ブログ

卒業生

2019年5月16日 (木)

《花と実の会》 2019年4月29日 花と実の会 ようこそ心のふるさとへ

「ようこそ心のふるさとへ」は卒業したばかりの新会員の歓迎と、卒業50年・30年を迎えた卒業生をお招きする企画で、2000年度から始まり今年でちょうど20回目となりました。

今年卒業50年を迎えた高校21回生はこの企画が始まる前年が卒業30年だったため、卒業50年のご招待まで20年もお待たせすることになった学年です。
また卒業30年を迎えた高校41回生は平成元年3月に卒業、その30年後が奇しくも平成最後の年ということになりました。

時代は平成から令和へ、大型連休のはじまりに350名近い大変多くの卒業生が集まりました。

全体会に先立ち行われた校舎見学には集合時間の10時前から大勢お見えになりましたので早めにスタートし、今年も好評のようでした。

1

2

 

全体会は午前11時より開始、はじめにコーラス部員によるミュージカル仕立ての熱演にあたたかい拍手が送られました。


コーラス部

3

大石圭子校長・品川明代会長の挨拶、全員での校歌合唱に続き議事も無事承認されました。

大石校長による『神奈川学園の歴史と今~高校21回生、41回生、71回生の頃』では、当時のアルバムから画面いっぱいに写真が映し出されると、夢中で自分の姿をさがし青春を懐かしむとともに、現在の母校の発展を知り嬉しく思いました。

会場風景

4

5

6

後半では今年着任したばかりの先生と、懐かしい先生方の紹介があり会場は一層あたたかい雰囲気に包まれました。

ご出席の寺崎淑子先生・金子久子先生・大久保順生先生・佐藤廣金先生・佐藤文信先生・徳永勉先生・喜多由美先生・秋葉祥子先生、ありがとうございました。

その後は、それぞれの会場に分かれ懇親を深めました。

「ようこそ心のふるさとへ」は、卒業50年・30年の方ばかりでなく、すべての卒業生が集う日です。毎年4月29日に行っていますので、どうぞお気軽にお出かけください。

7

8

9

10

11

12

13

14
卒業50年(高校21回生)

15

卒業30年(高校41回生)

16

高校71回生

17

2019年4月13日 (土)

《花と実の会》 幹事総会の報告・総会のご案内

2019年3月30日(土)  幹事総会 ~桜を愛でる会~

 

朝からの雨にしっとりした風情を漂わせる桜の古木を愛でながら、2019年度の幹事総会が開催されました。

はじめに品川明代会長、大庭照雄理事長、大石圭子校長よりご挨拶をいただき、議事に入りました。

2019年度役員について、退任役員への花束贈呈と新役員の紹介があり、また名誉顧問の吉川弘之先生より顧問を辞されるとのご意向が報告がされました。吉川先生には90歳を超えてもなお矍鑠とした威厳をお持ちで大変に惜しまれましたが、これからもお元気で学園を見守っていただきたいと思います。有り難うございました。

 

2018年度の活動報告は、新しく開催された講座がありましたので、よりわかりやすくとパワーポイントを使って紹介しました。

また2019年度活動計画と、こどもの国(横浜市青葉区)の「平和の碑」について、今後の提案が出されました。「平和の碑」は第2次大戦中、この場所で砲弾を作る作業を動員された神奈川高等女学校を卒業した有志の方たちが平和を願って1995年に建てたものです。

その後、出席された幹事の方々からご意見をうかがい、桜を愛でながら懇親を深めました。

1

2

 

花と実の会総会 ~ようこそ心のふるさとへ~ のご案内

 

日時  2019年4月29日(月祝)  11時~

場所  全体会(11:00~12:30) 神奈川学園創立100周年記念ホール

    ・オープニング コーラス部

    ・花と実の会総会 など

 その後、懇親会は、別室にて行います。(12:30~14:30頃)

 

花と実の会総会・ようこそ心のふるさとへは、卒業生の方はどなたでも参加することができます。

卒業50年の高校21回生・30年の高校41回生と、今年卒業したばかりの高校71回生の皆さまにはすでにご案内済で予約をいただいていますが、他の年度の卒業生は予約の必要はありません。平成最後、大型連休の一日を是非母校でお過ごしください。

なお、開始時間が例年より1時間早くなり、午前11時からとなっていますのでご注意ください。

2019年2月18日 (月)

同窓会 67回生の同窓会がありました

2月9日の雪降る土曜日でしたが、30名の卒業生がカフェテリアに集まりました。懐かしい友だちや先生方と出会い、思い出話に花が咲きました。卒業から4年経ってもすぐに色々なことを共有できます。卒業生手作りのスライドショーもあり、楽しいひと時を過ごしました。

67_reunion_01

67_reunion_02

67_reunion_03

67_reunion_04

67_reunion_05

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年1月28日 (月)

花と実の会 新年会

2019年1月19日(土)、崎陽軒本店において新年会が開催されました。

当日は真冬とは思えないほど穏やかな天候に恵まれ、20代から90代までの卒業生や先生方39名が集まりました。

品川明代会長・名誉会長の大石圭子校長のご挨拶があり、大庭照雄理事長の乾杯ではじまりました。

吉川弘之先生もお元気な姿でお出でいただき、卒業生一同励まされました。

毎年趣向を変えたお食事に堪能しながら、世代の違いはあれ同窓という繋がりですぐに打ち解け、ひとときの歓談を楽しみました。

Dsc00580

Dsc00586

第2部は高校28回卒業の井上順子さんによる歌が披露されました。お自身の好きな歌ばかりを選曲された、とのことで豊かな声量に圧倒させられました。また「花の街」や「校歌」を出席者の皆様とともに合唱し心をひとつにしました。

その後のクイズ大会では平成最後の新年会ということもあり、時事問題「平成」・「昭和」?を問う内容で、当時を思い出しながらそれぞれの体験をリンクさせての回答は正解率もお見事でした。

楽しい時間はまたたくまに過ぎ、またの再会を約束して終了いたしました。来年もお元気でお会いしましょう。

Dsc00631

2019年1月17日 (木)

高校69回生 新成人を祝う会

114日成人の日に、「高校69回 新成人を祝う会」が行われました。

1_2

成人式を終えて、晴れ着姿の卒業生が、「祝う会」会場のカフェテリアに集まり、華やかな、希望に満ちた笑顔がそろいました。

 

校長先生はじめ、旧担任団の先生方から、お祝いの言葉がありました。

学年の約9割の人達が参加して、旧交を温めた楽しい時間は、あっという間に過ぎてしまいました。

2018年9月27日 (木)

《花と実の会》 バス旅行中止のお知らせ 

10月24日に予定をしておりました「はとバスで行く美術館・工場見学」ですが、残念ながらお申し込みが最少催行人数に満たないため、誠に勝手ながら中止させていただくこととを決定いたしました。

ご参加お申込み、並びにご検討いただいた皆様にはご迷惑をおかけしますことを深くお詫び申し上げます。

花と実の会では、卒業生の皆様に愛される運営に役員会一同いっそう努めたいと存じますので、今後ともよろしくお願い申し上げます。

2018年5月11日 (金)

《花と実の会》 花と実の会総会 ようこそ心のふるさとへ 2018年4月29日 湊谷先生 ありがとうございました

新緑がまぶしい4月29日(日)、今年も花と実の会総会「ようこそ心のふるさとへ」が開催され、卒業50年を迎えた高校20回生(1968年3月卒業)、卒業30年を迎えた高校40回生(1988年3月卒業)、そして3月に卒業したばかりの高校70回生を中心に300名を超える卒業生が記念ホールに集まりました。

爽やかな風に誘われて卒業生が続々と来校し、学園の先生の誘導で新しくなった校舎を見学しました。

14

正午より、伝統ある筝曲部の演奏で全体会がスタートし、その後校歌を全員で合唱。指揮と伴奏は花と実の会の会員になったばかりの高校70回生です。

26

はじめに品川明代会長より、中高の校長で花と実の会の名誉会長でもいらした湊谷利男先生がこの3月で学園を退職されたことが報告されました。

湊谷先生が校長として在任された10年間は、100周年記念事業もありましたが常に先頭に立って導いて下さいました。また花と実の会総会でのスライドショー『学園の昔と今』は、あたたかい語り口でプレゼンテーションして下さり、楽しみにしていた卒業生も多く、同窓会の発展に力を注いで下さいました。花と実の会より感謝の気持ちを込め記念品と花束をお贈りしました。湊谷先生ありがとうございました。

28

そして新校長になられた大石圭子先生のご挨拶がありました。学園の2世紀に初の女性校長の誕生を、同窓生も応援していきます。

34

総会の議事も無事承認され、花と実の会の役員体制も変わり、新たなスタートとなりました。

46

今年学園に入られた5名の若い先生方の自己紹介にあたたかい拍手をおくり、また懐かしい先生方との再会に心熱くしました。退職された音楽の藤原睦三先生・社会科の長澤和子先生・英語の北濱知子先生、そしてまだまだ現役の米谷隆治先生(数学)・松井浄先生(理科)・秋葉祥子先生(国語)・大石圭子先生(国語)、ありがとうございました。

47

48

51

49

全体会終了後は、記念撮影とそれぞれの同期会に懐かしい時間を過ごし、盛況のうちに終了しました。

ようこそ心のふるさとは、すべての卒業生が集う日です。毎年4月29日に行っていますので、卒業生の皆さまどうぞお出かけください。

5020

3040

70

2018年5月 7日 (月)

《花と実の会》 女子力アップ講座 ―2018年度 新企画―

あなたをもっと美しく

花と実の会 女子力アップ講座 ―2018年度 新企画―

 

 

スタイルアップと健康のためのらくらく運動

5月23日(水) 講習13:00~14:30  懇親14:30~15:30

講師 大津桂子(高校35回卒業)
健康運動指導士 日本体育大学非常勤講師
エアロビクス八千代スタジオプロアカデミー 講師
一般社団法人 バリアフリーフィットネス協会 理事

 

キレイな姿勢は見た目だけではなく健康にも大きく影響します。

正しい姿勢を保てないということは、骨や筋肉が衰えているサインかもしれません。そこで日頃のクセや弱くなってしまった部分を見直して、若々しく健康的な体を取り戻してみませんか。

元気に歳を重ねるために「これだけはやっておきたい運動」と「日常生活の中でできるカンタンな運動」そして楽しくできる「らくらくリズム運動」で心地よく体を動かす時間を体験してください。運動は簡単です!

場 所        神奈川学園シュガーホール(更衣室 あり)

費 用        2,000円

持ち物        動きやすい服装とシューズ、スポーツタオル、水分

募 集        30名

 

 

 

魅力を引き出すパーソナルカラー診断

6月6日(水)  講習13:00~14:30  懇親14:30~15:30

講師 田中小百合(アトリエ リトルリリー代表)
公益社団法人色彩協定協会 会員
カラーコーディネーター、パーソナルカラー&骨格スタイル講師
一般社団法人日本スカーフコーディネーター協会 認定講師

 

「パーソナルカラー」ってなに?

「ああ、感じのいいひと」そう思ってもらえる出会いは人生を幸せにしてくれます。その人のイメージを決めるのは「色」。短時間に人に伝わる印象で最も影響力が強い要素が「色」であることは、心理学でも証明されています。個人の肌・唇の色は十人十色。あなたの真の魅力を引き出すカラーを発見しませんか。

場 所        神奈川学園 同窓会室

費 用        2,500円

持ち物    できるだけ正確な診断を行うためお化粧は落としていただきますので、必要な方は

        化粧道具をお持ちください。

募 集        15名   

 

 

 

いずれの講座も終了後に懇親会を予定しております。 講師の先生により詳しいお話をお聞きしてもいいですし、同窓生同志、世代を越えて交流を深めてはいかがでしょうか。

 

<お問合せ・申し込み>神奈川学園中学・高等学校 花と実の会事務局

045-311-2961

dousoukai@kanagawa-kgs.ac.jp (@を小文字に変更して送信してください)

定員になり次第締め切らせていただきます。

2018年4月16日 (月)

《花と実の会》 花と実の会総会~ようこそ心のふるさとへ~のご案内

花と実の会総会~ようこそ心のふるさとへ~は、卒業生の方でしたらどなたでも参加することができます。ゴールデンウイークの始まりの一日を母校で過ごしませんか。予約は必要ありませんが、卒業50年を迎えられた高校20回生・30年を迎えられた高校40回生と今年卒業の高校70回生の皆さまにはすでにご案内済で、予約が必要です。

 

日時  2018年4月29日(日祝) 正午~

場所  全体会 神奈川学園創立100周年記念ホール

        ・オープニング 筝曲部演奏

        ・花と実の会総会 など

その後懇親会は、別室にて行います。

《花と実の会》 2018年3月31日(土)  幹事総会 ~桜を愛でる会~

桜前線が例年にない速さでやってきました。

ここ数年の桜を愛でる会は曇り空が続いていましたが、今年の桜は満開、天候にも恵まれ、幸先の良い2018年度のスタートになりました。

 

品川明代会長の挨拶に続き、大庭照雄理事長より10年間校長を務められた湊谷利男校長が3月31日付で退職されたことについて報告がありました。

新校長には大石圭子教頭が就任、学園初の女性校長としての挨拶と抱負が述べられました。

 

花と実の会の役員会も新旧の交代があり、退任役員への花束贈呈と、新役員の紹介がありました。

 

花と実の会では2014年の「100周年を祝う会」や、2017年の「100周年記念ホール竣工記念講演会」など大きなイベントを終え、落ち着いて活動を始める年となりました。バス旅行の復活や新講座など、卒業生同士の交流の場となり卒業生の心の拠りどころとなるような企画が計画されていることが報告されました。

2018