ブログ

トップページブログ学校よりお知らせ

« 高3朝のホームルーム/オンライン学習用の教材発送 | メイン | 《広報室より》 第2回学校説明会 動画配信 5月30日(土) 10:30~ »

2020年5月 4日 (月)

学校よりお知らせ

生徒のみなさん 保護者の皆様

 4月が終わろうとしています。ご家庭におかれましては、コロナ感染拡大阻止にご協力され、さまざまにご尽力されていることと思います。

 本校が「休校期間」と考えてきた5月6日(水)が近づいてきています。感染者数の増加は、多少鈍化の傾向は見られるものの、残念ながら5月6日に「緊急事態宣言」が全面的に解除され、安心して生徒のみなさんが登校できる状況になるとはとても思えない状況です。そのため、学校再開について、以下のように判断を致しました。

〇休校期間を5月31日(日)まで延長します。オンラインで5月7日「入学式」、同じくオンラインで5月8日「始業式」を行い、5月11日以降引き続きオンライン学習を実施します。

 判断の理由は以下のとおりです。

①「緊急事態宣言」「特別警戒区域」指定が全面的に解除されることが想定できる状況にないこと。

 04/28は東京都で100人を超える感染者が出ました。県内でも11人増加し、1000人に迫る状況です。こうした状況の中では、生徒のみなさんが安心して公共交通機関を利用し、登校して学校生活を再開できる状況にはないと考えました。

②県内の状況

 黒岩神奈川県知事は04/28の臨時会見で「5月末までの休校が妥当」との考えを示しました。神奈川県教育委員会は、「県立は5月8日までの休校」という現時点での判断を示していますが、同時に「緊急事態宣言延長の場合は休校も延長」、宣言解除後の再開も「慎重に判断する」として再開時期を明言していません。また、県教育長は宣言解除後も「二週間程度休校を継続する」可能性を示唆しています。こうした動きの一方、藤沢市は5月いっぱいの休校を発表しました(以上すべて「神奈川新聞」04/29版)。以上のような県内状況も勘案しました。

③県外の状況

 すでに、埼玉、茨城、愛知、三重、岐阜、広島、岡山などの各県が5月31日までの休校を発表している情勢も考え合わせました。

④5月31日までとした理由

 先が見通しにくい中ですが、今回は5月31日までの休校を決断しました。1か月の間にはさまざまな状況の変化も考えられます。しかし、小さく休校期間を切ってその都度判断することで、結果的に日程変更を繰り返し、生徒のみなさん、保護者の皆様にその都度ご迷惑、ご負担をかけることを何度も繰り返すことにはしたくなかった、ということもあります。また、県の教育委員会が発表している「再開したとしても当面分散登校」のような形であれば、むしろ1か月腰を落ち着けて、オンライン学習をした方が、学習効果が高いということも考えました。

 以上となります。なお、すでにオンライン学習は中2以上の学年では新年度のクラスや選択科目、グレードで始まっています。5月8日を「始業式」とするのは、改めてここからを一つの節目として、オンライン学習の時間割・内容なども一部変更しながら、より新年度の学習を本格化させていくことを意図しています。また、11日以降の授業の準備として、課題やプリント類、テキスト等をご自宅に配送いたします。生徒のみなさんは、ぜひオンライン学習と教材をフルに利用し、力を伸ばしていきましょう。

 行事をどうするかや夏休みなどの日程を再度変更するのかなどは現在検討中です。趣旨ご理解のほど、よろしくお願いします。