ブログ

トップページブログ《高校1年》 国内フィールドワーク説明会

« 《花と実の会》 幹事総会の報告・総会のご案内 | メイン | 《部活動》 新体操部 »

2019年4月15日 (月)

《高校1年》 国内フィールドワーク説明会

1_2_2

高校1年生での最も大きな行事の一つが国内フィールドワークです。神奈川学園では中学1年で平和学習、中学2年で環境学習、中学3年生で多文化共生を学び、中学の総まとめとしてオーストラリアとニュージーランドで海外研修を実施します。高校ではこれらの中学での学びを土台に、国内の課題に目を向けより深く掘り下げていきます。国内フィールドワークは5方面からそれぞれの問題意識に従って選択します。その選択のための説明会が10日に開かれ、高橋先生から説明して頂きました。

高橋先生は海外研修を経験して、高校1年生となった今、国内に目を向けることの意味を語って下さいました。「自分なりの問題意識をもつこと」・「関心を広げることで、『学ぶ』ことの意味や面白さに気づくこと」、「今回の国内フィールドワークの間だけでなく、ずっと考え続けること」、「自分はどう生きてどんな社会を目指すのか」・・・たくさんの問いかけがありました。以下は生徒の感想です。

 

2

どのような社会を目指して生きていくかとか、規模が大きすぎると思い、考えたこともありませんでした。しかし、よく考えてみれば、自分がこんなふうに生きていきたいということと、社会とは隣り合わせであるということをお話を聞いて感じました。今までは、ただただ思いやりのある人とか、他人の気持ちを考えられるような人でありたいとだけ思っていました。このことは当然大切なことだけれど、最近は、1人でもいられることが大切だと思うようになってきました。私は基本的に1人でいることが好きですが、もちろん人と話すことも好きです。しかし今の人たちを客観的に見てみると、人とのコミュニケーションも大事だけれど、他人の考えや意見に流されず、きちんと自分の意思を持った人になってほしいと思いました。もちろん自分も含めです。自分の考えを押し通すことを求めているわけではありませんが、とても難しいことだけれども、お互い修正しながらも、しっかりと自分の意思をもった社会になってほしいと思いました。そういう人たちは、自分の気持ちを上手に表せない人たちによりそってあげることも大事だと思います。

 

私はこの講演会で高校生になるということがどういうことなのか知れた気がします。高校に上がることは義務教育から離れるということです。親が子供に教育を受けさせるのではなく、私たちが自主的に受けるものです。だから、私たちが主体的に学ぼうとしなければいけないのだと思いました。これからは自分たちで問題意識を持って道を切り開くべきだと感じました。そして、学んだことを自分の中で噛み砕いて発展させなきゃいけないとおもいました。そのためには事後に思ったことや感じたことを言葉にするのが効果的だと思いました。しっかり自分の言葉で表現できるかどうかがこれからもっと大切になっていくと感じました。国内FWでは行く前に自分はどういう目的で行くのか言葉にするべきだと感じました。言葉にすることで目的が明確になるし曖昧な気持ちで行くこともなくなると思いました。これからはやらされるのではなく、自分たちで考えて作っていくものだと思いました。