ブログ

トップページブログ《中学3年》 海外研修オーストラリアブログ5日目(3月7日)

« 《中学3年》 海外研修NZ北島4日目 | メイン | 《中学3年》 海外研修NZ南島5日目 »

2019年3月 8日 (金)

《中学3年》 海外研修オーストラリアブログ5日目(3月7日)

こちらでの生活も折り返しを迎え、少しずつファミリーとの残された時間を気にする生徒が増えてきています。週末の予定もそれぞれの家庭でたててもらっていて、生徒たちはそれを嬉しそうに引率に伝えてくれています。各学校の様子です。

 

Loreto College(ロレトカレッジ)

今日は7・9・10gradeの日本語クラスとの交流、ESLの授業、そしてスクールシスターの授業に参加する「Visit Class」を体験しました。9・10gradeの生徒たちは次回の訪日研修の募集学年という事で、実際に日本に行ったら…と会話が盛り上がっていました。ESLでは、会話内容や歌詞の聞き取りなど、ステイ先での会話につながる実践的な英語研修を行いました。「Visit Class」の時間では、「数学」や「英語」のような一般的な授業から、「宗教」や「演劇」など日本では体験できない授業まで、様々な授業を体験しました。

当初からは想像もつかないほど、生徒たちはロレトの中で自然に過ごせるようになりました。ロレトへの登校もあと一日、生徒と一緒に最後まで頑張っていきたいと思います。

1_2

2_2

3_2


Lourdes Hill College(ルーズヒルカレッジ)

今日は2時間目の英語の授業を受けたあと、モーニングティーから放課後までずっとバディーと一緒に現地の授業を受けました。休み時間の過ごし方や、授業の進め方など神奈川学園との違いを改めて感じていたようです。ランチの時間でも、ジェスチャーを交えながら周りの友達と会話をしている生徒たちが増えました。ダイアリーを見ていても、「ホストファミリーとの会話が少しずつ長くなってきた」と感じている生徒が多いようです。ある生徒は「今まで学校の英会話の先生は私たちが分かるようにゆっくり喋ってくれていたんだな、って気付いた。」と話していました。実際に海外に来て、毎日新たな気付きの連続のようです。校長先生も時間を作ってきてくださり、隊長・副隊長がプレゼントを渡すことができました。

明日はいよいよ登校最終日、午前中は福祉施設を訪問します。また新しい気付きがあることを期待しています。

4_2

5_2

6_2

Mary MacKillop College(メアリーマキロップカレッジ)

本日は生徒が楽しみにしていた小学校訪問がありました。高学年の生徒さんたちとの交流で、日本に関するクイズを出題したり、折り紙やけん玉を一緒にしました。どの生徒さんたちも日本にとても興味を持っており、KG生の話に真剣に耳を傾けてくれました。全校集会も開いてくださり、オーストラリアのお土産までいただいた生徒たち。天真爛漫な生徒さんたちに温かく迎えられ、皆口々に「帰りたくない!」と言っていました。

明日はもう現地校での最終日です。ESLの授業もMMCの生徒たちとの交流も最後まで精一杯頑張ってほしいです。

7_2

8_2

9_2

Matthew Flinders Anglican College(マシューフリンダーズアングリカンカレッジ)

今日は学校で過ごす最終日でした。最初はクッキングの授業でした。アンザックビスケットという伝統的なビスケットとソーセージロールをオーブンで焼いて、出来立てを頂きました。モーニングティーのあと、オーストラリアの動物について学びました。クイズ形式で問題が出され、正解の生徒はチョコレートをもらいました。またホストファミリー宛てのThank Youカードの文章を考えて添削して頂きました。土曜日の夜に必ずお礼の言葉と一緒に渡して下さいね。フォイヤーに移動し、中学校校長のプライス先生から一人一人名前を呼ばれ、修了証を手渡して頂きました。これでMFカレッジでの学びは終了です。明日のケアホームと動物園訪問、土曜日を大切に元気に過ごして欲しいです。

10_2

11

12

Ormiston College(オーミストンカレッジ)

ORM校の5日目は小学2年生との折り紙での交流でした。「歌よ、ありがとう」を歌い、各テーブルで小学生に折り紙の折り方を英語でレクチャーしました。ペーパークラッカーを完成させて音が鳴ったときの神奈川学園の生徒もORMの生徒もとてもうれしそうな表情が印象的でした。紙飛行機やアニメキャラクターも大人気でした。2時間目は11年生との交流で、椅子取りゲームを楽しみました。3時間目は10年生との交流、バディーも混ざっていたため、安心して授業を受けている様子でした。4時間目以降はESLでサンキューカードの作成を頑張りました。全日程の半分を終えて、少々疲れも見えてきていますが、ファミリーとも上手にコミュニケーションをとることができているそうで、非常に充実した時間を過ごしています。

13

14

15