごとのリハーサルの日を迎え、どのクラスもまだ音楽会に気持ちが集中できず、不十分な状態だったかと思います。しかしそこからのみなさんの頑張りには、すごいエネルギーを感じました。最後まであきらめず、どのクラスも本当によく頑張りましたね。本番のみなさんの心の込もった美しい歌声が、今も心に残っています。

Img_4132

 中学1年生は初めての取り組みでしたので、最初はどう取り組みを進めていけばいいのかがわからず、とまどいも大きかったのではないかと思います。しかし、自分たちの力でパート練習を上手に進めることができ、とても積極的に取り組んできたことは立派だったと思います。表現をするということに対しても練習当初はなかなか表情を付けたり体全体で表現しきることができませんでしたが、練習を重ねるうちに少しずつやってみようと努力する姿が見られるようになりました。本番ではこれまでの苦労や努力が実り、どのクラスも心の込もった精一杯の合唱を聴かせてくれました。みんなで一つのものを作り上げることは大変だけれど、とても素敵なことですね。今感じているその気持ちをぜひ来年の取り組みにつなげていってくれたらと思います。

 

Img_4214

 中学2年生は、やはり中1の時とは違い心身ともに成長し、声も表現もとても豊かになりました。3部合唱に初めて挑戦する学年で、年齢的には声の出しにくい時期のはずですが、どのクラスもそんなことは感じさせない、とてものびのびとして豊かな演奏でした。何より発声の美しさ、ハーモニーの美しさが印象的でしたが、表現力も豊かになりましたね。詩の内容をきちんとお客様に伝えようとするその姿勢が伝わり、心を打つ演奏でした。

 

 

Img_4330

 中学3年生は、どのクラスも深い内容の曲、そして技術的にも難易度の高い曲へチャレンジしていました。さすが中3ですね。中1・中2の積み重ねもあり、どのクラスも表現することに対してとても前向きでした。しっかり声を響かせることはもちろんのこと、それぞれが詩の内容を掘り下げ、場面ごとの表現の変化なども工夫され、その曲の持つ世界を自分達のものにしようと努力してきたことの伝わってくる、素晴らしい演奏ばかりだったと思います。

 

 学年リハーサルでは、どの学年も不十分な演奏で、多くの課題を残しましたが、その後のみなさんの精一杯の努力と最後まであきらめない姿勢が、本番では素晴らしい演奏へとつながったのだと思います。クラスが一体となって最後の最後まで諦めずに取り組んできたその思いが、本番の演奏で花開き、心に残る演奏となりました。

 この音楽会を通じて、きっとみなさんは、人と人とが心を交流させ一つのものを作り上げることの大切さを実感していることでしょう。ぜひこの思いをこれからに生かしていってほしいと思います。

2016年11月17日 (木)

《広報室より》 第5回学校説明会 11月19日(土) 神奈川学園講堂 10:30~12:00

 第5回学校説明会のプログラムについてお知らせいたします。

Jugyou001_2

ぜひ足をお運びくださいますようお願いいたします。

 ■10:30~12:00 学校説明会プログラム

          会場:神奈川学園講堂

(0)開会に先がけてビデオ上映(16年度文化祭/10:20~10:28)

(1)16年3月卒業生の進路結果と今後の課題  湊谷利男(校長)

(2)中学生の自立を育む取り組み  大石圭子(教頭)

(3)2020年高大接続改革へ向けての対応  及川正俊(教頭)    

(4)17年度入試とインターネット出願について  藤澤里悠太(広報室長)

 *会終了後、ご希望の方には授業・施設案内をいたします。
 *なお、「事前のご予約」「上履き」は必要ありません。
 *現在建築工事中のため、ご不便をお掛けいたしますがご容赦ください。

2016年11月16日 (水)

《広報室より》 12月17日(土)入試問題説明会のお知らせ

平成28年12月17日(土)8時30分~12時30分において、神奈川学園では、6年生児童とその保護者の方を対象とした、「入試問題説明会」を実施いたします。 入試当日と同様の教室で、過去問題をもとに演習を行います。その後、本校教員が合否のポイントとなった問題を中心に解答・解説を行います。

当日の詳細はこちらを参照ください。

なお、参加される方は予約が必要です。こちらより申し込みをお願い致します。

※申し込みをされた方は、「受付票」を印刷して、当日ご持参ください。
スマートフォン等よりお申込みいただいた場合でも「受付票」を印刷するようお願い致します。

2016年11月15日 (火)

《中学2年》 治水や水循環について小林さんの講演を聞きました

11月11日は「学年の日」でした。午前中のみの日でしたが、鶴見川流域ネットワーキングの小林範和さんをお招きして、鶴見川を切り口に「治水」「水再生」「水循環」についてとても豊かな講演をしていただきました。

P1210815

P1210774

P1210782

小林さんはまず全員に「川の水はどこから来るの?」と問いかけました。生徒からは「空」「山」「雲」という答えが聞こえてきました。その答えを拾いながら、流域に降った雨が集まって川になることを説明することから講演は始まりました。

P1210809

P1210780

P1210816

鶴見川の特徴は「つるむ川」という語源によく表れているのではないかと小林さんは語っていました。曲がりが多い鶴見川は洪水の多い暴れ川でもあり、昭和50年代までは大規模水害に悩まされてきたことが写真で分かりました。現在は河川改修、調整池、遊水地の取り組みが進み、平成に入ってからは水害は起こっていません。目に見えないところに様々な工夫がされていることが分かり、生徒たちはとても驚いていました。

Pb122200

Pb122187

Pb122182

都市河川である鶴見川は「汚れ」でも有名な川でした。生活の汚れがその中でも96%を占めていると分かり、自分の生活が川に直結していることを実感しました。昔よりはきれいになっていると考える人数はとても多く、下水処理場の働きについても思いを馳せることができました。「どうして川の水はこれ以上きれいにならないのか」という問いについても真剣に考えていました。

P1210822

P1210828

P1210835

講演の後半はワークショップ形式で行われました。「あなたは、どこで、誰と暮らしていますか」という問いの答をそれぞれが紙に書いて示します。「家で家族と」「横浜で家族と」…時には「日本で家族と」という答えが見られました。

その答えを拾いながら、小林さんは改めて流域を考える意味を伝えてくださいました。鬼怒川の大規模災害は県を越えた源流域で大雨が降ったために下流で堤防が決壊したことなどを例にとり、地面を意識して広く地域をとらえる意味を伝えてくださったので、生徒たちはとても納得していました。

P1210839

Pb114613

Pb122211

講演の最後は外来種の問題に触れ、生態系のバランスを理解する必要性が語られました。更には、自分の生まれ育った川の流域はどこかをもう一度考えて、友だちと共有することで川に対する関心が高まっていました。

Pb122213

Pb122227

Pb122214

Pb114612

小林さんは「流域」という思考を大切にすることで見えない部分を想像することの大切さを伝えてくださいました。川を軸にして地域全体を眺める視点を共有できたと思います。「自分の住んでいる地域はどうなのか」「自分が生活の中で出した汚れはどこに行くのか」など、「自分」や「自分の生活」を問う講演会になりました。

 

 

 小林さんのお話を聞いて、神奈川県の川のことについて沢山のことを学びました。小林さんのお話の中で特に印象に残っていたのは「洪水」のことについてです。川は江戸時代や大正時代までは小学校や中学校の子供たちが夏の水泳の授業で泳ぎ疲れてしまったら、そのまま川の水を飲んでいたそうでした。今の川もとてもきれいだけれど、「遊びたい」「飲んでしまおう」という気持ちにはなりません。そして、1970年代の川は洗剤の泡だらけになっていて、川の水の色もとても汚いこげ茶色をしていて、とても不快になるような感じでした。だけど、原因が私たちの生活のせいだと考えると心が痛いです。

 そして大正時代から平成になるにつれて、30%の都市部が約80%に急増して、とてもにぎやかでよいことだと思いますが、それと引き換えに土の中に雨が浸透してゆっくり川に流されていくのに約10時間ほど必要だったのに、今ではたったの2時間だけで川に流れてしまうということが洪水につながるのだなと思いました。でも今は洪水を防ぐためのテニスコートのような場所を作ることによって、洪水をできるだけ最小限に抑えていて、都市化をしながら洪水を防ぐことができてとても素晴らしいと思います。神奈川県は年々人口が増加していくのに対して川が少しずつきれいになっているそうです。それは、みんなの生活の見直しと下水処理場のおかげできれいな川をキープできているのではないかと思いました。普段は特に川について考えてはいませんが、お話を聞くと、もっと川について学んでみたり、どのように私たちが工夫すれば川がもっときれいになるかを考えてみたくなりました。水は人間にとってとても大切なので、川を大切にしていきたいと思います。

2016年11月14日 (月)

《広報室より》 ネット出願サイトを開設しました

本日11/14より神奈川学園中学校のネット出願サイトを開設しました。

実際の出願は以下の日程より開始となりますが、現時点でユーザー登録は可能になっておりますので、事前に済ませていただきますと幸いです。

・帰国生入試 平成28年12月1日(木)9:00から
・一般入試 平成29年1月7日(土)9:00から 

出願の流れについて参考資料も用意しました。併せてご参照ください。

2016年11月 7日 (月)

《中学2年》 ISA研修でスキット発表会がありました

P1210708

P1210710

P1210717

研修の最終日はこれまでの研修で学んだ成果を発表する場が設けられていました。
まずクラスを3つに分けたグループ内で個人スピーチの発表と表彰がありました。1分間という限られた時間の中でとても流暢に自己紹介をすることができ、満足そうな生徒たちの笑顔が印象的でした。

P1210728

P1210731

P1210732

次にスキット(短い劇)の発表会が行われました。友だちと協力して作ったポスターや小道具を使って楽しく、でも堂々と演じることができました。

P1210736

P1210753

P1210758

最後に、各グループから選ばれたチームが発表する場がありました。少し緊張してはいましたが、堂々と英語のセリフを自分のものにして表情豊かに発表することができました。お互いの努力の成果を確認でき、講師の先生方からも沢山の誉め言葉をいただくことができました。

P1210762

P1210763

P1210768

英語が得意な人も苦手な人も、協力し合って力を伸ばせた三日間でした。講師の先生方との素敵な出会いを大切にして頑張っていこうと思っている生徒たちです。

2016年11月 4日 (金)

《中学2年》 ISA研修、二日目です

二日目を迎えたISA研修。秋晴れで気持ちよく富士山を見ることができました。爽やかな朝の空気の中、宿舎から少し離れた広場に集まり、学年全員でラジオ体操をしました。もちろん英語でのラジオ体操です。指示を楽しく聞き取りながら、笑顔で体を動かしました。

Isa_02_01

Isa_02_02

Isa_02_03

午前中はskitの準備の他に、様々な授業を受けました。個人スピーチを考える場面があったり、英語で歌を歌ったり…。分からないところはどんどん先生に質問しに行くようになりました。友達と協力して学ぶ場面もたくさん設けていただいています。

Isa_02_04

Isa_02_05

Isa_02_06

午後にはリスニングやスピーキングの他に、アウトドア・アクティビティがありました。ラジオ体操をした広場で風船を使った競争をしたチームがあります。講師の先生方の質問に素早く答えて次の人に回そうと精一杯頑張っていました。

Isa_02_07

Isa_02_08

Isa_02_09

Isa_02_10

Isa_02_11

夕食後には特別プログラムとして「英語で落語」のコーナーを設けていただきました。身振り手振りがとても豊かで、英語もしっかり聞き取ることができました。生徒たちは反応よく笑うことができ、自然に英語を聞き取れていることに自分たち自身が驚いているようでした。文化祭で「笑い」を調べたクラスの生徒がゲスト出演し、大きな拍手をいただいていました。

Isa_02_12

Isa_02_13

Isa_02_14

最終日には、今までチームで練習してきたskitを発表します。その準備で消灯ギリギリまで講師の先生に質問しに行く姿がたくさん見られました。翌日の発表会が楽しみです。

2016年11月 2日 (水)

《中学2年》 ISA研修が始まりました!

P1210536

P1210541

P1210545

中学2年生は二泊三日でISA研修に参加します。
三日間英語のシャワーを浴びる研修なので、緊張しつつも楽しみにしていました。
各クラスのバスに外国人講師の先生が3人ずつ乗り、楽しいゲームをしながら宿舎までやってきました。
ヒントを聞いて国を当てたり、英単語のしりとりをしたり…と盛りだくさんの内容でした。
生徒たちは積極的に参加していました。

P1210555

P1210558

P1210564

宿舎に着いてすぐに昼食とオープニングセレモニーがありました。
講師の先生方の個性的で明るい自己紹介を楽しんだ後にすぐにチームに分かれて自己紹介をしました。

P1210568

P1210573

P1210582

クラス別のチームを解体して、クラス対抗オリンピックゲームもありました。
クイズに早い者勝ちで手を挙げて答えるスタイルです。
どんどん反応が早くなっていて、英語に慣れていくのがよく分かります。

P1210586

P1210590

P1210592

P1210595

P1210596

P1210603

夕食後までプログラムが組まれていますが、友達と協力して楽しく取り組めると思います。

2016年10月31日 (月)

《広報室より》 10月29日(土)オープンキャンパスへのご参加、ありがとうございました!

 10月29日(土)、本年度第2回のオープンキャンパスが開催されました。
 前日の雨は上がった好天の下、約300組、600名の方々がご来校くださいました。ほんとうに多くの皆様のご来校、まことにありがとうございました。

 

全体会

 まず最初に全体会が開かれました。
 最初に生徒会長の高橋さんから皆様へのご挨拶をさせていただきました。
 続いてコーラス部が、ミュージカル「キャッツ」の一場面をご披露しました。ユニークな衣装と美しいハーモニーに会場から大きな拍手を頂戴しました。
 その後、係がそれぞれの講座が開催される会場へお客様をご案内し、いよいよ体験開始です。

Pa291125

Pa291132

Pa291136

 

各講座

 授業体験で真剣な空気がみなぎっていたのが、6年生を対象に実施した「入試問題のポイント!」です。1回めの講座(当日は2回実施)では算数・国語がそれぞれ2教室いっぱいになるなど、多くの方が参加してくださいました。講座の内容は、各教科それぞれ25分間模擬問題を解いていただき、その後、解答・解説をする、というものです。とくに算数は一部出題形式が変わることもあって、形式変更の説明もていねいにさせていただきました。参加した方からは「問題の解説がわかりやすかった」という声を寄せていただきました。

 その他にも、多彩な講座が展開されました。「授業」関係は、ツバキの葉脈を使って標本・しおりを作る「実験講座」(理科)を始め、貴族の文化を学び、「香り包み」を作る国語科の「お姫様のおしゃれ」、古代エジプト文字をパピルスに書いてしおりを作る社会科の「ヒエログリフ」、ストローで正多面体を作った数学科、楽しいハロウィーンカードを作成した英語科、パソコンを使いながらオリジナルのデザインのカレンダーを作った情報科、そして七宝焼きでペンダントを作った美術科など、多くのお客様に楽しんでいただくことができました。

Pa291167

Pa291139

Pa291142

Pa291159

Pa291162

Pa291164

 クラブ体験もたいへん好評でした。
 体育系のクラブでは新体操部、バレーボール部、バスケットボール部、卓球部がお客様をお迎えしました。

 また、文化部では「ポップコーン」を作った食物部、お茶でおもてなしをした茶道部、切り絵でオーナメントを作った美術部、インクの色素を分解してさまざまな実験を行った理化部などが講座を開設し、たくさんの方々にご来室いただくことができました。

Pa291185

P1130647

Pa291180

 そして、ギャラリーや中庭では、吹奏楽部、コーラス部がミニ公演を開きました。どのクラブも、一生懸命に日頃の成果を披露し、温かい拍手をいただきました。

 

説明会・相談会

 各講座と並行して、保護者の方に向けては、講堂で学校説明会を開催いたしました。
 冒頭に、本校国際交流の様子を短くまとめた映像をご覧いただき、続いて校長の湊谷よりご挨拶と、学校教育の全体像についてお話しいたしました。
 次に、教頭の大石より、生徒一人ひとりの自立をどう育んでいくのかというテーマでお話をいたしました。
 さらに、2020年の高大接続改革に向けての学校としての方針を教頭の及川よりお話ししました。
 最後に、来年度入試についてパワーポイントを用いながら、とくに一部変更のある算数を中心に出題方針を広報室長の藤澤がご説明しました。

Pa291137

Pa291138

Pa291189

 ほんとうに多数の方のご参加をたまわり、まことにありがとうございました。

《PTAより》 お父様のための思春期講演会のご案内

PTA会員の皆さま

お父様のための思春期講演会のご案内

 

 晩秋の候、皆様におかれましてはお健やかにお過ごしのことと存じます。
 この度、保健委員会では、お父様のための思春期セミナーを開催することとなりました。
 講師として、臨床心理士であり、神奈川学園スクールカウンセラーの金井匡子先生をお迎えして、思春期を迎えたお嬢様たちの心の変化や相談室から見た様子などのお話しと、皆様から頂戴した質問にお答えしていただきます。今回は、4月のオリエンテーション期間に行われる「誕生日チェーン」などのアクティビティもご用意しています。時には、子どもの立場になってドキドキしながら体験してみませんか?
 また、講演会後には、会場を大会議室へ移して昼食会を行いたいと思います。食事をしながら親睦を深め楽しい時間を過ごしたいと思います。今回の講演会を通して、お嬢様との素敵な親子関係を築くきっかけになればと思いますので、お父様だけでなくお母様のご参加も大歓迎です。皆様の参加を心よりお待ちしております。

 

 

日 時 :   平成28年12月3日(土) 講演会 10:00~12:30

場 所  :  神奈川学園 カフェテリア

募  集  :  50名程度

参加費  :  講演会費 無料  ・ 昼食会(12:45~) 1,000円

申込締切日 :  11月14日(月)

 

*参加ご希望の方は『申込書』と参加費を同封して、お嬢様を通じて事務室へご提出ください。
*金井先生にお聞きしたいことなどがございましたら、ぜひ、ご記入ください。
*参加される方は、10時までにカフェテリアへお越しください。