ブログ

トップページブログ《中学2年》 英語

« 同窓会 67回生の同窓会がありました | メイン | 《高校2年》 倫理政治経済 »

2019年2月20日 (水)

《中学2年》 英語

中学2年生の英語の授業の一環として、EFエデュケーション・ファーストから講師をお招きし「パラリンピック精神を英語で学ぼう」の授業を行いました。

1

今年、生徒たちは体育の授業で「車椅子バスケ」を体験し、家庭科では高齢者の身体の変化を学び「白杖や白内障用ゴーグルでの生活」を体験し、福祉について学んできました。その一環のプログラムでもあります。

2

授業の最初に、講師の先生から「好きなスポーツ」を全員が訊かれ、最初は恥ずかしそうにスポーツ名を挙げていました。

 

パラリンピックで必要なのは”determination” ”equality” ”courage” ”inspiration” だということ、またこれらは競技だけでなく日常にもつながっていることだということが伝えられました。

3

4

次にパラリンピックでの競技はどんなものがあるかをみんなで出し合い、最後にはグループに分かれ自分たちでパラリンピックの競技を考えだしました。「手が使えない」ことを条件に生徒たちは辞書を片手に競技案を出し合います。

発想豊かな生徒、英語が得意な生徒、絵が得意な生徒、それぞれが分担して一つの競技案を作り上げる作業は、まさにスポーツに大切なチームワークを体現していました。

5

6

7

8

9

10

それぞれの発案した競技には随所に公平性が配慮されていて、各教科で学んできたことが、様々なところで結びついているのを実感しました。

2020年春に海外研修でオーストラリア・ニュージーランドに出向く生徒たちです。日本開催のオリンピック・パラリンピックについて考え、伝えるきっかけになるといいと思っています。