ブログ

トップページブログ《中学2年》 社会

« 《高校》 高校音楽選択 | メイン | 《部活動》 バレーボール部 »

2018年12月 1日 (土)

《中学2年》 社会

中学2年の社会科では、日本の文化の多様性と多文化共生を学ぶため、「アイヌ文化」の調べ学習をしています。各クラスでテーマをグループごとに分担して、クラス内発表会を行い、学習しました。

 

今日は、その時選ばれた各クラスの代表グループが、学年全体の前で発表します。

校長先生はじめ4人の先生が審査をします。

1

2

3

4

テーマ

「アイヌと法律」 A組     

    問 生活が苦しくなったアイヌを救うため、政府は北海道旧土人保護法ではなく、どんな法律を出せばよかったと思うか?

「アイヌの衣食住」 B組・D組

    問 アイヌの衣食住に共通する特徴は何だろうか?

「アイヌの風習(儀式)」 C組

    問 アイヌは自然と人間の関係をどのように考えていたか?

「アイヌの踊りと音楽」 E組

    問 踊りや音楽などアイヌの芸能の中で大切にされていることは何か?

5

6

7

 

最優秀賞は、A組「アイヌと法律」が選ばれました。調べた内容と結論に深まりがあり、説明と画面が一体となった見事なプレゼンでした。

 

どのクラスの発表も、しっかり調べた内容を伝える工夫がされていて、優劣つけがたい出来栄えでした。特に、寸劇を演じたり、実際に調理して動画にしたりなど、体験を伴った発表が印象に残りました。学年の聞く姿勢もよく、発表を楽しんでいる様子も見られ、とてもよい発表会になりました。

調べ発表する過程で、「異文化」に出会うとき、互いの文化を知って理解しようとし、尊重しあう姿勢をもつことの大切さを考えることができました。