ブログ

トップページブログ【中学3年】 中学3年生の登校日です

« 【高校3年】 久しぶりの登校です | メイン | 分散登校/対面授業が始まりました »

2020年6月 5日 (金)

【中学3年】 中学3年生の登校日です

分散登校が始まって4日目に中学3年生が登校してきました。中学最上級生として、「自立」「進路」「多文化共生」を意識しながらのスタートです。新しいクラスの友だちと出会って笑顔になったり、担任の先生方からのお話で背筋が伸びるような思いになったり… 短くても中身の濃い時を共に過ごせました。来週からは対面授業とオンライン学習が組み合わせられた時間割が始まります。休校期間に蓄えた力をこれからの学校生活に活かしていきましょう。

A

B_2

C

登校日発行の学年だよりを紹介します。

8_2

 中学3年への進級おめでとう!

そして、2か月間のオンライン学習よくがんばりました!

 中学3年になり初めて登校することができました。久しぶりに友達に会うことができ、嬉しさでいっぱいだと思います。私たち担任団もみなさんの顔を久しぶりに見ることができ、とても嬉しいです。

 

 しかし、まだまだコロナウイルスが終息した訳ではありません。緊急事態宣言は解除されましたが、新規感染者は毎日出ていますので、感染予防を徹底することが大切ですね。学校でもマスクの着用や消毒、ソーシャルディスタンスを保つなど、できるだけ対策はしていきますので、みなさんも協力をお願いします。

 

 さて、4月・5月とオンライン学習を行ってきました。毎日のダイアリーの提出率はほぼ100%に近い状態であり、各教科のリフレクションシートや課題の提出率もかなりよかったです。多くの人が時間割通りに課題をこなし、しっかりと学習していることが分かりました。外にもなかなか出られず、友達にも会えない状況の中で、みなさん一人ひとりがよくがんばったと思います。まだ6月は分散登校であり、オンライン学習が続きます。これからは対面学習とオンライン学習の両方があり、少しペースが変わると思いますが、今まで通りしっかりと学習していきましょう。この中3の時期に学習習慣をつけ、自分なりの学習方法を身につけておくことが高校の学習の支えになりますので、がんばりましょうね!

 

中3のテーマは「自立」

 中学最高学年の生活が始まりました。あと10か月で義務教育が終わりです。義務教育が終わるということは、社会的にはおとなの一員としてみなされるのです。本校は中高一貫校ですので、希望すればそのまま高校へ進学できます。しかし、高校は中学と違い、単位制になり各教科の目標に達しなければ単位をもらいことができず、卒業もできなくなります。ですから、本当に神奈川学園高校に進学するかどうかは、一人ひとりが自分に向き合いながら、しっかりと判断できるようにしてほしいと思います。中2のときの海外研修の説明で、海外研修は「自立」を目指すプログラムだと話されました。この中学3年の一年間は「自立」の時期だということができます。高校進学を自分で選ぶ、海外研修の方面を自分で選ぶ、その基準を自分の中に築いていくことが「自立」第一歩です。そして、自立するためには日常生活がとても大切です。まず「挨拶をする」こと。挨拶はコミュニケーションの最初の一歩ですので、大切にしてほしいことです。次に「他の人の意見に耳を傾け、自分の意見をきちんと伝える」こと。そして、当然ですが「自分のことは自分でする」こと。これらのことを意識して生活をしていってほしいと思います。

 

中3の学習は…

 中学3年では、グレード別の授業が多くなります。中2のときは数学だけでしたが、中3では、英語と古典もグレード別の授業となります(分散登校中はグレード別にはなりません)。また、理科は理科1と理科2に分かれます。そして、数学は2学期(高校範囲)から完全グレードになる予定です。グレード別になるということは、それだけ難易度が上がるということでもあります。そして、数学では2学期から高校範囲に入りますが、多くの教科で高校範囲の内容にも触れるようになってきます。そして、この中学3年生のうちに学習習慣を身につけ、今までに習ってきた基礎(各教科の中学範囲)を完璧にしておくことが高校生になってからの学習に結びついていきます。まず、提出物をきちんと出し、授業に集中し、家庭学習は平日2時間、休日4時間できるようにしましょう。

 今回のオンライン学習で、家で勉強することが習慣化できた人も多いと思います。ぜひ、これからも継続してください。

 

中3は将来を考え始める時期

 みなさんは昨年、職場体験を経験して働くということについて学んできました。その中で、「自分は将来どう生きるのか」「どんな人になりたいか」ということを考えたと思います。なりたい自分をイメージすることはとても大切です。そのなりたい自分、つまり理想の自分に近づくには、日々を大切にすることが重要です。目の前にあること…学習や委員会、クラブ、行事などに一生懸命取り組むことで少しずつ理想の自分に近づいていきます。そして、そのような日々の生活の中から、進路のヒントとなる夢のカケラが見つかっていくのだと思います。あと半年後には「本当に神奈川学園高校に進学するのか」を考え始めてもらいます。周りの友達が進学するからではなく、「なぜ神奈川学園高校に進学するのか」、「高校で何を学びたいのか」ということを一人ひとりが真剣に考えてほしいと思います。

 

世界に目を向けよう

 中学3年の終わりに海外研修があります。コロナウイルスの影響で行けるかどうかはまだ分かりませんが、これから一年をかけて準備をしていきます。しかし、海外に行くことだけが、グローバル教育なのでしょうか?それは違いますね。日本にいても世界に目を向け、様々な国のことや文化のことを学ぶことができます。今のグローバルな社会においては、多様な価値観を身につけることがとても大切です。今のコロナウイルスのことでもネット上でヘイト投稿が問題になっています。どんな社会であっても、人と人が信頼関係を築く土台は「相手を思いやり、気持ちを受け止めること」、「相手を尊重すること」、「違いを認めること」です。中学3年の総合のテーマは「多文化共生」です。世界の様々な文化や課題に目を向け、世界で起こっている問題やその中で苦しんでいる人々のことを考えていきたいと思います。また、日本の文化についても客観的に見る視点を持ちたいと思います。このような取り組みを通して、広い視点で物事を考えられる人に成長してほしいと思います。

 

それでは、充実した一年にしていきましょう!